CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< シティ・オブ・おっさん | main | Tio de Ipanema >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
雲の中のコルコバード

Thu.25.Nov.2010 @Rio de Janeiro, Brazil


パントマイマーだってオフ時間は必要です。

 昨日に引き続き朝からコルコバードの丘へ。。。かなり天気が悪い。今日こそは晴れてくれよー!
 忍びがたきを忍ぶのがハポネスの真骨頂。日本人お母さんが経営する近くの土産物屋さんで色々とご教授頂きながら待っていると、空が明るさを取り戻してきた!
 外に出ると、麓からキリスト像が見えてきたので、急いで頂上行きの登山電車に乗り込む。足どり軽いぜ!


赤い電車にのっかてー♪
登山電車でいざ頂上へ。

 赤い電車に乗っかって♪君住む街へひとっとび♪
 なんて小学校の遠足ウキウキ気分で乗ってたら、途中で電車が急停止。何事かと思い外を覗くと
、なんと男が「フリーズ!!」的な感じで壁に両手をつかされて、同乗していたセキュリティに銃突きつけられて尋問されているではないか! 
 どうやら、この丘(ファベーラ)に住む男だったようだけど、それにしても物騒だな、おい。
 やっぱ、ファベーラ麻薬撲滅作戦進行中の現在は、結構緊張状態なんだよな。クワバラクワバラ。


 そして、頂上へ!
 ついにキリスト像が見えた!青空も見えた!おぉーー!!




 全てを包み込むようなキリストの両手の中にはリオの街が広がる。山々を結ぶ海岸線は白い弧を描き、息を呑むほど雄大かつ繊細な景観は・・・なんてことはじぇーんじぇんなく、眼下には雲海。待てど暮らせど雲海なのである。マラカナン方面はかすかに見えたが、メインとなる海岸線はまるで見えず。。。


 丘からの絶景は諦めよう・・・今回は。
 カーニバルの時期にまた来よう!


 下りは特に何もなく、晴れた森の中をゆっくりと抜けていく電車。
 途中1度止まった時に木漏れ日とセミの声が辺りを包んだ。海の街特有の蒸し暑さもあり、何だか日本の夏にトリップしたような錯覚。
 下のほうは晴れてるのかな。このままイパネマのビーチにでも行ってみようか。

| Brazil | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/396
トラックバック