CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< @Berlin | main | じゅうねんひとむかし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
How do you pronounce it ?
Tue.27.Jun

スイス、フランス、ドイツの国境が接する南部の街バーゼル、その横にある小さな街「Weil am Rhein」(ヴァイル・アマ・ガイン,,,,,って感じの発音)へ。なぜそこか?家具メーカーVitra社が作った美術館、そしてそこに隣接された家具工場見学ツアー、そしてこの街の至る所に展示された巨大な有名イス☆オブジェを見るんです!!すんごい田舎だけどすんごいものがあるんです!!!グレードの高い田舎ってか!?(誰が考えたか知らないけど、このフレーズ大嫌っ!)



こんな感じで巨大なイスが街のあっちこっち(総数20脚のうち1脚は壊れて非展示なので19脚)にあるんだけど,,,,,これがすんごい広範囲に点在している。バスを使うべきなんだろうけど、そんなこと出来るかぁ!!ってことで歩き倒すぜー。


インフォメーションでイスの場所が記された地図くれるんだけど、結構いい加減だったりする。そんな時に町の人に知らないか聞くと、丁寧に教えてくれる。でもその存在を知らない人も多かったりするトコみると案外観光名物でもないのかな、なんて思ったりもする。
写真は左からドイツ人のシュテファンとイタリア系のマッテオ。イスのありかを聞くと「見たことない」といいながらも一生懸命に探してくれる。その後はもちろんサッカー談義ですわ。


街を歩くとラベンダーが咲いている。北海道もそういう季節になるのかなぁ。。。


山の斜面にあるブドウ畑を上っていく、収穫に向けて手入れをするおじさん。それにしてもハードな道のり。


山を登りきるとナイス☆タイミングで夕暮れ(ってことはすでに21時半くらい。しかしこの時点でイスは残り5個。。しかもスゲー離れてるし)。疲れた体を少しは癒してくれそうなキレーな夕日でした。
結局8時間歩き倒す。さすがに疲れたぁ。。。。もちろんイスは全部制覇しましたよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Wed.28.Jun

翌日は美術館めぐり、そしてまた歩き倒す。


こちら「Vitra Design Museum」。「Marta Herford」と同じくフランク・O・ゲーリー設計。ただ今「Joe Colombo」の特別展を開催中。工場敷地内にある建築ガイドツアーもかなりオモロかったゾ。
このVitra工場の横は林までもいかないんだけど、背の高い草が生い茂る広大な野原。「平和な田舎だなぁー」なんて思いながらその野原の横を歩いていたら草をかき分けて警官登場。そしてその警官に挟まれるようにして後ろで手錠を掛けられた若者も,,,,,オイオイ何してたんだよー。



スイスとの国境。顔パス同然で車が通行してる。多分地元の人はそうなんだろうな。おっさんも歩いて越境。余裕のスルー。。しかしスイス入国のハンコをもらえず。。。なぜ?「ここはドイツ側の職員しかいないんだよねー、あっちの検問所にいるからハンコ欲しかったらそっちに行ってよ」って、その検問所相当遠いぞ!でも仕方ないから歩いて行ってしまう。


越境したスイス側バーゼルにはレンゾ・ピアノ設計の「バイエラー財団美術館」がある。これまたすんごい田舎にすんごい建物がある。


この日は駅のホームに野宿。最近書き始めた日記もキチンとつけたりする。ちなみに今までの最高記録は2日!!現在大幅に記録更新中。
| 観光 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:10 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/56
トラックバック