CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< He is back ! | main | ノッてるね♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
拾う神アリ

Wed.14.July.2010 from Gaborone,Botswana to Harare,Zimbabwe 


 湯たんぽの添い寝とともにぐっすり睡眠の予定が、狭い小屋の中でいびきを奏でる白人が現れるという想定外のトラブル発生。
 寒さと騒音という思い出を胸に、早朝の便で空路ジンバブエの首都ハラレに向かいます。

 


 建設途中の空港は、援助をしている中国企業の看板がこれでもかとアピール。
 便数も少なく、客もまばら。自分の便が遅れてるとアナウンスされ、まぁアフリカですからと待つことに。しかし、、、、待てど暮らせどこない。ちょっと寝てみてもまだこない。トイレでお産してもまだまだ来ない。
 参りましたなぁ。今日はハラレでモザンビークビザ申請したり、マラウィ行きのバスを調べたりと予定がカツカツなんだけどなぁ。。。思いとは裏腹に弛緩しきった表情であごヒゲ撫でるおっさん。
 結局3時間半遅れで出発。こりゃ今日の予定は全キャンセルで暗くなる前に宿の確保するだけだね。ハラレの治安も良くないって言うし。
 眼下には赤茶色く何もない広い大地。そこにはアフリカ諸国の国境線のようにひたすらまっすぐ伸びる一本道がたまに現れては消えていく。


  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 陽も落ちてきた16:40ハラレ空港着。入国審査も済ませ、入国係官に街までの安い行き方(タクシーではなく公共バス)はないかと尋ねる。
 「コンボ(乗り合いバス?)があるけど、何処まで行くの?」そう問いかけられてガイドブックにある宿の住所を見せると、「あぁ、そこね。私んちの近くよ。17時にみんなで帰宅するから、それまで待てるんだったら私の車で乗せていってあげるわ。」と、これ以上ないスウィートなオファーが!
 もちろん二つ返事でお願い&お礼の投げキッス。何か飛行機遅れて良かったかも!?いつでも前向きに考えようとするおっさん。その方が楽しいしね。

 定時の17時前にフツーに仕事をあがってきた彼女たちを見た時には椅子からズリ落ちそうになったけど、空港から宿までドア・トゥ・ドアで到着。何かイイ風向き?ツイてるかも!?予定通りにはいかなかったけど、無事に宿まで来れたし。
 スーパーでの買出しを終え、真っ暗になった裏通りを早足で歩きながらそんことを思う。そういえばインドのカージュラホで、こんな真っ暗な道で足をくじいて1週間動けなくなったこともあったな、なんてこともついでに思い出しながら。

| Batswana | 03:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/292
トラックバック