CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
決戦前日の移動
Mon.28.Jun.2010

リビングストン(飛行機)→ヨハネスブルグ(車)→プレトリア(宿)

まぁしかし朝から体調芳しくない。喉がやられ痰がからみ、体が重たい。
おまけに、夜間に左頬と左まぶたを蚊に3箇所も刺さされる踏んだり蹴ったりのハプニングまでつけるという、どうもそれ用の構成作家がついているんじゃないかとしか思えない展開。

そこに来て、リビングストン(ビクトリアの滝)発の飛行機は1時間以上遅れるわ、ヨハネスブルグに戻ってもレンタカー屋の白人ネーチャンは仕事がクソ遅いわ、車の運転も道を間違えてしまうわ(コレは自己責任)と、ここまでくると年末の長時間特別番組的に、とにかくありったけの内容を詰め込んだとしか思えない程宿までの道のりが遠く、休めたい体が休まらない。

それでもやっと辿り着いた宿(値段の割りに部屋も女将も最高なので再訪した)近くのマックで疲弊した胃に無理しゃりバーガー&チップスを詰め込みベッドに潜り込むのでした。

明日はいよいよ我が代表の決勝トーナメント1回戦パラグアイ戦。何とか体調が戻ると良いのだが。。。


| South Africa | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
すし
Sat.26.June.2010 @Johannesburug airport


プレトリアからヨハネスブルグに無事帰還。しかし、なんだか体調が下降気味。
それはおっさんばかりでなく、他のメンバーも。。。
ヨハネスブルグ空港にてレンタカーを返し、今後のチケット発券なんかをして、フラフラ体で待ち合わせ場所に行くと、同じく体調下降気味の運び屋さんとマサさんが狂ったように涎をたらして笑ってる。
「あんら〜?マジックマッシュルームでも食べちゃった??」なんて思ったけど、実は二人で寿司喰ってやがった!
「おっさんも喰え!こういう時は元気付けねーとっ!」という言葉に即ノリしちゃう。
海外モノの寿司ってどうなのよ?って思うでしょ。おっさんもその口。しかし、ここはウマイッ!美味しいものは人を幸せにするね。
「たまにはこういうモノ食べないと人間の尊厳に関わる問題となりますっ!!」
と、心の中の委員長が大声で叫び、そのレシートに霧をかけていく。
はぁ〜〜、旨かった。
ちなみに、おっさんは宿へ。空港に残った運び屋さんはさらにトチ狂ったように追加して食べまくったようです。

| South Africa | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
多幸感と達成感
 Thu.24.June.2010 @Rustenburg 

グループリーグ第3戦
日本vsデンマーク

無事夕方にはラステンバーグに辿り着き、酒場で日本アピールをした後スタジアム外のイベントブース・ステージで「WAKA WAKA」を踊り狂ってみんなを巻き込み、その場の温度を3℃上げる。
よっしゃーっ!いこうぜーッ!!叫び倒しちゃうもんね。


  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



引き分け以上でグループリーグ突破。
しかし、スタンド誰もそんなこと考えちゃいない。絶対勝つッ!
ピッチ同様スタンドもみんなで肩を組み、「君が代」を歌い上げ気合十分っす。

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

絶対勝つ。その思いはピッチからもビシバシと伝わってきた。

日本3−1デンマーク

ヒリヒリと焼ける全てが充実した試合内容はおっさんの記憶を透かし抜け、グループリーグ突破という歴史的結果としてのみ存在し、そこに我が身を置く事ができた多幸感と達成感、そして、ここに来て良かったという象徴的な気持ちだけに満たされていく。


  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



終了のホイッスルと共に泣いた。また号泣。ドイツからの4年間。晴れることのなかったこの気持ちが晴れ渡った夜。
間違いなく日本サッカー史のエポックメイキングとして、後世には「ラステンバーグの歓喜」と語られるであろう夜。

戦い抜いた代表のみなさん、今まで日本サッカーの歴史を作ってきたみなさん。
ここで出会えたみなさん、ここへ来るために迷惑をかけたみなさん、本当にありがとう。
おっさん最高に嬉しいです。

| South Africa | 23:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
ホッと一息のスペイン
 

Mon.21,June.2010 @Johannesburg


グループリーグ第2戦

スペインvsホンジュラス

 


初戦を落として、いきなり崖っぷちに立たされたスペインのグループリーグ2戦。

ホンジュラスが相手とはいえ、サポの間にも初戦には感じられなかった緊張感が漂う。

フェルナンド・トーレスもスタメンに復帰し、ガチ勝負っす。

 

 

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 


「スペインの太鼓・マノーロさん」

おっさん芸能人とかにはじぇんじぇん興味が沸かないんだけど、こういう方を見かけると一気に沸点までイってしまう。

思わず「しゃ、写真とらしぇてくらはひ!」なんてド緊張で

声裏返してしまう。

 

 

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 





こちらはホンジュラス☆サポ。笑顔が絶えません。

サポの数では負けてたけど、頑張って声出してた。

 


  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 



アフリカ諸国の大きな問題エイズ。至る所にフリーコンドームが設置されており、もちろん、このスタジアムのトイレにもあります。

 

 

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 


 

スペイン2−0ホンジュラス

 

スペインはエースであるべきトーレスがイージーショット3発連続で外してしまう絶不調という今後の不安材料がアリながらも、内容的には圧勝。サポも1戦目の鬱憤を晴らすかのように試合後は通路で大騒ぎ。
しかーし、しかし、同組のスイスも1勝1敗で最終節がホンジュラス戦の為
3戦目の結果次第ではまさかの予選落ちもあり得る状況は変わらずなのね(だからこそ、最終的に得失点差の争いになった時のためにもトーレスはシュートをブチ込み大量得点を取りたかった)。

まぁ外野としては3戦目のチリ戦もスペインがガチでやってくれるだろうから、非常に楽しみとなる、かなり美味しい状況ではありますがね。
あ、行きますよ
3戦目も、はい。

| South Africa | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
オランダ妻とバービー☆チークス
at.19.June.2010 @Durban

グループリーグ第2戦
日本vsオランダ


初戦の勝利から今日まで夢のような日々。
他国サポにも「あー、勝ち点1?、まぁ次頑張んなよ」なんて上から目線でビールをちびりとやる余裕があったもんね。
いや〜、勝ち点3の力ってすごいね、マジで。
でも、それも切り替え、今日も全力でサポやりますよ!


  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



本日より運び屋さんの新アイテム登場☆
バービーチークスが応援してくれればやる気マンマンっすよ。



そんじゃ、出発すんぞー。
いつものように宿から仲間と共にスタジアムまでねり歩く。



その道中、我が代表のDFにスカウトしたくなるような面構えのヘアモデルを発見。ヘディング強そうだな、うんうん。




なんてバカなこと考えてたら、「ちょっと、アタイも撮りなさいYO」と上記モデルのヘアサロン店長からのお誘い。結構せくすぃ〜。



  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


スタジアムまでは気持ちの良いビーチを通り抜けるが、ほとんどがオランダサポでオレンジに染められている。









ま、まずい!連勝狙って気合十分で攻めてくるオレンジに押されぎみでブルーが見当たらないぞ。
我が代表も、ここは外人部隊導入で応戦するのだ!














  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




「まぁどっちが勝っても土産を買ってくれればいいけどね〜」
という地元のおばちゃん。



「まぁどっちにしてもビーチは汚さないようにね〜」
という地元サーファー。


「しかしボールが当たらないんだよね〜」
というクリケッター少年。



インド系が多いダーバン。本国インドでもコルカタでひっそりと生息するリキシャーが観光用に力強く走っている。


  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


さっ!試合も気合入れていくぞ。






日本0−1オランダ


やっぱ強いねオランダ。
日本のディフェンスは全員でかなり頑張った。失点に関しても川島GKがはじいておいて決まってしまったのは悔やまれるが、あそこはスナイデルをフリーにした時点で勝負アリですわな。

1戦目からそうだけど、今までの2年間はなんだったのか。
直前になって戦術変更。「接近、展開、何だか」のコンセプトが全て無くなったとは言わないけど、、、ねぇ。
ただ、今は正直結果が全て。内容はどうあれ次へ進むことのためだけに集中していく。
しかし、こうやって顔を上げ、グループ突破へ向けて気持ちを高められるのは初戦を勝ったからという事実に尽きる。あそこで勝ち点3をもぎ取ったのは本当に大きいし、日本サッカー全体が身に染みて初戦の大切さが分かったのではないか。
こういう経験が積み重なって年輪となり、負けないチームへと成長していくのだなと思う。

さて、裏のデンマークvsカメルーンは今大会で一番オモロイ試合となった。
この試合のカメルーンは明らかに日本戦の時よりも動きが良く、もの凄い迫力で攻撃を仕掛けていた。この攻撃を受けていたら日本DF陣は決壊していただろう。しかし良く勝ったよね、マジで。
試合結果はデンマークに凱歌が上がったため、予選最後のデンマーク戦は引き分け以上でグループリーグ突破というシチュエーションとなった。
引き分け狙いなんて、スタンドの誰も考えていない。勝ちに行きますYO!

| South Africa | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
闘牛よりも乳牛です、はい。
 

Wed.16.Jun.2010 @Durban

 

今大会で新たな世界チャンピオンが誕生するのではないか。そんな期待を一手に集めるスペイン。そんなスペインの戦いぶりを見極めにダーバンへとやってきました。

 

 

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 




駅近くにあった公衆トイレ(男子専用)。シンプルで機能的ではあるが、おちんちんをさらすことにも。。。

 

 

インド洋に面したダーバンは暖かい!南アフリカといえば「暑いんでしょ、どうせ」なんて即答する人が大勢だと思うけど、実はそんなことはなく北半球とは逆に今が冬のこの地は、とにかく寒い!日本vカメルーンの行われたブルームフォンテンなんて雪ですよ、雪。まぁそれは日本が勝ったせいかもしれないけど。。。

とにかく寒いこの国にあって温暖なダーバンは癒される〜。

  


ズールーランドに近いことからズールー族のダンスも見せてくれる。

 



ダーバンは約80万人のインド系住民がいる。そのため、このカードの観客の殆どが、インド系の人々であり、その9割がスペイングッズを身にまとっての観戦(残り1割は南アのシャツ)。スイスにっとっては完全アウエー。



  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

 









試合前の雰囲気は「まぁスペインの圧勝だよね」といった感じ。スペイン人サポは完全に弛緩しきって「まぁ軽く4-0でいけるでタパス♪」なんて感じだし、スペイングッズに包まれたインド系の人々は勝ち馬に乗った気分で「もうかってまっか〜」。

なんだか'06年カイザースラウテルンの日本に似ているような気が。。。

ただ、サポのコスプレ具合はスイスの勝ちですが♪

 




ダーバンスタジアムは綺麗で見やすい。バンジージャンプもできるらしい。

世界的に人気のスペイン戦は日本戦には比べ物にならない観客数です。

 

 


観客の中にメヒコのルチャ☆カルテットを発見!カメラを向けたその刹那、息の合ったポージングを見せてくれる。

 

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

スペイン0ー1スイス


 

何度もチャンスがありながら決めきれないチームに憤るスペインサポ。そりゃトーレスが3連続で外せばねぇ。


試合内容はスペインの圧勝。しかしながら、決めきれずにいる間に
ワンチャンスをモノにしたスイスが見事なアップセット!

3日後にここで行われる日本vsオランダ戦にも何かが起こるのでは....

そんな期待をしてしまう。


2
階席から観るスペインがピッチに描くタクティクスは芸術的で
あり、多分日本が理想としている「人もボールも動くサッカー」とはこれなのだなと思ってしまう。しかし、これを実現しているのは、紛れも無く個々の高い能力(身体能力よりもボールを扱う技術、オフ・ザ・ボールの動き)であり、残念ながら我がジャパンはまだこのレベルにないことを痛感してしまう。

 

してやったりのスイス。大きな誇りと達成感がひしひしと伝わってきた。

ジャパンもやってやるぜ!

 

| South Africa | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドMの涙と歓喜の夜
 

Mon.14.Jun.2010 @Bloomfontein

 

2010年ワールドカップ。
日本vsカメルーン
日本にとっての開幕戦。

 

2006年ドイツ、カイザースラウテルン。おっさんを含め誰もがオーストラリアに負けるとは考えもしてなかったし、試合前から祝勝会について考え、浮かれ、うちひしがれたあの夜。

 

あれから4年。オシムのサッカーに限りない未来を想像したものの、岡田体制になってからの不甲斐ない試合内容や、初期に掲げたコンセプトとはかけ離れた戦術、現地に来てからも報道関係者たちから現状を聞くにつけ、勝利のイメージは全くと言っていい程描けなくなっていた。

 

しかし、時間というのはこの世で一番のマイペースそのものであり、多くのサポの想いとは裏腹に納得の出来る現状打開策を見出せないまま、この日を迎えてしまった。

 

どう考えても決して楽観できる状態ではないけど、ここまで来たらもう信じるしかないし、これから起こることを見届けるしかない。

自分一人ではダウナーにしかならないが、同じような思いを持ちここに集った仲間達とともに、程よい緊張感の中、多くのサポが集まるであろうスタジアム横のショッピングセンターへと向かう。試合開始5時間前。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

試合開始4時間前。

他のサポ達と合流し、ビールを1杯。

晴れ渡った穏やかな午後の一杯。周囲からも、これから試合に臨む緊張感はあまり感じられない。しかし、それは弛緩しているワケではなく、勝つことを信じながらも負けた時の準備も出来ているような、ある意味達観したような雰囲気が伝わってくる。

「サムライ」とメディアはさかんに煽ったけど、こういう気持ちを「サムライ」と言えるのかな、なんて思う。

 

 

試合2時間前。

いざスタジアムへ。

スタンドはガラガラだけど、ピッチを目の前にすると緊張感がこみ上げてくる。

さっきまでの雰囲気とは一変し、おっさんだけでなく日本サポは誰もが気合十分。

最近の代表に対する不満は一切感じられず、ただ「勝ちたい、本当に勝ちたい」という気持ちのみがビシビシと伝わってくる。一方、カメルーンサポには「勝って当たり前」という余裕が感じられる。まるで、4年前の自分たちがそうであったかのように。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

試合開始10分前。

4年振りに歌い上げる「君が代」。もの凄く気持ちが盛り上がるし、昂ぶり過ぎて涙が溢れそうになる。自分が日本人であることを意識し、自分たちの代表がその誇りを胸に戦う場にいること。これ以上ヒリヒリした気持ちになるものを他には知らない。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

1-0 日本勝利。

 

選手は戦う気持ちを前面に出し、サポは絶えず大声を張り上げた90分。

本田選手が決めた時、スタンドでは誰彼となく抱擁し喜びを爆発させ、ピンチとなれば祈りとそれぞれの指示をピッチに投げつけ、目の前で起こること以外に何も考えられなかった90分間。



そして、終了のホイッスルとともに号泣した
90分後。

 


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

「負け試合を観にどうして南アフリカくんだりまで・・・」「ドMですか?」

多くのサポが日本を飛び出す前に背中に受けたであろう言葉と視線。

それらに暗澹とした気持ちになり、さかんに報道される治安面での危険性を危惧しながらも「何か」を求め勇気を振り絞ぼって踏み出した一歩と、たどり着いたこの場所。

そして手にした歴史的勝利。


 

 

4年前に飲めなかった一杯を手に、これ以上ない多幸感に包まれた夜。

誰彼構わず祝杯をあげるが、喉を枯らせていたことはサポがスタンドで負った共通の傷であった。勿論、誰もがその痛みに対して笑顔であり、やっぱり「ドM」なんだな、と思っわずにはいられなかった。

おっさんも含めて。

 

 

 

 

| South Africa | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
勝ったぞー---ーーッ!!
 Mon.14.June.2010

ドイツから4年....ついに来ました、この時が!!
気合十分。勝負パンツでいっちゃうもんね。(ダニにやられたのが痛いけど)

6.14004.JPG


とにかく勝ちました!とんでもない多幸感!
「君が代」を大声で歌って泣いて。勝利の瞬間に号泣して、誰と構わず喜びを分かち合う。

おっさんは岡田監督解任論者でした。だけど、今日は結果を出してくれました。最高の結果を。。。
ありがとう!って心の底から叫びます!

以下は写真だけアップします!


6.14001.JPG

6.14002.JPG

6.140001.JPG

6.140002.JPG

6.140003.JPG

6.140004.JPG

6.140005.JPG

6.1400003.JPG

6.1400002.JPG

6.1400007.JPG

6.1400006.JPG

6.1400005.JPG

oooo.JPG

6.1400009.JPG


| South Africa | 04:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
2010ワールドカップ開幕!
 

Fri.11.June.2010 @Bloomfontein



P6111040.JPG
 

いよいよW杯の開幕!

2010年杯、日本の初戦が行われるブルームフォンテンに到着。

開幕戦(南アフリカvsメキシコ)に向けて、地元サポは盛り上がってますよーっ!!.....ってことも実はあまりなく、「ねぇねぇ、本当にここで試合があるワケ?あるよね!?ねぇねぇ」とアイドル出待ち情報を信じて寂しい場所に集まった女子中学生のように心細くなってしまうフシもあるわけで。。。そして、とにかく寒いっすっ!!

 

 

 

P6111057.JPG

開幕戦は宿で知り合ったメンバーとパブにて観戦。試合中にはなんと「ひょう」が降ってくる。。。地元民曰く「アリエアナイ」
ことらしい。日本戦まであと3日、何か起こるかも....

 

 

| South Africa | 04:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケープタウン観光
Thu.10.Jun.2010

ケープタウン観光です。


_MG_2518.JPG

ケープポイント、喜望峰と行ってきました。絶景ですね。

pengin sign.JPG
 
pigi.JPG

アフリカペンギンがいるボルダーズ・ビーチ。
実はおっさん、ペットを飼うならペンギンだと思っている。


cape.JPG

ggr001.JPG

ggr002.JPG

宿での風景。どこでも子供達は明るいです。
ただ、縄跳びをした時のタイミングの覚え方とかに接するとリズム感がいいなぁと感じちゃう。






| South Africa | 01:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>