CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< いつかの少年 | main | 着の身着のまま寝ちゃうよのね。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
それねぇー・・・
 Thu.23.Nov.2006


 ターミナルから専用バスで向かった先に見えてきたもの......ででーん!!Palistan Air Force と書かれた迷彩色の軍用機!!今回これに乗り込むんですよ〜〜〜、ヘヘヘ「今日だけはマーベリックって呼んでくれ」(バカ)。
 パキスタンの一部国内路線ではこんなものが使われているんですねー、日本もこれくらいやってもいいんっじゃない!?そうそう、思い切って国際線、ん〜成田ーモスクワ間なんかどう??スコーンと空軍機(軍って呼んじゃダメ?)飛ばして、そんで北朝鮮上空で「あ、いっけねぇ」ってポロリと....(全然冗談ですよ、じょーだん)

 チケットには座席指定番号があったんだけど、実際の機内は映画なんかで見るパラシュート部隊が乗り込むアレそのまんま。
 シートはロープシートで(座席番号なんかあるはずがない)小さな丸窓が上方にポツリとあるのみ。クジラの口ようにアングリと開けられた後方部からは大量の物資が積み込まれていく。おぁぉー、テンション上がるぜよ。
 離陸後は「行って帰って来い」のアトラクション☆ワールド。着陸なんかもちろんせず、乗客はパラシュート背負わされて高度7000mから放り出されるんですね〜。希望者は股間をすり合わせての「男だらけのタンデム祭り」ってーのが....(全然冗談ですよ、じょーだん)
 まぁ、一番ビックリしたのは機内食があったことなんだけどね(コレほんと)。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 パキスタンではクリケットがメジャースポーツ(ちなみにポロはパキスタン北部が発祥の地らしい)。それ、打ったらボールは谷底だろーっていう崖っぷちだろうが、交通量激しい道路脇だろうが、未来の弟を仕込み中の両親の前だろうが(ソレはない)、ほんと、いつでも、どこでも、だれとでも。


 そんなクリケットを観戦する人々(といってもイスラム度が比較的高いこのパキスタンでは女性は家にこもり街には男性の姿がほとんどなんだけど)。
 彼らはグラウンドばかりではなく道端でダベる時だろうが、レストランで食事する時だろうが、陰で手淫する時だろうが(ソレは秘密)とにかくウンコ座りをする。
 道端にずらりと並ぶ男だらけのウンコ座り集団には、誰もが初め戸惑う(と思う)。
 ちなみに彼らは「座りション」なのよね(どーでもいいよぉ)。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 コピー屋がゼロックスと呼ばれる国があるように、パキスタン一部地域ではこのように”SUZUKI”の軽トラに幌を張って飾り立てものが、そのまま「スズキ」という名の乗り合いタクシーとして大活躍している。定員30名以下!行ってみよ〜(byちょーさん)


 ”TYPE R”は優良規格の証!軽自動車だろうがワゴン車だろうが、窓が割れてようがタイヤがなかろうが関係なし。


 ○○工務店や○○町デイサービスセンター...車体塗装がそのままの日本車を沢山見かける。元オーナーが異国の地で未だに自社宣伝活動に励む元愛車に再会したら、南極物語ばりに感動すんだろーな。それ見て感動する貴方の南極2号もここで大活躍中!!(なんちゃって)
 そういえばこの国、元大英帝国統治下にあったからか基本的には左側通行だなぁ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



 HUGO BOSS のタグにDIESELの値札という夢のコラボレーション!そして、U.S. Army とユニオンジャックという史上最強タッグ!!
 パキスタン・アパレル業界はドリーミング★ワールド!!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 なぜか屋台の前で鳥をシメさばくおっさん。首はねて生血をすすって、生肉を喰らう....サイコーだぜぇ〜。


 駄菓子屋で見つけた本気かウソか解らないキャンディー。ちなみに味はサイアク。
 早い者勝ち3名様にプレゼント!!(いらねぇ)
| Pakistan | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:39 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/155
トラックバック