CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 冷凍移送 | main | Journey Log >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
セレソンビザ

Thu.04.Nov.2010 @San Jose, Costa Rica


なかなかオサレな眼鏡ですな。
 今後もズンズンと南下を続けるのだが、南米にはビザが必要な国が1カ国だけ存在する。唯一無二の存在。W杯を掲げること5回、誰もが憧れる国、美女とビーチとイパネマの娘。ブラジルである。
 通常ビザ申請にはブラジル往復航空券が必要なのだが、こちとら陸路で出入国キボンヌ。他の旅人からは最安航空券を手配したり、ブラックボックスで魔法の紙を作ってみたりと色々な手立てをご指導頂いたのだが、おっさんにはそんなお金も時間もない。
 なので、とりあえず宿泊先にいるコスタリカ在住アメリカ人のマリアにスペイン語通訳をしてもらい、ジャブ程度の気持ちでブラジル大使館に直接電話で問い合わせてみると、、、え!?航空券なくても良かですと!?マジマジ??クンクン。何だか風向き良好な気配。帆を張り全速前進、とにかくブラジル大使館へ行ってみる。
 大使館で対応してくれたのはとても品のいいお兄ちゃん。おっさんが高倉健を目の前にした黒板五郎なんかよりもずっと誠意を見せて、その場で思いついた旅程を説明すると、セニョールはちょっと考えながらも首を縦に振ってくれる。グラッシアス!
 
いつ出来上がるの?なんておっさんの愚問には「今日中だよ」だって。キター-----ーッ!!唇奪われてもいいと思った。
 しかも通常どこで申請しても50USDなハズなのに、ここでは良心価格の25USD!・・・もう抱かれてもいい。
 ソッコーで銀行振り込み等の手続きを済ませると、時計の針は12時ジャスト。魔法の切れたシンデレラのような窓口のおばちゃんに書類一式を初めての恋文のように差し出すと、「今日はもう疲れたからおしまい。明日の朝取りに来て。」と事も無げに言われた。。。確か会館は9時ですよねぇ。。。どうやらおっさんの魔法も切れてしまったようだ。
 まぁ仕方ない。ここでゴネて嫌われたらもともこもない。街ブラでもしましょ。
    

 ファミマはないけどampmはあるよ。


 市内バスのDIY運ちゃん。スポンジで作ったワン&オンリーな集金箱がなんともオサレ。

 ブラジルビザを待ちながら街散策をするのだが、、、雨が止まねぇなぁ。。。しかも激しいし。

| Costa Rica | 01:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:02 | - | - |
コメント
奇跡的にSEICOMARTないんかい!?
ガラナかナポリンないんかい!?
| 姫 | 2010/11/19 8:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/379
トラックバック