CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ミクスチャー・ダルエス | main | たちまち囲まれました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
20年ぶりくらいに観たサザエさん

Fri.30.July.2010 @Moshi・Arusha, Tanzania

 アフリカ最高峰キリマンジェロ。5892mというとんでもない高さではあるが、登山初心者でも比較的楽に登頂出来るとあって、タンザニア観光のハイライトの一つとなっている。
 装備もレンタル可能っていうんで、おさんも羽生丈二気分で行こう!なんて一瞬盛り上がってはみたものの、入山料と宿泊料だけで600USDコースと赤字国債発行だけでは賄いきれない概算請求となり、あっさりと撤退宣言となる。



 せめてキリマンジェロを眺めながら本物のキリマンジェロコーヒーを頂こう。
 そんな企みも、滞在中はずっと曇りで夢と化してしまった。。。


  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 キリマンジェロを仰げなかった淡い想ひ出は安宿の窓辺にそっと飾り、次なる街アルーシャへと歩を進める。そこでは、現地で輸入業と日本食店を営む日本人の方の店で牛丼をかきこみながら、現地話に耳を傾ける。
 その方は以前、閉店後の夜間帯にガードマンとして現地人を3人雇っていたが、なんとその3人全員に少しづつ物品を盗み続けられていたことがあった(後日警察がその3人宅へ家宅捜査に行くと、盗品のおかげでずいぶんと潤っていたらしい)。
 また、別の日本人の方は大型ショッピングセンター内に料理店を経営していたが、どうしても1週間程度の一時帰国をしなければならなくなり帰国。ショッピングセンター内というセキュリティがしっかりしているべき場所でさえも、その方がこっちに戻って来た時には爪楊枝の1本までキレーさっぱりなくなっていたらしい(ガードマンもグルだった。こうなっては盗難から逃れることは出来ないような気がしてくる。)
 その他にも商売上の苦労話や、盗みによる一角千金を狙うことになってしまうアフリカ人の実生活と社会状況についてというドープな話題も。さらには、彼らの仕事に対する態度や、彼らを雇い一緒に仕事をすることの難しさなどの貴重体験をお腹いっぱい伺う。

 そんなネガティヴな面がある一方、まだまだ何もかもが発展途上であるここには、大きなビジネスチャンスがゴロゴロ転がっていることも事実であり、そこに夢をかけている人もいるわけである。。
 確かに大きな仕事を成し遂げ、財を築けそうな土壌はありそうだが....「でもやっぱ、ココには住めねーなぁ。」なんて牛丼と貴重体験話でお腹いっぱいになったおっさんは、楊枝でシーハーしながら店内で流れるサザエさんのDVDをぼんやりと眺めてみる。あー、波平さんはフネさん連れてビアガーデンですか。。。夜も気軽に出歩けますよね。ですです。

| Tanzania | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/302
トラックバック