CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 赤道を越えよ! | main | メネンガイ・クレター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
それでも僕は被害者です。

Fri.06.Aug.2010 @Kampala, Uganda (way to Nakuru,Kenya)


 ここカンパラでスーダンビザも無事発給されたので、23時発の夜行バスで次なる国ケニアはナクル湖畔へ移動する。
 出発前のバス停にて、もう使う事のないウガンダコインが少しあるけど、どうしたものか。売店のおばさんに「少し足りないんだけど・・・」と上目使いでコーラと僅かに足りない金額を差し出すと、ニヤリとしながら受け取ってくれた。ありがとうおばさん。とってもイイ気分でウガンダを出発できそうだ。

 予定よりも1時間ほど遅れてバス乗車開始。これも予定通りか。
 バス乗車口にはチケットもぎりが座り、彼は乗客が持ってくる乗車券に書いてある名前と番号を一覧表に書き写していく。一覧表にある名前と番号に照合していくのではなく、白紙の一覧表に書いていくのである(チェックと呼べる好意ではない)。それは意味があるのかどうか知らんが、とにかく暗闇の中、ペンライト片手にそれをやるから恐ろしく時間がかかる。
 乗客は安宿の排水溝のような淀みで具合でバスへと吸い込まれていくが、おっさんの5人くらい手前でその流れは止まってしまった。そしてしばらくすると、もぎりを搭乗待ちの乗客たちが囲み出した。どうやらもぎりはそこにいた客片っ端、なんと次の便の乗客をも乗せてしまい、この便に乗るべき我々の席がなくなってしまったらしい。。。何してんだよ。。。

 車外にいたらバスは勝手に出発してしまうので、席はないがとりあえず車内に乗り込み、事の成り行きを待つ。車内のおっさんが予約した席には黒人女性がシレっと座ってるし。
 係員が乗り込み、その女性のチケットをチェックすると明らかにこの便ではないチケットを持っている。オレでもわかったぞ。現地語なので分からないけど、雰囲気的に「次の便に乗るように」と係員が告げると、「嫌よ!私はもう乗ってるんだカンパラ!!」と、ビヨンセはいきなりキレ気味で断固拒否の姿勢を鮮明に打ち出してきた。ステキだ。明らかに自分が間違っているのに胸を張って主張する。だって乗せたのはあなたたちでしょ、と。直情径行、猛々しく逞しいが甚だ迷惑だ

 押し問答の末、結局係員の説得は失敗。同じく次の便のチケットで乗車しているアンリ似の若造に声をかけるも「えー、だってもう乗ってしまったから嫌だジンジャー。」と、こちらも交渉不発。
 オイオイどうすんだよー時間かかり過ぎだろー、と呆れ顔のおっさの目の前に、いきなりエムボマ似の係員が乗り込んできて、
 「Hey!ユー!オマエのは違うチケットだ、早く降りて次の便に乗れ!」
 と、ビヨンセ同様キレ気味にシャウトしてきた。
 またこの展開か。。どうしたらそういう最果ての発想が罪悪感なく出てくるのだろうか。この「departure:11pm、seat:4a」という文字はなんの意味があるのか。こういうヤクザな言い掛かりにも自分の正しさを証明しなければいけないから疲れてくる。しかも深夜に。
 ここで「じゃー、僕が次の便で行きますね、皆さん良い旅を。アディオス!」と颯爽と降車するのがモテリーマン道かも知れないが、残念ながらそんなに人間できちゃいない。それにここはアフリカ。次の便と言っても、いつ来るか分かったものではないし。
 ってかさぁー、、、何で・・・なんでオレが降りるんじゃー!!ボゲがぁー--っ!!...あぁ、また血圧上げてしまったぁ。。。折角イイ気分で出発できそうだったのに。

 結局はビヨンセでもアンリでもない次の便の乗客が降りることで、オチがついた。エムボマもやれやれと言った感じで、さっきまでの言い掛かりはなかった事のように行ってしまった。
 出発予定時刻から2時間押し。やっとひと段落みたいな雰囲気だけど、ちょっと待て。降りた奴は加害者であり、おっさんは被害者だぞ。何なんだこの空気は。
 こういうトラブルは旅の醍醐味かも知れんが、、、日常茶飯事過ぎるなぁ。。。幸い隣の席のレフトアイが状況を察してくれる人だったから良かったけど....はぁ。

| Uganda | 21:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:51 | - | - |
コメント
写真撮るの上手だね。 ウトロで野生の鹿たくさんみてきたけど・・・。 スケールが違うね。
| 姫 | 2010/08/22 12:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/309
トラックバック