CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 続・足止め | main | ムニュっとね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
it's a small world !!
 Sun.18.Feb.2007

 人によって想像する地球の大きさは違うんだろうけど、実際はそれほど大きくなく、案外小さいモンである。期せずして同じ方向へ向かう旅人に数ヶ月ぶりに再会するなんてことはよくあること。しかし、こればっかりは...である。まさかこんな所で・・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 1泊のつもりが捻挫のおかげで11泊(ファック!)、完治には程遠いものの缶詰はもうコリゴリ、ここではない何処かへという想いだけで足を引きずりながらカジュラーホーを脱出しアーグラー経由でやってきたのは首都デリー。
 そんなデリーの巨大な地下バザールで見つけた、見覚えのあるスキンヘッド・・・・はん??あくせる?サン!?

 マジかよ、まじかよーーーっ!!何でなんでなんでぇ??「ノー、ノー、ノ〜〜〜!!」イッツ☆ミラクル!セロでも実現不可能なシチュエーションに死人を見合うような二人はしばしの混乱状態。国籍も棲み処も違う者が離れたインドの地下でバッタリ再会、そりゃパニックルーだわ。


 今回の旅、5月の1ヶ月間ばかりお世話になったN.Y.のアクセル。
 「奴はインドに行くと言ってたけど、11月の予定だったよなぁ」と思っていたが仕事の都合で今月になったらしい。アクセルの方もこのブログをチェックして、おっさんが既にインドからネパールに抜けて行ってたので、まさか戻ってきてるとは思ってなかった。
 これも怪我の功名か!?旅程ノビノビになっていたおっさんとデリー滞在一日のみのアクセル。偶然が重なり合った必然とはいえ世界は小さい!

            it'a a small world !!


 
 ひとしきり再会を不思議がった後、彼の泊まるホテルへ。ん?どこですかココは?天上界??
 ドアマンの横を抜けるとさりげなく焚かれた品のよい香が漂う広々とした総大理石のフロアー。フカフカのソファーに噴水....CHANELストアーまであるんかい!!トイレには備え付けのトイレットペーパーが....1個パクッてこうかなぁ。。。
 スゲースゲーと初めて文明に触れた土人のようにウロついてると、どこでどう間違い紛れ込んだか、こ汚いバックパックを背負った白人女性二人組みが入ってきた。オイオイオイ、君たちどう贔屓目で見たって場違いだよ.....って、彼女たちは鏡に映った自分だな。

 つい数日前までホットシャワーが出るだけで極楽気分だったおっさん。たとえ室内にアリが大量発生しネズミが天井を駆けようともだ。そんなおっさんの満足レベルを遥か超越した世界。らぐじゅありー。こんな世界があったなんて忘れてた。
 貧乏旅行者とツアー客しかこの世にいないと錯覚してたけど、それは感覚の麻痺。生息地域が違うだけで、この世には金持ち旅行者がいるのだーーー!(知ってるって)


 想像もつかない客室(スイート!?)にルームサービス。美味しいパスタにお酒...壺中の天とはまさにこのことか。インドにいることをすっかり忘れてしまう。


 しかしなんと不思議なめぐり逢わせか!こんなステキ出来事は他の誰かと共有したいと願うのが人ってモンでしょ?ってことで日本にいる共通の友人マサヨに電話しちゃう。
 あーだこーだとホロ酔い気分で語るおっさん二人に少しは共感してくれた彼女であったが、10分もすると酔っ払いのループ話に嫌気をさして一方的に電話を切りやがった!!(モチその後は電源OFFね)何たることかとビール片手に大笑いする日本時間午前4時。そんじゃーもう1本逝きますかぁ?ゴッチで〜す☆
| India | 00:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:40 | - | - |
コメント
偶然?まじですか??すごいね〜♪
旅先で偶然ばったり会うだなんて、相当すごい。
ご縁だね。すばらしい!!
| chami | 2007/02/23 12:47 PM |
アクセル経由でここの存在を知っていたのですが・・・・
初めて開いてみたら、あの悪夢の「今こっち何時だと思ってる!!の酔っ払い電話」のことが書いてあったので、言い訳をさせてもらいます。
「電話を切ったのではなく、切れた。しかも充電がマックスでなくなり、充電器をすぐに差し込んだけど、限界の限界だったので、電源が入ったのが、一時間後・・・」
二人のテンションは、憎たらしいほど、伝わってました。
特に、あなた!!
ひろくん!!
電話の後ろで、日本では、東京で会った時には聞いた事ないような、「ケタケタ!」の無垢な笑い声でしたね。
本当に奇跡であり、そして間違いなくあなた方二人は赤い糸でつながていると思いますよ!!


| masayo | 2007/02/23 5:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/177
トラックバック