CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< it's a small world !! | main | いってみよ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ムニュっとね
 Fri.23.Feb.2007

 インドで気になったことを写真とともに。ダラっとどうぞ。


 これはインドだけでなくネパールなんかもそうなんだけど、街を歩いていると「ハッパ、チョコ、ハシシ?」と決り文句のように耳元で囁かれる。そんなキモチいいことにハマってしまったドナルドくんT−シャツはポカラ@ネパール産。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 肌寒い夜は素肌が一番!牛や犬も同じです。@バラナシ





 ガンガーでの沐浴。インド兄ちゃんに石鹸借りて全身をゴッシゴシ!・・・インド兄ちゃんはアワアワなのに、おっさんはじぇんじぇん泡立たん・・・なぜ!?
 汚水も遺灰もウンチも流れるガンガー。しかし、ガイドブックによればガンガーのお浄め効果は科学的に実証されているらしい。蒸留水の中では24時間生きられるコレラ菌もガンガーの水の中では2時間で死滅するらしいのだ!・・・強力っすね・・・


 聖者として人々の尊敬を集めるサドゥーさん。彼らが病気の人に「ハッ!」っと手をかざすだけでその人はたちどころに元気になる。聖なる灰で体を白く塗るのはシヴァ神のように神聖な体になるため。彼らがチンコにひもを巻きつけて重たいものを持ち上げることが出来るのも、人にはないパワーがあるから。。。良い子のみんなは絶対マネしないように!!


 催し物のや結婚式があるとこんな感じで頭に電飾を掲げた集団が街を練り歩く。大音量で音楽をかけ、それとは全然違うリズムでタイコを叩き、またそれとも違うリズムでハンドスピーカーで歌を歌い、それぞれ勝手に踊りまくる。。。祭りですから。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 世界に誇るタージ・マハール!もちろん外人料金適用ポイント。入場料750Rs(約2000円)!!インドの物価を考えると、この価格設定は異常だぞ!(おっさんが泊まる宿は1泊100Rs)
 こっちは日々リクシャーやバナナ売りと5Rs、1Rsのせめぎあいをしてるのに「ハイ、750Rsね。えっ?ここまで来て見ないで帰っちゃうの?いいの?いいのかなぁ〜、損するよ?」って・・・文句タラタラながらも入場料を払ってしまう観光客の足元見やがって!!ちなみにインド人は入場料20Rs(約50円)....やってられっか。



 タージ・マハールにはモスクがある。イスラームは土足厳禁。例え今現在、宗教的意義を失った観光地とはいえ、モスクはモスク。
 このようにモスクへと上がる所にはわざわざ分かり易く「靴をお脱ぎください」とサインがあるのに白人観光客(しかも年配が多い!)はそんなの無視。「だってシューズカバーしてるし」と彼らは言うだろう。しかーし!そのシューズカバーが紙布ってーの?ウエットティッシュと変わらない素材だし、明らかに破けてるヤツもいる。オイ、そんなんでいいんか、カウボーイ?自分たちの聖地に置き換えて考えたりしないのかよ、セニョリータ?自分以外の宗教、文化を尊重しようなんて考えないんかよ?何のためにあんたらこんなトコロまで来てるん?毎年月単位の長期休暇とって海外旅行して何を学んでるん?ステータスか?そんなんだからアンタらいつも対立ばかりしてんだよ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 トルコから見かけるようになった手をつなぐ男たちはパキスタン、インド、ネパールとフツーに存在するようになった。この行為はあくまでも友情の証・・・だけど、肩に回された手を胸元でモジモジ☆イジイジするのはどうでしょう・・・・ねぇ。


 列車チケットを買うために並んでいると後ろの兄ちゃんがチンコを押し付けてくる。ムニュ。なんだよ!離れろYO!!ノー・モア・ホモダッチーズ、リメンバー・ザ・オメコ!なんて怒ったおっさんのほうが間違いであった。インドで並ぶときはピッタリと前後くっつくんです。小さな前習えすらナシ。
 写真はお祭りの無料カレーに並ぶ子供たちだからまだ許せるけど、いつもは男だらけでチンコを押し当て、押し付けられる世界・・・・うぅぅ。


 インド人が「あと5分」と言えば、それは1時間後。「3km先」と言えば15kmのことを指す。はじめは戸惑ったその時間と距離感覚も今じゃお手の物。
 こないだの出来事。渋滞にハまり全く身動きの取れなくなったバスの車内。イラ立つフランス人カップルが駅までの距離を聞くと周りの乗客は「3kmだよ」と即答。。。真に受け歩き出す仏カップルに線香1本。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 よく見かける絵...狂象病?


 カジュラーホーの寺院で本尊として祀られている高さ2.5mの巨大なリンガ(男根=シヴァ神のシンボル)。いまだに現役で礼拝されてます。


 インドのカラス。


 知らぬ間にナイキも手広くやってるようです。


 大ヒット☆インド映画「DHOOM:2」。マトリックスとミッション・インパッシブルを足してガンガーで割ってみました的内容。サリーをタンクトップに着替えても突然歌って踊る王道路線は変わらずに、2分に1回のツッ込み所満載映画!おっさんは大好きだゾ!
 それにしてもこんな美男美女はインドのどこに隠れてるの?? 
| India | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/175
トラックバック