CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< A Happy New Yeeaaaarrr !!! | main | ガンガー(前編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ちっちゃいゾ〜
 Sun.14.Jan.2007

 「象はいいよぉ〜、象は。なんたって目がカワイイ。目が。」
 本当に象の目はカワイイって思う?カワイイのか優しいのか、悲しいのか.....目は口よりなんちゃらって言うのは象もおんなじで、その時その時違うんだろうーな。

 ネパールの南にあるチトワン国立公園。象に乗ってジャングルを歩く、その名もエレファント・ライド・ツアー(それって当確、そのまんま)。日頃の行いが良ければサイに出くわし、人生悟ってればトラに遭遇できるらしいこのツアー、期待に鼻膨らませいざ出陣!気分はジャングルの王者たーちゃんだな(ムササビは出来ないけどね)。

 どうやら、おっさんは日々の徳を積み過ぎていたらしく、鹿やワニ、孔雀に青い鳥くらいしか見れなかったけど、朝もやの中、象にまたがり森を抜け川を渡るその時間だけでお腹一杯!これは本気で良かったゾー。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 近くの川で朝のお勤めを終えた象が水浴びをするってんで見に行ってみる。女の子座りして、背中の籠を降ろしてもらい、のっしのっしと川へと入っていくその動きは、往年の馬場社長よろしく、ミョーにゆったりなせいか、なんかダルそーな後ろ姿。川へ入ってもどこか緩慢な動きで、明らかに「めんどクセーぞー、ぱお〜ん」って感じ。まぁ観光客にしたら、それも象っぽくていいんだけど、主人の象使いは「もっと派手なアクションしくされー!」と鞭を振り上げ威嚇して、象も仕方無しにザパーンとやる。
 なんだかなぁ・・・なんて見てたら、あまりにも緩慢な動きだったのか、はたまた象使いの虫の居所が悪かったのか、象の耳にバチコーン!とおもっくそ石が投げつけられる。。。しーーーん・・・ドン引の観光客。お互い言葉も通じず目も合わせないけど、頭の上にはフワフワと「そんなんまでして見たいんじゃないよぉー...」という大きな吹き出しがその場に一つ浮かんでる。自然に水の中でくつろいでる象を見るだけでいいんだけどなぁ。とも。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 ところ変わって、ここは小象と戯れられるエレファント・ブリージング・センター。こやつはまだまだ赤ちゃん象のクセに、頭部は和田勉みたいにピヨピヨと毛が生えている(しかも結構固い)。そのかわいいんだかモッさいんだか分からない妙なアンバランス感がまた愛しい。ポスト☆あんがーるず、「モさかわいい」とか言って今年流行るかもな。(予言 by えはらさん)

 遊びたい盛りのやんちゃモンは頭突きをしてきたり、弱点と思われる横に回り込んでも、短い足を振り上げてきたりする(このケリがおもろい)。小さいとはいえパワフル、日本製重機みたいだな。じゃれてきているのか、攻撃しているのかはビミョーなんだけど、前者と理解して相手をしちゃる。こっちも負けないゾ〜。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 「ご飯もちゃんと食べなさい!」人の子がそう言われるように、この子もまた主食の草よりも観光客の与えるお菓子の方がたまらなく好物なようで、あっちへ行っては鼻を伸ばし、こっちへ行ってはクンクンしている。
 そんな彼が鼻を伸ばした先には誰かが捨てたお菓子のビニール袋。「それは違うよー」と微笑ましく象を眺めるノホホンな空気は、彼の次の行動により一瞬にして凍り付いてしまった・・・そうなんです、お菓子の匂いに誘われて、そのビニール袋を口の中へ.....ペロリ。。。あっ。一同笑顔のデスマスク。
 ・・・・オイオイオイ。オイって!日本でなら「子象ビニール袋をペロリんこ!犯人はどこの小僧だ!?」なんつって大問題だゾ。そんで、調子に乗って「ビニール袋食べるとダイエットにいいんです」なんつって捏造情報テレビで流して苦情が殺到したりして・・・って、そんなことじゃないって。脱線納豆。
 とにかく子象がビニール袋を食べてしまったのよ。そりゃ大変なことで、オロオロするその場の空気を全く読まず、子象は優しい(そう見えた)目で「ん?どうしたの?おやつちようだいゾー」と無邪気に振る舞う。ちなみに飼育係りは放置プレー、どこにもいやしねー。

 この国でも人々は辺り構わずゴミを捨てちゃう。街中も道路沿いも草むらもゴミだらけ。
 ある時なんか、飲み終わったプラスチックのチャイカップを持ってた子供に母親が「何やってんの、そんなモン早く捨てなさい!」と言って一喝ポイ捨て教育してた。しかも車内ね。それが日常。
 そんなネパリーは子象がビニール袋食べちゃうの見てどう思ったんかな・・・「あららぁ」で終わりかな。それとも....

 そういう日本も人のコト言えないし。「タバコくらいの小さなゴミなら....」てボンボン捨てるし、お金がかかるからって産廃だって不法投棄。ついでに、車が汚れるからと車内の灰皿やごみ箱を使わずに車外へゴミを捨てるドライバーは最悪だ。アホか。
 ゴミをゴミとして処理しないでいると結局損をするのは自分たちなワケだし、こうやって現実に子象が食べてしまったり、それが自分の赤ちゃんだったらって想像するだけでもだいぶ心の持ちよう、考え方が違ってくると思う。
 もちろんおっさんにも、誰にでもあるちょっとしたゴミに関する覚え。大袈裟ことでもムリなことでもなく、常識の範囲内、手の届くところをほんのちょっと気を付けるだけ。そんな一歩もいいんじゃないの。
| Nepal | 23:54 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |
コメント
象さんかわいいねえ、王子象さんと遊んでるねえ。と子供と一緒に写真だけでブログを楽しんでいました。いつの間にかネパールにいたのね。こちらはとっても雪が少なく、ボードもいまいちよ。子供とビラオでそりすべりが楽しいあづかあさんでした。
| momiji | 2007/02/02 6:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/168
トラックバック