CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ワインとボンボネーラ | main | 時間ギリギリ斜めの木 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
タンゴってスゴイね。

Fri.03.Dec.2010 @Buenos Aires, Argentina


 ボンボネーラ・ツアーを終え、夜は情熱のタンゴダンサーのフェロモンに誘われるがまま、うらぶれたカフェへと入り込むおっさん3人組。
 暗がりの中佇む男女二人。音楽が流れ出すと同時に激しく求め合う彼ら。。。
 「タンゴってスゲー・・・」口をあんぐり開けて驚愕するおっさん。昼間にボカで見たタンゴは、何だかポーズをとってるだけくらいのモンだったんである。今、目の前で踏まれるステップは全くの別物。情熱ほとばしり、大人の魅惑に溢れた空間であり、あっちのグルーヴにドッぷり浸かりきった頭でいきなりコレ見たら卒倒したであろうくらい衝撃的なビートである。
 とにかく、四の五の言わずに一回観て欲しい。あんぐり口を開けた後に拍手喝采する自分がいること必至である。


 ダンサーの後にはスリーピースバンドの演奏。コチラも大人のかほりプンプンである。


ブエノスでは一見高級そうに見える小奇麗なレストランでも、リラックスしてワインが飲めるほど安かったりする。おっさん3人話しを彩るは、チーズの盛り合わせとカラマリ・フリットにレモン&タルタルソース添え。
 僕らが持っていたチケットは時間が決められていることを知らずに、その時間ギリギリに入店してしまったため、あまり長い時間は観られなかったけど、それでも満足してしまうくらいに予想を覆してくれる内容だったタンゴショー。
 ショーの後は、メイヨーのたつ・けいすけさんのオモシロ人生話を肴にワインを傾けるおっさん。彼らとはここでお別れだけど、また日本で再会し、沢山の話を聞きたいものだ。
 ブエノスへ入る前、西表系webデザイナーでブエノス在住経験のあるカオリさんには「不思議な魅力のある街なので長居して楽しんで」とアドバイスを頂いた。短時間でもそれを感じる事のできるような街だけど、アドバイス通りもっともっと長居して色々な面を見たい・・・がしかし、残念なことに先に進まなければ時間がない今回の旅。またゆっくりとここの空気を吸いにこよう。
 明後日には世界最南端の町、ウシュアイアへ飛びます。

| Argentina | 04:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:56 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/404
トラックバック