CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< でかいぜ!曙太郎 | main | 冷凍移送 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ピンポンパン帽子
Tue.02.Nov.2010 @San Salvador, El Salvador 


 今日も早起きっす。まだマーケットが準備中の6時にサクサクと出発。


 サン・サルバトルまで1時間半で到着。
 次なる目的地コスタリカ行きのバスをゲットすべく、早速決め打ちしたバス会社オフィスへ。受付に陣取るなんともモニカという名前が似合いそうなハツラツとしたオールバック・ポニーテールねーちゃんにサン・ホセ行きの時間を尋ねると、「夜中3時出発です。セニョール」だって。。。オイオイ、釣りに出港するワケじゃないんだし、、、しかも58USD!...まぁ、ハツラツ☆爽やかなモニカにあーだこーだ言っても仕方ない。今夜の便を予約して、出発までこのバス会社の上にある1泊12USDの宿をとって、色んなモノをキレイにしたりして備える。
 部屋で荷を解き、洗濯してちょっとだけ横になってみると、最近の移動続きな日々でさすがに疲れているのか、そのまま3時間くらい寝てしまう。ん〜、そろそろ休息が必要かも。

 ところでエル・サルバトルという国について何か知ってるのかオレ・・・
 内戦で大変だった国、、、
 いつか観た映画の中で、心の傷を持つ主人公が「アイツは傭兵としてエル・サルバトルで活躍したスゴ腕なんだ。でも、不運にも家族を失ったんだ・・・」的なシーンがあるような、ないような。。。
 アダモ、、、ダリ、、、
 あしながのサルバトール。
 そんな実体のないイメージだけがあった国エル・サルバドル。
 寝起きで何だかよく分からん思考だが、街ブラしてみる。


 宿の周りはサンタ・アナ同様かなりスラムな匂い。そこから中心部一体は巨大な露店通りになっているのだが、どことなくアジアの雑踏を思い起こさせる空気感が立ち込めている。


 カテドラル・メトロポリターナにも入ってみる。。。まぁね。


 何かないかね〜、なんて思ってたらミスタードーナッツを発見!こんなとこまで来てたのかダスキンさん!?
 100円セールとかやってるのかな!なんて、いきなり心拍数ビンビンで中覗いてみると、、、


メインはピザかよ!
 
ドーナッツは片隅に追いやられ、クリーンナップを張るのはピザとサンドウィッチだった。まぁ食文化的に考えてそうだよな。


 「いや〜、おっさん。最近疲れてるみたいだけど大丈夫〜??」
 ・・・何だよ、久しぶりに登場したと思ったら結構マトモなヤツじゃねーか。ピンポンパン帽子くらいじゃパンチ弱えーんだよなぁ。ホンジュラス・ガテマラ国境近くで見かけた凧には強烈なヤツが描かれていたんだけどなー。。。
 「な、何だよ...せっかく出てきたのに、出し抜けにそんなこと言うなんて...このコーナー楽しみにしてる人もいるんだから・・・。」
 あっ、、、そ、そんなヘコむなよ。すまんすまん。


 マーケットのミッキーに構うのも程々にして、腹ごしらえに中華料理屋(と言っても、厨房にも現地人しかいなかったけど)に入ってみると、たまたまチャンピオンズリーグ、コペンハーゲンvsバルサがやっている。
 バルサは相変わらず楽しいが、コペンハーゲンの頑張りにかなり萌えた。
 それにしても、学校祭でもしないような店内の飾りつけって、どうなのよ。


街一番の大通りと思われる道路も静まりかえる。。。何があったの!?
 おっさんは各地からポストカードを書いているのだが、ここでも出しに中央郵便局へ向かってみる。しかし、中心部からほんの少し離れただけで、人も車の通りも全く無くなる。
 この国人口少ないのか?まるでゴーストタウンと化した静けさ。夜なら絶対歩けないな、これ。
 やっと辿り着いた郵便局近くで休んでいるバス運ちゃんに、詳細な郵便局の場所を聞くと「あー、郵便局はあっちだけど、今日は祝日で休みだよ。」だって。
 ・・・はいはい。どうりで人も車も少ないわけだ。あーあ、せっかく暑い中歩いたのに。


スーパーマーケット散策。暑くてもサンタは長袖で君のハートにキーポン・スマイリング。

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 午前3時の出発までPCとにらめっこ。wifiが飛んでいるのは宿のホールだけなのだが、そこでは警備員がソファーで仮眠しているので、真っ暗な中キーボードを打つおっさん。
 しかし、そんな環境にも「そんなのカンケーねー」と大声で話しまくる、中東の中では異教徒とされる国の旅人たち(ライリーってやつ)。どこいっても空気読まんわな。
| El Salvador | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:47 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/377
トラックバック