CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 真昼間のダンディー | main | シワの数だけ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
タナカさん と その子さん
 Sat.28.April.2007


 木を粉状にすり潰し水に溶かして顔に塗るタナカ(地元民はタンナカーって言ってた)と呼ばれる日焼け止め。「なんかビミョー」「それカワイくないだろー」そんな印象だけど、部分的にだったり全体だったりと程度の差こそあれミャンマー☆レディーはほぼ例外なく塗っている。そして、ん?と思ったのが、なんと夜になってもこれを塗っているのだ。。。
 おっさんの中にフツフツと沸き上がる何とも言えぬ感情....拡声器をワキに抱え、「愛」の字眩しい鉢巻を頭に、気分は三島由紀夫(ナゼ?)で壇上からミャンマーの民に説く!「しょくーーーーん!!愛情とは何なのかぁー!?美とは何なのかーぁっ!?美とは男女結合ー!、子孫繁栄への呼び水となるものでありー、いつの時代も女性は美しさを追求するべきではないのかーーぁっ!!いつまでその白粉をつけているかー!せっくすの時だけその萎えさせるコーティングをとり、美しき素肌を露にすればいいのかーーーッ!!!!」
 なーんて鼻息荒く演説うったところで、ミャンマー人にとっては「はぁん?」なんだよね。だってタナカは日焼け止めであり、また、おしゃれメイクでもあるのだから。そう彼女たちにとってはコレが美なんです。よく見ると白く塗りたくるだけではなく、模様まで描いてたりするし。
 美的感覚なんて人や地域によって様々なのよね。タナカを「美しくない」と感じるのは日本人的感覚であって、彼女たちにとってそれはオサレであり美なのだ。そうだよね、逆に言って日本女性の耳ばかりか鼻や口にまで開けられたピアスの森を彼女たちは美しいとは感じないだろうしね(おっさんもだけど)。
 でもさー、それがオサレであり美であり身だしなみであるなら、やっぱ夜の営みの最中もそのメイク姿なん??そーいやー首長族とかも夜の営みの時も首輪付けっぱなしなん??・・・・ん〜なぞは深いぞ。
| Myanmar | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/202
トラックバック