CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< コリン星のスタジアム | main | ブエノスでの再会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オレは滝好きなのか・・・!?

Tue.30.Nov.2010@ Iguazu, Brazil, Paraguay, Argentina

 サンパウロから夜行バスでイグアスの滝へと向かう。
 ブラジルの長距離バス車内では、本を読んだり何かの資料に目を通しているような人が多い。流石ブラジル、南米の先進国。
 というのも、他の中南米諸国だと、ボーっとしてるか、寝てるか、喋り倒してるか、携帯電話にダウンロードした曲をヘッドフォンなしで、周囲に「どうだ、オレこの曲持ってんだぜ、聞かせてやるよ」と言わんばかりのアディテュードで、騒音をガンガンにかけているくらいだったもんな。しかも、夜中過ぎても爆音は流れ続けていたり。。。
 そんな騒音に関してはアフリカも同じだったけど、それらの国々では騒音に関してかなり寛容だった印象。だって、どんだけうるさくても寝ていられるんだから。
 なんて、周りを見回しては遠くの国を思ったりして、読まなきゃいけない本は一向に折り目がつけられないまま膝の上。じっくりと資料に目をやる眼鏡ブラジリアンの奥には、北海道のような田園風景が広がっていた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


まてマテ待て〜〜。
 パラグアイ・アルゼンチン・ウルグアイ・ブラジル南部で広く飲まれているマテ茶。
 飲み方は、茶器にたっぷりの茶葉を直接入れ、水またはお湯を注ぎ、先端に茶漉しがついた専用のストローを差し込み抽出液を飲むのだが、このストローが逸品で、茶葉を漉しとるための無数の小穴が開いていて、そのフォルムがなんともおっさん心をくすぐるのである。
 しかし、冷たいのならいいのだが、熱いマテ茶をストローで飲むという行為は、猫舌おっさんにはとても難しいのである。ミャーミャーミャー。

 ちなみに、wikiによるとマテ茶は「ビタミンやミネラルの含有量が極めて高く、飲むサラダとも言われている。このため、コーヒーや茶と同様の嗜好品ではあるが、単なる嗜好品の枠を超えて、野菜の栽培が困難な南米の一部の地域では重要な栄養摂取源の一つとなっている。」らしい。へぇー。

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 ブラジルからパラグアイへ「友情の橋」を渡って行く。
 イグアスの滝はブラジルとアルゼンチン両国にまたがり、さらにここはパラナ川を境にパラグアイも国境を接している。
 朝、ブラジル側のフォス・ド・イグアスに到着し、すぐにパラグアイへ越境。パラグアイ側の街はシウダー・デル・エステという街。ここは免税の街となっており、自国よりも安く買い物が出来るとあって、ブラジル・アルゼンチンから買い物客が大量に押し寄せてくる。


 ちなみに、シウダー・デル・エステには日系人社会が存在し、そこでは日本を感じることが出来る様々なポイントがあり、南米に身を置く旅人のオアシスポイントとなっている(おっさんは時間なくてパスだけど)。
 しばしのパラグアイ滞在を終え、アルゼンチン側のフォス・ド・イグアスへ移動だす!

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 世界最大の滝であり、世界三大瀑布にもチャートインするイグアスの滝へ。
 そういえば、今年だけでビクトリアフォールズ、エンジェルフォール、そしてココと滝を見まくってるおっさん。・・・・オレってこんなに滝好きだったかなぁ。。。


 いきなり現れた大小連なった滝。複数形だから滝々か。そのスケールの大きさ・様式美に「うぉー!!」なんて歓喜をあげたけど、ここはまだ序の口。先っぽを入れただけ。最大の見所「悪魔の喉笛」はまだ奥にである。
 それにしてもまぁ、美し過ぎる滝である。


 そんな「美し過ぎる滝」の滝壺へボートで行くことができる。
 太陽という最高のスポットライトの下、野生というこれ以上ないオーディエンスに囲まれた世界一の舞台でグチョ濡れ必至、小向美奈子も羨む奇跡のボートツアーなのである。


 しかし、快楽にはリスクも付き物である。妊婦さんや体の弱い方はご遠慮願う場合もある。自家製赤ワインが作れるおっさんは、ワイン蛇口検査を辛うじてパスし乗船可となった。


 迫力のグチョ濡れ滝壺ツアー!滝に近づくにつれ「おっきー、おっきーぃ!!」を連発し、滝壺ではキャーキャーと感情の雄たけびをあげ、つかの間の快楽に溺れ行く人々。おっさんも顔にブッかけられまくたぞ。


 亜熱帯の密林地帯にあるイグアスの滝。ここは滝だけでなく、そこに存在する様々な動植物も魅力の一つである。
 恵比寿ハウスに養子にいった我が子は無事に冬を越せているのだろうか。。。


か、川口隊長ー!!つ、ツチノコ発見!!


 そのアイシャドーの分だけだけでも幸せを運んでください。。。

 同族かと思わず目線を合わせてみたらハナグマさんでした。




 カラフルな蝶に囲まれ、風のウワサで結婚し子供をもうけたという親友を思ってみる。。。

 こう見えても2cmあるんです。フツーの2倍。ちょーデカイ。


 おっさんの中で「戦場の架け橋」のイメージはコレ。この橋を越えていくと・・・


 悪魔の喉笛キター!虹がかかる先には・・・。。。
 今年見たビクトリアフォールズ、エンジェルフォールズと比べて一番好きな滝かも。。。ってオレはそんなに滝好きだったのか・・・・!?

| Argentina | 04:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:43 | - | - |
コメント
当日になって申し訳ないけど、今夜ナカメでECFの忘年会あるから来てね!高級料理店でやりますので。後でTELして。
| ホセサンタマリア | 2010/12/29 6:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/400
トラックバック