CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ARBEIT MACHT FREI | main | やっぱり「好きだーッ!」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
右か左か真ん中か??
 Fri.25.Aug.2006


 クラクフにある「日本美術・技術センター”マンガ”館」。
 マンガといっても、それはここにある7000点にも及ぶ日本美術コレクションをした故フェリクス・ヤシェンスキ氏が好んで使用していたペンネームであって、僕らが「マンガ」という言葉から想像するものは見当たらず、純粋に(?)浮世絵なんかの展示です。
 併設されたカフェ「寿」ではアンパンが食べられるってことで「やっぱ日本の甘さだよねー」なんてセリフを行く前から用意しておく・・・が・・・アンパンなーーーい!!(涙) 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ヴィリュニスで会ってワルシャワで合流して以来一緒に旅をしているタカヤ。我らが”KING OF DIGGIN'”にちょっと似てます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 さて、ここからどっちに進もうか。東を向いてまだ見ぬウクライナはキエフへと行こうか・・・それとも、一度行ったことはあるが、その美しさが忘れられないチェコはプラハのある西を向こうか・・・。
 さんざん迷った挙句プラハへ行くことに決定!
 クラクフープラハ、ワルシャワープラハ間の夜行列車では強盗が多発しているらしい。しかも、車両ごと睡眠ガスをまいてしまうというなんとも豪快な手口のため、開放寝台なんかだと防ぎようもナシ。
 ってことで、今回は二人部屋寝台でガッチリ内鍵をかけて移動することに。(実際、車掌さんからも内鍵をかけるように念を押される)
 安全はお金に代えられないとはいえ、二人部屋とはとっても贅沢な気分です。
| Poland | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:31 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/98
トラックバック