CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 海抜3276m | main | 西蔵線を突破せよ! day1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
紳士と淑女、そしておっさん
 Sun.17.June.2007

 チベット自治区、チベット仏教の総本山ラサ。そこへ入るには入域証を取得し決められたルートで入ることになっている。公式には。
 しかし、旅人によっては公式ルートでは入れない者がいる。そういった旅人はどのようにラサを目指すか?彼らは中国人やチベット人に紛れなりすまし、ローカルバスの中ひたすら息を殺してラサを目指す。いわゆる闇バスである。
 それは4000m前後の峠を3泊4日ひたすらブッ飛ばし続ける過酷な旅。

 さらに、そこには様々な障害がある。
 まず、入域証を持たない外国人にはチケットを売ってくれない。どうにかチケットを購入したとしても、道中何ヵ所もの検問を潜り抜け、密告をされぬよう注意を払い続けなければならない。
 辿り着けるか否かは、その時の情勢や係官の気分次第という運による部分が多いのもまた、事実である。


 「まぁー行けんでしょ。」いつも通りの楽観主義ながらも、今回ばかりは何だか雲行きが怪しい。。。
 というのも、4月下旬にアメリカ人グループがエベレストにてチベット自治区独立要求、及び北京夏季五輪に反対する垂れ幕を掲げる行動を起こし、それに反応した中国政府は、以降自治区内を通行する外国人に対する検問強化をしてしまった。
 それによって、ついこないだもジャポネ&コーリアン特攻隊が闇バス侵入を試みるも玉砕してしまったらしい・・・・・全く、どうしてアメリカってーのは政府ばかりか市民までもが人の庭にズカズカと入ってまで「正義は我にあり!」みたいなことしちゃうかねぇ。だからヤツらは・・・まぁー今はそれを語るときではない。

 ウダウダ考えても仕方ない。この旅最後の大ミッション。そこがおっさんにとって約束の地であるならば行けるはず。そうでなければ、ただ手を振るだけ。むしろここは、目的地に辿り着くことよりも、その行程を大いに楽しんじゃった方が得な気がするし。



 オサレでイケメンなままでは検問で公安の餌食となってしまう。なので、ヒゲ顔ボッサボサ頭にヨレヨレジャケット&おやじポロシャツ(各300円)をまとい、チャイニーズともチベタンともとれないビミョーな変装で闇バスに乗り込む。


 デッテテ・デッテテ♪(MIPテーマソング)
 このミッション、まずはバスチケットを買わなきゃ始まらない。
 入域証?そんなモンあるわきゃない。どーするかって?フフフフフ・・・
 「ラサ逝きのバスチケットを僕の代わりに買ってください。」
 中国語で書かれたメモを握り締めバスターミナル内で測量開始。今回のターゲットはカワイ子ちゃんではなく人の良さそうなおじさん。
 色白痩せ型、んー何よりもおっさんと同じく目が優しそうだ。そんな紳士に「ニーハオ」とともにアタック開始。しばしメモを眺めた紳士は笑顔で頷き立ち上がった。
 「謝謝!シェーシェー!!」快諾してくれたことに泣き顔で感謝するおっさん。それじゃー、このお金で....ってあれ?
 いや、だから、おっさんがポンニチだってバレたらアウトなんだって・・・・そんな思いは通じなかったようで、紳士はズカズカとチケットカウンター前に立って「一緒に買ったげるアルよ」と優しい目で手招きしてる。。。あ、んや、だから・・・なんてオロオロしても仕方がない。もう流れに乗っちまえ。
 気持ちだけは中国人になりきって鉄格子越しにチケット係りのおばさんに向かい合う。チラリおっさんを見上げるおばさん。ドキドキするおっさん。そこに愛は・・・・・ない。
 目が合って永遠とも感じられた一瞬の後、おばさんの乾いた唇からは「メイヨー、メイヨー」・・・ではなく聞き慣れた一言が
 「How many ?」・・・はへ?
 英語・・ですか?
 中国では英語は通じない。世界一英語が通じない国かも知れない。そんなところで英語?しかも、それっておっさんが外人と認めた上でチケット売ってくれるってコトっすか??
 なんだか予期せぬ展開だけども本流に乗ってしまったようだ。調子に乗るのは得意なおっさん。図々しくも検問でも見つかりにくいと思われる最後列上段窓側の席まで要求しちゃう。

 紳士がセッティングしてくれたお見合いから数分後、手の中には確かにラサ行きのチケットが。淑女は丁寧に座席や出発日まで説明してくれるばかりか、おっさんが乗り込むバスの運転手さんまで紹介してくれた・・・。
 遠くの待合所には、さりげなくその場を離れ「よかったよかった」と頷く紳士。
 .....いいの?こんなに協力してもらって、こんなに簡単に買えちゃって・・・本当にいいの?買えちゃったの??行けちゃうのオレ?ねぇねぇ、いいの?ってか逝かしてくれーーーーーーー!!!
 この先まだまだ難関はあるだろうけど、まずは第一関門突破。なんだかすんごくワクワクしてきたかも。
| Tibet | 12:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:43 | - | - |
コメント
どうも、yoshiです!!


チべタンっすね〜♪

ダラムシャーラーですらのどかなでかなり良かったんで、
めちゃくちゃ行きたいスポットのひとつですよ〜!!

なので、
Hiroさんがエセ中国人として無事にチべタンに着くことを
祈ります!!!

写真、楽しみにしてま〜す〜〜
| yoshi | 2007/06/27 10:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/219
トラックバック