CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ルワンダにて | main | The Source of the Nile >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
a boiling point

Tue.03.August.2010 @border of Rwanda


 「郷に入らば郷に従え」
 旅人であれば誰しもが肝に銘じてるであろうこの言葉。ちなみに、ひろみは二谷に従えなかったからダディ失格となった。・・・どうでもいいですね。
 アフリカにいればアフリカ流に従う。そりゃそーです。例え時間通りに物事が運ばない・仕事のスピードが遅いとしても、それは仕方ない。だってここにいるのだから。

 しかし、である。

 例えばバスに乗るとき、相手は真顔でローカルの倍額を請求してくる。それを「まぁ自国に比べれば安いから」と、その言値で利用するのもいいでしょうが、実際にそんな人見たことがなく、大抵の旅人はローカル料金・適正価格となるように値段交渉するでしょう。そうです、いわゆる戦いの開始です。そうしないと納得できないし、ムカつきます。
 その戦いの中で、相手はスゲーバカな内容をもの凄くもっともそうな理由や言い訳に変える痛恨の一撃を繰り出してきますが、それをいなし、インポになりそうな理由にもグッと堪えて値段交渉を進め、時にはこちらも「あっそ。じゃーいいわ。」と交渉決裂と見せかけるような会心の一撃を浴びせながら適正価格へと導ていきます。
 相手の態度やムカつく言動に対し怒りがこみ上げてくることもまた事実であり、そんなアフリカンビートの中で毎度踊っていれば疲れ・呆れてくるのも、また真理。
 臥薪嘗胆、それをグッと堪え忍んでいくことが大人の作法でありることをおっさんも重々承知つかまつっているにもかかわらず、おっさんは最近それが難しくなってきている。すぐ怒ってしまう。怒り(というか相手に呆れる)に達する温度、いわゆる沸点が低くなっているのである。(あんまり大人な対応をしていると相手は調子に乗り、話がややこしくなるのがこの問題のポイントでもあるが。)

 先日ルワンダへ入国する際も、小屋の前でなんとなく座っている若い2人組みカスタム担当員に「荷物検査をする」と言われ、入国の際のそれは当たり前の行為なので「あーいいですよ」と答えると、その狩人は「おまえだけこっちに来い」とおっさんだけ列から出て小屋の裏側に連れて行こうとした。
 2対1の状況を作り、物をせびったり盗ったりするのは係官の常套手段であることは旅人の知ったところ。知っていたからこそ、「はぁ〜?なんでウラに行くんだよ!何か理由あんのかよ?ここでやればいいじゃねーかよ!」と一瞬にして沸点を越えてしまった。(はぁ〜ぁ。)
 アフリカ諸国で警官や軍人といった特権階級に必要以上に楯突き、彼らの機嫌を損ねることは時に命取りとなることがあるにも関わらず、そう言ってしまった。
 んー、いかんなぁ。怒るとパワー使うし、何より怒った自分がバカに思えてくる。

 そんな自己嫌悪になる一方で、やっとアフリカを旅している感覚が自分の中であることも、また事実である。ケンカをすることでそう感じるのではなく、交渉や日常生活の中で彼らの流儀や限界を感じる
ことができるようになってきたことが、そう思う一因かも知れない。
 なんというか、今まではアフリカの上を歩いている感覚だったのが、やっとアフリカの中を泳げるようになった感じ。そんな泳いでいる感覚はアジアやヨーロッパを旅しているときに持つことのできていた感覚でもある。

 別にケンカをしているから泳いでいるということにはならない。沸点が下がることは大人の流儀として良くないし、怒ることは何よりも精神衛生上非常に良くない。
アジアを旅している時にこの「沸点問題」は克服したつもりでいたけど、、、成長していないのかねぇ。。。
 とは言っても、この後も「はぁ〜?んなぁーに眠たいこと言ってんだYO!」ってやっちゃうんだろうなぁ。はぁーぁ。
 プリィミティヴな自分を出し、向き合う。まぁそれもアフリカ流ということか。

| Rwanda | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/305
トラックバック