CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< エンジェルの下へ Day-02 | main | すこぶる天気がいい日のデイトリップは塩がじゃりじゃり砂みたい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
エンジェルの下へ Day-03

Tue.16.Nov.2010 @Angel Falls, Venezuela


映画「ジュラシックパーク」の撮影にも使われた(ガイド談)という場所。確かにそんな雰囲気が感じられる。

 最終日。今日は帰路に着くだけだ。
 朝食はギネス級にしょっぱいパンと、パサパサ食感のクラッカー。いくらおっさんでも不味くて食べられん。
 その後パッキングを済ませ乗船準備。昨夜、現地ガイドは7時半発と言っていたが、実際には7時発。こいつらガイドのクセに客に対するおもてなしとかまるで感じられない。客を目的地へ連れて行く時はダラダラ・ウダウダやってるくせに、自分の家に帰るとなった時の行動は疾風のようだ。
 まぁここだけじゃなく、他国でも同じようなモノなんで、分かっちゃいるけど朝の機嫌の悪さにはスパイス効きすぎだ。


1度野火で焼かれた木の先から新たな草が生えている。こんな置物が数年前に流行ったような気もする。

 エンジェルフォールを惜しみ深く見つめながらボートは進む。下りだけに快調に飛ばすボート。
 道中、小さな滝があり、そこの滝壺で泳げるのだが、、、寒くて泳げるわけないし。
 数人の欧米人はガクガク・ブルブルに震えながらも泳いでいた。そこまでして泳ぐこともないと思うのだが・・・。


セスナ機でカナイマからシウダーボリーバルへ。操縦席横に乗るなんて初めてだ。


パイロットは操縦かんではなく、両手にガッチリと札束を握り、ニヤケ顔で離着陸以外はずー---っと売り上げ計算をしている。。。それでセスナ機が落ちることはないだろうけどさぁ。。。

 帰りのセスナ機に予定通り乗ることが出来ず、空港に2時間近くスタックするというハプニング、というかお約束がありながらも(その時は久しぶりに悪態付きで怒ってしまった)、無事シウダーボリーバルへ帰還。
 汚れと疲れを落とそうとシャワーを浴びるが・・・カナイマにナイロンタオル忘れてきてしまった...あーぁ。。。
 最近忘れ物が多い。多すぎるゾ!!

 さて、警戒レベルを上げて入国したベネズエラだったけど、ポリスのワイロ要求は1回だけだったし、その他特に憤ることもなかった。人々は優しく親切、出国時のタクシードライバーなんか優しさの塊りみたいな人だったし。なかなかいい国だったな、ベネズエラ。
 こうして無事にベネズエラも終了。次なる目的地は、ずーっと楽しみにしていたブラジル!警戒レベルはそのままに、テンション上げて逝きますYO!

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



| Venezuela | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:17 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/390
トラックバック