CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Follow the Madame ! | main | お祭りだぁー! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Friday in Ellis Park without Michel

Fri.9.July.2010  電通Gala @ Johannesburg



挨拶をするブラッターFIFA会長。

 再度ダウンタウンのミニバスセンター体験をしながら急遽舞い戻ったヨハネスブルグ。
 それはこの「電通GALA」というスペシャルイベントに参加するため。
 ひょんなことから潜入できることになったけど、一介のプアトラベラーに過ぎないおっさんが、こんなスペシャル・セレ部イベントに参加できるチャンスは今後一生ないだろうなと思う。なんたって会場にはブラッターFIFA会長や、ミッシェル・プラティニUEFA会長までいるんスよ!原博美なんて携帯写メ撮ってるし!!いや〜、完全に場違いでドキがムネムネだったけど、ミッシェルには感無量ですわ。
 それにしても電通恐るべし。世界サッカー・FIFAへの根の張り様と、そこでの歴史と信頼と地位と名誉と富には底なしの力を感じずにはいられない。まさに敵なし。


  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 そんな偶然にも迷い込んだパーティ内、これまた偶然に日本戦のスタジアムで知り合ったサポに鉢合わせ(彼らは自らの旅を出版までしているので、たすきがけでパーティ参加)。そのサポから「パーティの途中なんだけど、これから中座してエリスパークでサッカーの試合するんだけど、一緒にどう?」なんて、飲みかけた赤ワインを鼻から噴出させるビッグオファーの提示が。
 「エ、エロスパークって我が代表が準々決勝で立つべきだった約束のスタジアムではないッスか...!」
 「ぃや、エリスパークなんだ...」と冷静になる相手をよそに、鼻から赤ワインを垂らしたまま口角泡を飛ばし前のめりになるおっさん。ミッシェルと同じ空気を吸っている快感は堪らんが、それ以上にエリスパークのピッチに立てるなんて、、、考えたらすぐにカウパー漏れ出した。何より、我が代表が立つ事が出来なかった場所、果たせなかった想いを代弁できるような気持ちに勝手になっていた。



 ミッシェルに背を向けエリスパークに到着した時、試合は残り3分程度で結局参加することはできなかった。
 でも、センター付近からドリブルして、走って、シュートして、ゴールして、ぐるりと見渡したスタンドには誰もいなかったけど、体の最果ての場所から細いパイプを一気に通り抜け湧き上がる何かとてつもないものがあった。
 幾重にも重なった偶然と出会いと決断の末辿り着いた場所とそこでの出来事。
 勿論何かを代弁できたなんて気にはならなかったけど、選手たちがアドレナリンを爆発させ、それを見る我らサポが歓喜に浸る特別な瞬間を空想してしまった。、そして、サッカーが好きで良かった、W杯に来れて良かったという幸せを心の底から感じずにはいられなかった。

| South Africa | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/288
トラックバック