CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< a boiling point | main | This is chaos ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
The Source of the Nile

Thu.05.Aug.2010 @Jinja, Uganda


 ナイル川の源流。この水はホワイト・ナイルと呼ばれ、大地を潤しながらスーダンはカルツームでエチオピアから流れ出るブルーナイルと合流し、流れ着くのが地中海。そしてエジプトという国。

 エジプト。そもそもおっさんが知らない文化に興味を持ち始めたのがエジプトだった。勿論きっかけは大勢の日本人に漏れず、TV番組「日立 世界ふしぎ発見!」であり、おっさんが今まで唯一自分の職業にしたいと思ったのもミステリーハンターだった(しかし、ミステリーハンターは女性のみだった)。それにしても、竹内海南江さんが20年前と変わらないのには脱帽する。あのカワイさ増すばかりだ。

 閑話休題。きっかけでありながら、今まで訪れることのなかった国エジプト。この川と同じくそこへ行くんだ。今回自分が流れ着くべき場所・旅の最終目的地をエジプトに決める。
 「Sunset On The River Nile」が頭の中で流れ出し、とっても前のめりな気分になってくる。目的・目標が明確になると人は安心するものだ。

 では、目的・目標がないとどうだろうか?
人は不安になる。穴を掘ってはその穴を埋めさせるということを繰り返す拷問があるが、人はそれをすると出口のない単純行為に狂ってしまう。
 日々同じ時間に出社して同じ仕事をしている、単調な生活を繰り返しているような気分が嫌で、当てのない旅に出る者もいる。でも大抵そんな理由で旅に出た者は、当てのない旅先で不安になり、元いた場所に帰っていく。
 なぜなら同じ時間・同じ内容のように感じることでも、自分次第でどうにでもなるのだから。それができなければ、旅先でも同じ問題にぶち当たる。

 目的・目標を持つこと、それを設定するのは自分次第。それを持たずに単調な生活と思うこともまた、自分次第。
 どこにいってもどこまでいっても、心はどこにもいけず自分次第。だから自由なんだ。

| Uganda | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/306
トラックバック