CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< カフカスのそら | main | 想像と現実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
24時間バスの旅
 Thu.2.Nov.2006

 10時イエレバン発テヘラン行のバス。テヘラン、そう次なる目的地はイラン
 トルコもカフカスもヨーロッパ地域の匂いがあったけど、ここからは全く違う世界を期待して胸が高鳴る。そこはアジアなん?中東なん??ここまでテンションあがるのは久しぶりだぞー。

 遠足の小学生のようにワクワクしながら発車を待つ車内、そこに現れたのはごっつくて眉毛が繋がってるイランのおっさん(実は結構若い?)
 あんにゃ??どっかで見たことある服着て・・・ってオイ!その濃い胸毛の上、直球ド真ん中に刺繍された「中」の字って、我が大日本帝国中等部、可憐な乙女のセーラー服じゃん!!どこルートで手に入れたんだよそれー?日本国民がノン気に茶すすってる間に世界規模のブルセラネットワークでもできてんのかよ!?我が祖国の大地、白昼堂々これやったら・・・うぅ恐ろしいぃぃ。。。
 丹波哲郎がインターナショナルプレイボーイならあんたインターナショナルコスプレイボーイだわ。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 深く切り立った山々を登っては下り、また登っては下る。本当にいくつもの山々を越えていく。薄暗い空、冷たそうな空気に寂しく寒そうな木々。イッポリトフ・イワーノフ「コーカサスの風景」を聞いたときにヴィジュアル化された風景のデジャヴ。アミノ酸取んなきゃね。

 すぐ目の前、少し高い目線の先には雪をかぶった山々。スノボーしたいなぁ、北海道はもう少しでシーズンインだよなぁ、今年は雪多いのかな?雪質は?遠征すんなら・・・なんて考えてしまう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 アルメニア・ボーダー、イラン・ボーダーともにタラタラと仕事(計3時間!)しながらも無事出入国完了!ついに初の中東イン!!
 月明かりに浮かぶ山々、時々見える街明かり。おっさん意味もなく一人アラビアンナイト気分。しばらく走るとバスは検問所で止められる。
 乗客中唯一の東洋人にのみパスポート提示を求める軍服ベレー帽に口髭、そのまんま・こってこておじさんの中東入国気分を盛り上げるナイスな演出。いいーネ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 深夜、強制的にバスを降ろされドライヴィインへ。出入国手続き(だから3時間!)があまりに長かったんでハンバーガー作って喰ったモンだから(ココだけの話イラン側でハム食べちゃった!キャ、内密!)、たいした腹も減っておらず(イラン通貨もないし)ボーっとテレビを眺めている。
 そんなおっさんに「こっちでコレでも食べなさい」とご飯を奢ってくれる大沢親分&コニタン似のおじさん達。おぉ早速旅人に優しいイスラームの洗礼だぁ。
 なんかイイことありそうな11月@イランボーダー。
| Armenia | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/146
トラックバック