CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 暑いぜっ! | main | ダハブにやってきたっ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
遺跡巡り〜ルクソール編〜

Thu.01.Aug.2010 @Luxor, Egypt


 王家の谷があるルクソール。ここもアスワン同様45℃意越えと、とにかく暑い!
 なので、レンタル自転車を借りて朝5時から行動開始。午前中は遺跡巡りをして、午後はクーラーガンガンなお部屋でマターリという日々を数日過ごす。

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 カルナック神殿。


 ルクソール神殿。


 遺跡って石の柱や壁ばかりのイメージだけど、実際にはこうやって窓の装飾がされていたりと、ゴツゴツとしたイメージでばかりではないことに今更ながら気づく。




 ラメセス3世葬祭殿。レリーフはなかなか見応えアリ。



 レンタル自転車はサドルのバネが突き上げる感じに壊れていて。かなりケツが痛い。
 しかし、そんなことにコンプレインしている間にも気温はグングン上昇。水をガブガブ流し込みながら前へ前へと漕いでいく。




 ハトシェプスト女王葬祭殿。

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 この街のハイライトである王家の谷は残念ながら撮影禁止。しかし、ラメセス6世の墓は古代エジプトの宇宙観を描かれた天井画とそこに続く壁画は強烈だった。また、ツタンカーメンのミイラが安置された彼の墓は、別売り入場料金の割にはビミョーだったけど、発掘者があの暗闇に入って黄金の仮面を見つけた瞬間を想像してみると、アガらずにはいられなかった。



 路上に置かれたジィールと呼ばれる素焼きの壷。素焼きなので絶えず水が滲み出し、熱い外気で水蒸気となる。これで気化熱が奪われ、中の水が冷たく保てるようになっている。飲むのは構わないけど、お腹の心配は忘れずに。

| Egypt | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:18 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/331
トラックバック