CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Yellow Cab | main | マイアミ経由中米行き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
さむ!
5/9

いや〜、ヤツはやる!たとえ自らのバットから快音が聞かれず、チームが大敗(10点差?)しても、守備という見せ場は作りますわ。
誰かって?HIDEKI☆MATSUIっすよ。ついに会ってきましたよ。日本人たるものN.Y.に来たらヤンキースタジアムに行くのは当然のこと。そこに野球ファンか否かという疑念をはさむ余地はナシ。
入場ゲート前には元巨人軍エース槙原氏&取材クルー。おぉ、テレビで見るのと同じく優しそう。(に見えた)
背番号55のユニフォームを着た白人の子供を見て誇らしく思ったりする(なぜオレが?)、背番号55のユニフォームを着た女性を見ると親近感から逆ナンパしてくれないかと期待したりする(120%妄想)
先発はランディー・ジョンソン!おいおいおい、最高じゃねーか。わざわざ日本から来た王子を球団を挙げて万全の体制でもてなそうという心意気がビシバシと感じられるではないか。これは最高の日になりそうだ・・・しかし、そうはならず。ランディー思わぬ乱調でそうそうにK.O.。その後も流れを引き戻せぬまま点差が開くばかり。客の大部分は5回には撤収開始。セブンスイニング・ストレッチもあまり盛り上がらず。。。
まぁ要点はハッキリしている!点差以上に寒い!!ビシバシと風がもてなしてくれる。それにつきる。防寒対策万全で行くことをオススメしたいけど、この後、我がMATSUIは骨折で長期戦線離脱。(大泣)



スタジアム横のグラフィティ


スタジアムに入った瞬間はゾクゾクしたっすよ(田舎の高校球児風)



ヤンキースキャップを被っての観戦も結果はついてこず。
この後1塁側ベンチへ急接近。しかしMATSUIとは全く接点持てず(当たり前)

| New York | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/20
トラックバック