CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 何かある・・・のか!? | main | エンジェルの下へ Day-01 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最強アメ車とチャベっちゃんの強気

Fri.12.Nov.2010 @on the way from Colombia to Venezuela


 早朝5時起きでヴェネズエラ国境へと向かう。
 早朝発だから・・・そう言い訳してもなぁ...南米編突入でもう一度気合を入れ直したハズなんだけど、カルタヘナの宿に洗濯して干してあったパーカーを置き忘れてきてしまった。。。しっかりしろ、オレ!
 まぁ仕方ない。気を取り直して前を見よう。
 カルタヘナからはカリブ海沿いをトレースするように北上していく。ここにもハリケーンの影響か、浸水した家々が散見され、中には完全に床上浸水も。しかし数日間もそんな状態でどうやって生活するんだろうか。。。


 10時間後、バスは終点コロンビア側国境の街マイカオへ。そこからベネズエラはマラカイボ行き乗り合いタクシーに乗車。
  どうだろう、この6人がすし詰めとなるインパクト大の乗り合いタクシーは。決してアバンギャルドで斬新なデザインなワケではなく、単に古いだけなのである。
 そう、マリリンがモンローな時代のヤンキードリームと、プロム帰りカップルの燃えたぎるパッションを乗せて走ったであろうアメ車は、塗装が剥げ落ち錆だらけになっても、ドアがもきちんと閉らなくても、トランクは鍵がかからず開きっぱなしでスコール来たら荷物はべちょ濡れ確定だとしても、今も現役なのである。
 アフリカでも散々ダークサイドの車を見た。シートがない、ドアがない、メーターなんかポテンツを忘れてしまって、ライトも天に召されて夜は暗闇ナチュラル☆チキンラン。「車ってよく走るよね。特に日本車は。」なんて感動したりもした。しかし、そんなビートに慣れきっていたおっさんでも衝撃を受ける新鮮なボロさ。そう最強にボロい。
 ここまで突き抜けてるとアメ車もなかなか走るんだね、なんて尊敬したりもする。


コロンビア・ベネズエラ国境
 コロンビア出国完了後、歩いてベネズエラ側へ。ョッシャーーッ!!これから腐ったポリスが待ち受けるベネズエラだ。気合入れ直しだ!


イミグレ窓口横の壁にはボリバールの言葉が。
 マラカイボまでの道中は何度となく検問がある。メンドクサイ国だが仕方ない。この国のシステムだし、密入国や麻薬取引がそれだけ多く大問題なのだろう。
 勿論東洋人を乗せたタクシーは何度も止められパスポートチェックを受けるハメになるのは言うに及ばず。そして何度目かの検問でポリスがワイロを要求してきた。おぉーついにキやがったな。
 「オレっちは何も悪いことしてないし、正規に入国してるのだからと、そんなモン払う気はないよ!絶対払わないもんね!!」と、ちょっと口角泡飛ばし、血圧上がり具合&対決姿勢を伝えるパフォーマンスを加えながら対抗。ってか、そもそも何の金だよ。
 しかし、同乗しているベネズエラ人たちは「まぁさぁー、ちょっと払えばいいんだからさー、ねぇー。」と、おっさんを諭し払うよう促す。彼らにすれば、面倒に巻き込まれて足止め喰らうのは避けたいところのようだ。
 鼻息混じりに断固とした態度をとるおっさんを横目に、他乗客と運転手さんは「相談しようぉ、そうしようぉ!」と何やら談合するが、しばらくしてタクシーは出発。
 何も払わずに出発したのか、運転手が代わりに払ったのかは知らんが。。。んー、この先も多いのかなぁ、コレ。メンドクサイなぁ。。。


 タクシーに乗ること2時間。結局その後はポリスのワイロ要求はなくマラカイボ到着。そこですぐにベネズエラの全ての意味に於いて中心となるカラカス行きの夜行バスに乗りかえて出発。
 マラカイボとカラカス間は2時間おきくらいに何度も検問があった。それだけ色々と問題のあるルートなのだろう。そして中米の冷凍移送車なんか比にならないくらいに冷房が効き過ぎていた。寝たら冷凍保存されて20年後くらいに起こされるのではないかと思った。
 ところで、色々なところから情報収集していると、コロンビアやベネズエラでは夜行バスが武装集団に襲われる危険性が高い路線があるようだ。中には乗客全員荷物どころか、着るものも全て身包みはがされたこともあるらしい。だからだと思うが、各バスには迷彩服で銃を携帯した人がセキュリティとして乗り込んでいる。


 翌朝、無事に首都カラカス到着。美術館をちょっと観てから、さらに東の街・シウダードボリーバルへ向かうバスに乗り込む。


 道中、天に向けて伸びる石油精製所の煙突から勢いよく炎が吹き上がり、誇らしげに空を赤く染めている。これがチャベっちゃんをイケイケにさせている原動力か。
 10時間後、無事シウダードボリーバル到着。夜中だというのにそこで偶然旅行会社の男に会い、急遽明日早朝から2泊3日で行くエンジェルフォール・ツアーに参加することになった。
 丸2日近くバスを乗り継ぎ、睡眠4時間でエンジェルフォールへ・・・頑張れオレ!

| Venezuela | 12:10 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:10 | - | - |
コメント
すごい車だね・・・。その国に車検はないのか!? 
| 姫 | 2010/12/06 3:42 PM |
おにさ〜ん!!葉書届きましたよ〜!!!
すごくうれしかったです!!
ほんとにありがとうございました!!!
私も生きておりま〜す。
まだ看護師は続けております。笑
| さやか | 2010/12/11 12:35 PM |
忘れ物とかなくし物って結構凹んだりしませんか?
たとえ高価な物でなくても。

ベネズエラ。いいなー。
私も南米行きたい。
ロライマ行きたい。
| ERICO | 2010/12/11 4:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/386
トラックバック