CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 決戦前夜 | main | カイザースラウテルンにて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
行こうぜ!行こうぜー!!
6/12
前日4時寝にもかかわらず朝7時には起きて栄養補給。9時には街を練り歩き日本代表アピール。すでにハイテンション。


現地で出会った仲間たち。行こうぜ、行こうぜ!!


当日になってもサポの数は圧倒的にオージーが多く、日本サポーターは応援合戦で押され気味。必死に対抗するも多勢に無勢(ちなみに泊まっていたキャンプも300:30でオージーが圧倒)。どうやら大多数の日本サポは当日近くの大都市or空港から直接スタジアム入りらしい。


スタジアム周辺にいたドイツ人。他国のサポが応援してくれてるのを見るとすごく嬉しい。



いざ試合開始!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

オーストラリア:3
日本      :1

試合中選手の気持ちが伝わってこない。悲しすぎる。試合後オージーに哀れみの目で「Bad Luck」なんて慰められると泣きそうになる(ってか泣く)。彼らは本当にいいサポで負けた相手をけなしたりせず尊敬する。当たり前のことなんだろうけど、その態度、優しさが余計に惨め気分にさせられる。こんなに惨めで悲しい気分になるとは。。。こんな遠くまでこんな気分になる為に来たのかと思うと、また泣ける。いっそ日本へ帰ろう、真剣に思う。とりあえずオージーが祝杯をあげるこの街にいるのは辛過ぎる。。。どこでもいいから電車に乗ろうとキャンプ(前払いの宿泊費は戻らないけどそれ以上にここにいることが辛過ぎる)に戻り荷物をまとめ駅へ。試合前に出会ったサポみんなで待ち合わせをしてたけど、彼らの顔を見るのも辛過ぎるので待ち合わせ場所には行かず。駅へ行くと待ち合わせるハズのサポの1人と遭遇。彼と話す。やはり最後の別れをみんなにするべきか、待ち合わせ場所に行く。予想通りお通夜状態。最高にテンション低。茫然自失状態。そんなトコへ1人のドイツおっさんが。

ドイツ人:「なんでそんな暗いんだ?なんかあったか?」
王子  :「負けたからに決まってんでしょ。」

はっきり言ってからかってるとしか思えない。すげームカつくけど、敗者には変わらず。またそれが惨め。そこで今後の行き先を決めかねていた他サポ。

サポ:  「今日泊まるトコないんだけど泊めてよ」
ドイツ人:「全然いいよ」

......は?何言ってんのこのおっさん。「貸しアパートを持ってるんだけど、今は入居者がいなく使ってないから泊まっていいよ。」だって。そんなことってあるの?傷心のサポは一気にテンション上がる。結局5人で彼のアパートにお世話になることに。

王子  :「でも、どうしてそんなに見ず知らずの僕らに優しいの?」
ドイツ人:「君たちはゲストとしてこの国、この街に来ているんだ、そんな君たちをもて      なすのは当たり前じゃないか。」

また泣きそうになる。ドイツ人の優しさに本気で救われる。
彼の名はフィリップ、どうやら他国サポを泊めるためにアパートを空けてあるらしい。「6/17のイタリア対アメリカ戦でまた他国サポ(勿論見ず知らず)を招待するけど、それまで使っていいよ。」そう言われ連れてかれたのは2ベットルーム&キッチンのすばらしいアパート。その日は他の日本サポと共に反省会。しかしみんな悲しい気分はぬぐいきれず。。。



キッチンにて反省会。
| ワールドカップ | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:23 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/42
トラックバック