CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
100万ボリって日本円で幾らか知ってますか?
Sat.25.Dec.2010 @La Paz, Bolivia

     最期を迎えた地、ボリビアで堂々たる勇姿をみせるチェ・ゲバラ。

           正面から見たエルナンド・シレス競技場
 ラパスに来た最大の目的は、海抜3,577mという世界一高い場所にある競技場、エルナンド・シレス競技場に行く事。
 空気薄くて走れないわ、高山病に罹ってゲロゲロしちゃうこんな高地での戦いには、セレソンも手を焼く、南米各国の鬼門。
 実際2009年に行われたワールドカップ予選ではマラドーナ率いるアルゼンチンに1−6で大勝利する場ともなってるし。

      残念ながらスタジアム内に侵入することはできなかった。。。
 しかし、2007年にFIFAは「標高2,500m以上の競技場で試合をしてはいけない」とアナウンスした。まぁ高地での試合は身体負担が大きく、選手の命にも関わりかねないということだったのだが、、、そんなのクソである。
 勿論そのようなリスクは排除されるべきという意見も十分わかる。しかし、それによってボリビアがホームで戦う利を奪われてしまっては、たまった物ではない。右手を使えないようにされて撮影に挑む加藤鷹氏のようである。
 サッカーの大陸予選はホーム&アウエーで、それぞれの利を生かした戦いをするからオモロイのであり、ドラマが生まれる。アジア予選も日本に各国が集まって短期集中開催したら、多分楽にW杯切符を手に入れる事ができると思うが、それではツマラない。中東の笛に悩まされ、中国のブーイングを受け、東南アジアの水にお腹ギュリュギュリュ疲弊しながら道を切り開いていくところに、男のロマンとダイナミズムがあるのである。分かるかな?そこんトコ、よろしく!

 夜の街を徘徊しているとフォルクローレに出会う。以外と歩けちゃう夜のラパス。

 そしてこの街。。。意外に(!?)夜景が綺麗だったりする!!
 
まさに100万ボリの夜景!





      ブログランキングってーのに参加してみやした。
     一日一回の慈善行為と思ってポチリとお願いします☆
            ↓Please Click Here !

              にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

JUGEMテーマ:バックパッカー
| Bolivia | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
ラパスの街角
Sat.25.Dec.2010 @La Paz, Bolivia


             楽器を弾くストリートの少年



          ブログランキングってーのに参加してみた。
        おっさんの乳首と思って1日1回ポチっとクリックね☆ 

             ↓Please Click Here

               にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

JUGEMテーマ:バックパッカー
| Bolivia | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラパス到着
Sat.25.Dec.2010 @La Paz, Bolivia


 ウユニから夜行バスでボリビアの中心都市ラパスへと向かう。
 早朝寒さで目覚める。雨も降ってるようだ。申し訳程度についているカーテンをどけると、車窓にはうす暗くて山の斜面にびっしりと家がくっついていて、寒そうで、路地が狭くて、ごみごみしていて...日本でイメージした通りのラパスの街が現れては後に流れて行く。ここにきてグッと南米に来た感がした。
 だからといって、嬉しさが込み上げて来るわけでも、他に何か特別な感情が滲み出してくるわけでもなく、ただ淡々と、バスターミナルに着いてからの行動やタクシーとの値段交渉を想像するだけ・・・また不感症かな。。。
 まぁ、「寝起きで頭がボーっとしてるから・・・」と不感症の理由をつけてみながら、寝てる間脱いでいた靴を探すが、バスの激しい振動でどっかいってるし。そんな振動でも爆睡だったけど。


          ブログランキングってーのに参加してみた。
        おっさんの乳首と思って1日1回ポチっとクリックね☆ 

             ↓Please Click Here

               にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ


JUGEMテーマ:バックパッカー

| Bolivia | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウユニのマーケットとインディへナおばちゃん

Fri.24.Dec.2010 @Uyuni, Bolivia


「♪ぶんぶーんぶーん。。カー??」「セブンっ!(*´∀`*)
 すいません。いきなりなんのこっちゃ分からんですよね。トラックの上で両手あげるサンタ見たとき、つい思い出しちゃって。はい。
 さて、ウユニ塩湖から標高3660mに位置するウユニの町へと戻ってきますた。
 人口約11,400人ながら、その殆どがインディヘナ。ウユニ塩湖への拠点となることと、ネットが30分かけてヤホートップ画面が開けばいいくらいスーパーナローバンドであるということくらいしかないけど、いつものように町ブラしてみる。


 マーケットのおばあちゃん。商売品に囲まれ身動きとれないだろうけど...なんか自分の物に囲まれた狭い空間にいるのって、おっさんも子供の頃とか好きだったよなぁ。。。なんて思い出してみる(あと、親戚一同がおばあちゃんちに泊まった翌日、たたんで重ねられた布団の山に埋もれた時とかも好きだった)。別にこのおばちゃんは、好きで狭い空間にいる訳ではないんだろうけど。


 インディヘナおばちゃんと、息子ちゃん。


 インディヘナおばちゃんの特徴は、帽子を被り、、、


みつ編にした長い髪を下げ、、、


 大きいことである。(; ̄Д ̄)
 とにかく大きい。お尻なんか、おっさんの3つ分くらいの面積がある。
 どうもそれは大きく(豊満)見せるためスカートを何重にも穿いているのではないかと、ドン小西目線で予想してみたんだが、、、そうでもないらしい。単純にナチュラル3倍尻という意見が周りの大半をしめる。
 しかし、どうやったらそんなに太れるん??


 子供の頃はカワイイのだが、、、なぜ??



            ブログランキングってーのに参加してみた。
         おっさんの乳首と思って1日1回ポチっとクリックね☆ 

             ↓Please Click Here

               にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ 

JUGEMテーマ:バックパッカー

| Bolivia | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
パウダーみたいな雲
Thu.23-Fri.24.Dec.2010 @SAlar de Uyuni, Bolivia

 最近飛んでばかり...?

    ブログランキングってーのに参加してみた。
  おっさんの乳首と思って1日1回ポチっとクリックね☆ 

      ↓Please Click Here

        にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ   



JUGEMテーマ:バックパッカー
| Bolivia | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
廃墟マニアっていうのが世の中にはいます。僕は違いますが。

Thu.23-Fri.24.Dec.2010 @SAlar de Uyuni, Bolivia

 ウユニ塩湖へはツアーで行くのが一般的だけど、そんなツアーでは塩湖以外にも立ち寄る場所があります。

 鉄道の墓場と呼ばれる場所。役目を終えた列車が放置されている。
 ボリビアに限らずだけど、ゴミの放置はいたるところで目に付く。特にレジ袋として使用したであろうものが、荒野の石や、荊棘線(ばらせん)に引っかかっている。


 廃墟好きなスリラー・ティチャーにもオススメ☆


 塩湖にはフラミンゴ(チリフラミンゴ)も。アフリカで見たのよりもこっちの方がサイズ小さいし、色が違うから、種類が違うことが素人目にも分かる。


 サボテンが岩山に生えるイスラ・デ・ペスカ(魚の島)。なぜ魚の島と呼ばれるかは知らんが。


 リャマなのかアルパカなのか、グアナコなのか、、、見分け方は良くわからん。




          ブログランキングってーのに参加してみた。
        おっさんの乳首と思って1日1回ポチっとクリックね☆ 

             ↓Please Click Here

                        にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ  


JUGEMテーマ:バックパッカー
| Bolivia | 00:00 | comments(5) | trackbacks(0) |
白い世界
Thu.23-Fri.24.Dec.2010 @SAlar de Uyuni, Bolivia


            見渡す限り真っ白な世界
 今から数万年前、ボリビア南西部を覆っていた湖は、干上がるにしたがって水分中の塩が固まり、いくつかの塩湖を形成した。その中でも、最高地点3760mに位置し、流れ込む川がないウユニ湖は、およそ20億トン、120km×100kmの真っ白な塩湖となった。もちろん世界一のサイズ。 
  

          ブログランキングってーのに参加してみた。
        押したからって良い事ある!・・・訳ではないけど・・・ 

             ↓Please Click Here

               にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ  


JUGEMテーマ:バックパッカー
| Bolivia | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Merry Christmas from Uyuni

Thu.23-Fri.24.Dec.2010 @SAlar de Uyuni, Bolivia

 メリークリスマスッ!!
 ボリビアにあるウユニ塩湖。クリスマスにココの塩を口にすると、1日だけ小さくなることが出来るんだよ!そんな魔法の瞬間をどうぞ〜。


まずはツリーの飾り付けしないとね☆せっせ、せっせ。


トナイカイさ〜ん、プレゼント配りに行くよー☆


さー、お出かけするだぞ〜。

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「ハイカット〜〜ッ!次ぎ行って見ようかぁー。」
 ナベ監督のご指導の下、順調に撮影は進みます。


    ♪今日もー 乗っかる


           ♪戦う     (↑安達祐実が溺愛したT-REX)


             ♪増える〜


       ♪そして食べ〜られ〜るぅ〜〜。

     ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 クランクアップ!ウユニの塩でソルティードッグなんてしちゃいます。ムイ・リーコ〜!

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 今夜は、クリスマス・イヴ!しかも、辺り一面真っ白なホワイト・クリスマス!!(塩だけど)


 塩湖内にポツリと存在する塩のホテルで過ごすクリスマス。
 飾り付けしたツリーを囲み、人と一緒にクリスマスを過ごす。。。今までそんなことあったのだろうかと人生を振り返ってみても、、、すぐには思い当たらないくらいに、そういう部分が自分の人生から切り取られたイベントになっている。
 なぜなら、どことなく、そういったイベントに乗っかることを避けてきた自分だったから。


 当たり前のことなのかも知れないけど・・・すんごい楽しいね。これから毎年楽しみだ。


 美し過ぎる月を目にすると、、、


 それぞれが、それぞれについて考えたりもします。。。

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


             楽しい夜を過ごした、、、

             夜明けの塩湖で、、、

            前のめりな気持ちになってみる。

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 久しぶりに「足長おっさん」も登場。特にクリスマス・バージョンということはないが。


 サッカーもしてみるが、、、真っ白な世界ゆえサングラスなしでは眩し過ぎる。


 最高地点3760mに在るウユニ塩湖の空は限りなく澄み渡り、どこまでも続く真っ白な世界とのコントラストが印象的。
 本当ならば、雨季にここを訪れたかった。雨によって水が張られた湖面は白い大地のおかげで鏡のようになり、空と大地の境界が消えたその場所は、それはそれは幻想的な世界となる。。。
 雨季は2〜3月の間。今回はそれまで滞在する事は出来ない。。。でも、きっとまた呼ばれるだろう。なぜかそう確信してる。 

 

          ブログランキングってーのに参加してみた。
        押したからって良い事ある!・・・訳ではないけど・・・ 

             ↓Please Click Here

               にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ  


JUGEMテーマ:バックパッカー
| Bolivia | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
同じ景色が続くけど、仕方ありません。

JUGEMテーマ:バックパッカー

Wed.22.Dec.2010 @way to Uyuni, Bolivia

 チリのサンペドロ・デ・アタカマからボリビアのウユニへ北上開始。


 この写真の場所・・・国境なんです、これでも。なんの緩衝地帯もないただの砂漠に見えますが、国境なんです。いいんです。ちゃんとイミグレがあって、スタンプも押されます。


 こういった世界の果て的な場所を走るのは、トヨタの”ランクル”というのがワールドスタンダード。やっぱ頑丈だわね。
 うっすらと道がついているところもあるのだが、殆どは道なき荒野が広がるのみ。完全にドライバーの経験と勘に頼ることになるのだが、どれくらい道なき荒野かと言うと・・・


これくらい何も無い。Σ(; ゚Д゚)ウハッ
 でも、これが国と国とを繋ぐ大動脈とまではいかなくとも、きちんとした血管となっているんだから、日本にいたら全く想像のつかない面白さだよね。


足伸ばして移動出来るなんて!(´∀`)

 ランクルで砂埃舞う山中を突っ切っていると、パキスタンのシャンドール峠を思い出す。
 あの時はむっさい男だけ15人が文字通りすし詰めにされた車内だったけど、今回は後部座席広々独り占めなので快適。


 天気が良いのはイイのだが・・・暑い (;´Д`)。。。


 リャマ水辺で涼しそう。。。「めぇぇ・・」って鳴きそうだね


 ・・・ですよねぇ。。。


 四の五の言わずにウユニを目指すぞ!
 って、さっきから同じような写真ばかりだけど、一日かけてこんな景色の中をず---っと移動するんだから仕方ない。何も言わずに突いて来い。


 快調にブッ飛ばしてたんだけど、夕方になりウユニに近づくと強烈な砂嵐が辺りを取り囲んだ。ハンパなく視界悪い。マジで3m先が見えるかどうか。今いる場所も方向も分からなくなるけど、そこは鼻歌まじりでブッ飛ばし続けるドライバーの経験と勘に委ねるしかない。
 後日会ったバイカーのおじさんもこの嵐に巻き込まれ「本当に死ぬかと思いました(;´Д`)」と、リアルに語っていた。
 そんなことがありながらも、鼻歌ドライバーの経験はスバラシく、予定よりも早くウユニ到着。いよいよ南米ハイライトの一つウユニ塩湖に行ってみYO!


          ブログランキングってーのに参加してみやした。
        おっさんの乳首と思って1日1回ポチっとクリックね☆
               Please Click Here ! ↓
                         にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ  
| Bolivia | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |