CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 辛いものにはフタをしろ! | main | 右か左か真ん中か?? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ARBEIT MACHT FREI
 Thu.24.Aug.2006

 中央ツアーのハイライト、「アウシュビッツ・ビルケナウ収容所」。
早起きして3時間半ガイドツアーに参加。もしここを訪れることがあったら是非ガイドツアーに参加してください。展示物を見て回るだけでもだけでも衝撃的ですが、説明を受けることで何倍にもその恐怖や愚かさが自分の中に入ってきます。


 長ければ2000kmにも及ぶ道のりを窓も何も無い本当の「ただの箱」列車に詰め込まれてこの収容所まで運ばれ、やっとその箱から出たと思った瞬間「労働力にならないから使えない」と選別され、そのままガス室へ送られてしまう。そんな子供たちのことを思うと・・・


 刈り取られた大量の髪の毛、おびただしい数の靴、義足に義手。そしてここで起こったこと。。。見学しているうちに感じたのは「本当にこんなことが起きたのだろうか?」ということ。あまりにも想像を超えていて、ただただ信じられない。


 10時からのガイドツアーも14時前に終了。とてつもなく重たい気分になりながらも、一緒に参加した人達と「なんか、お腹すいたね・・・」。
 こんなことをすぐに考えられるなんて。。。平和な時代の平和な日本という国に生まれて良かったとつくづく思う。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 アウシュビッツからクラクフ市内へ帰るバスが停留所にやってくる。その刹那、それまで並んでいた人なんかお構いなしに最前列へ滑り込むアメリカンボーイズ&それをとがめない親。。。オイオイオイ、ちょっと待ったぁーっ!どういう教育してんだよ!!社会的ルールとかモラルってものはないの?それを教えるのは今じゃないの??
 そもそも停留所に早くから来て並んでいる人から順番に乗車するという考え方は日本だけであって、それは欧米ではスマートなやり方ではないのか??確かに旧東側と呼ばれるいくつかの国々や中米、W杯で見かけた南米人は「我先に」って感じだったけど、西側と呼ばれる先進諸国ではそれがスマートなやり方であって欲しい。いや、そうだろうよ!(少なくとも英仏独なんかはそうだったゾ!!)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


民族衣装に身を包んだ女の子@旧市街広場


ビバ★ポルスカ!W杯では日本と同じく涙しブチ切れました。
| Poland | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:01 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/97
トラックバック