CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< サイラム! | main | 南下中 その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
南下中
 Sun.4.Mar.2007

 今回はインドを南下中に見つけたどうでもいいことをダラ〜っと紹介。


 インド男はみーんな噛みタバコをモゴモゴしてる。口ん中に涎をためこんで身振り手振りで何かを伝えてきたかと思うと「ピュペーーー!!」っと赤い液を吐き出すインド人。もちろん所構わず。「唾を吐かないように!」っていう立て札も。


 なんとも言えないジムのイラストはムンバイより。街中で見つけるイラストはかなりオモロイのが沢山ある。


 ムンバイの市バス。ナイキのナの字もなく、尻の方にビミョーに点々がついている。スポンサー契約?パチもん?どーでもいいや。


 道路標識。インド人ドライバーは1分毎にクラクションを鳴らしてる。マジで。


 インドでもコピーのことをゼロックスって呼ぶ。がんばれキャノン!


 「写真とってYOー!」みんな写りたガールだ。オヤジだけど。ヘタすると囲まれてきりがない。北部だと女性は撮られることを嫌がっていた印象があるけど、南部では喜んでくれる。みんな撮られることで大満足してくれる。なぜだろう?現像した写真として手元に残るわけでもないのに....モデルとなり一枚の写真の中に自分がいる。それだけで嬉しく、素直に喜んでくれてるんだろうか。


 いや〜暑い熱い。一日の終わりに水シャワーを浴びて腰掛けたベッドは電気毛布かってくらいに熱かった。マジで。
 結構南下したけど、どんだけ来たんよ?世界地図を広げてみると北緯10度線手前、去年の5月に行った中米ニカラグアとほぼ同じかそれ以南だ。そりゃー暑いわな。ナチュラルソックスにもなるわ。


 ついに見つけた!ナイスバッグ!!ありそうでなくて、伝説のままで終わってしまうのではなんて思ってた時にコレ見つけた時の感動といったら。この旅最大だったね。ウソだけど。


 旅をする醍醐味の一つに移動があると思う。だけど車窓からの風景を眺めていると、たまに「このままずーっと着かなきゃいいのに」って思うことがある。標識が目に入り、目的地までの距離が短くなっていくとブルーにさえなる。
 旅人として定住することはなく、動き続けることをある種生きる源としているのに、それがおっくになる。その街で見つけた宿、食堂、お気に入りの道、日々のルーティン....そういうのを離れて向かう次ぎの街。そこでまた一からそれを見つけ、作る作業。何も知らない街へ行き、それを見つけることが楽しくもあり、自らの活動と感じるが、その場所に降り立ち一歩を踏み出すまではおっくうに感じてしまう。このまま着かなければいいのに、と。
 住み慣れた地、安住と思い込む住み処、その立場から動けない動かない、その一歩が踏み出せないのもこんな想いからか。
| India | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/181
トラックバック