CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 裸足で一蹴一会 | main | モッテモテ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
国境の手前、気持ちの向こう
 Sat.26.May.2007

 ホーチミンから北上を続けたベトナムの旅も、中部に位置する古都フエで一度終了。ここから隣国ラオスへと入る。
 おっさんにとってのベトナム・・・正直なんだか刺激がなかった。。。何なんだろう。心ここにあらず?気持ちはすでに射程圏内に入った祖国へと行ってしまってるのか。はたまた、この旅のシメとなるイベントへと逝ってしまっているのか。。。考えたくはないが、ずっと気をつけているつもりであった長期旅行者の末期症状とも言える『異文化不感症』に、ついに冒され発症してしまっのたか・・・。

 もしかしたら思える外的要因もある。それはこの国の大発明品、オープンツアーバス。数店の旅行代理店が運営するこのバスは、南のホーチミンから北のハノイまでを(またはその逆を)格安で結び(ホーチミン−フエは$16前後)、途中都市で下車&好きなだけ滞在可能という気の利きよう。おまけに大抵はホテル前でピックアップしてくれるので、郊外にあるバスステーションを使わなければならないローカルバスよりよっぽど楽。ベトナムを1週間以上旅行する旅人の9割はお世話になるであろうマストアイテム(利用者の9割9分は旅行者だけど)。
 便利で安くて程々に快適・・・・なんだろう....このチケットを持っていればオートマチックに旅行が出来る。チケットを差し出してポンと乗り込み、ボーっとしてれば目的地。。。それは何か『旅してる感』が薄く、決められたルートに『乗せられてる感』の方が強い。
 今までの自分の足跡を振り返っても、決して秘境や未開の地を切り開いてきたわけではなく、ある意味何かをトレースしてきただけかもしれない。けれでも、このオープンツアーバスはそれ以上にトレースしている感が強く、それが刺激を奪う一因となっていたような気がする。・・・・・・・なんて、外に理由を求めちゃダメだよね。結局のところ自分次第なんだけどさ。


 ゲートを抜けるとそこはラオス。振り返ってはブツブツと一人語...
| Vietnam | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:36 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/209
トラックバック