CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 宿ニテ | main | 目にしたもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
タキールとエミール、あとは・・・忘れた
 Wed.25.Oct.2006

 「バクー、バクー、バクー!」朝7時、ハゲ乗務員オヤジの声で起こされる。この上なく気持ち悪い目覚まし。
 車窓に映る朝焼け前のカスピ海。暗闇の中、何十基もの原油採掘機が浮かび上がるさまは異様。それは地球という母なる大地に吸い付く蚊のようにも見える。そこから掘り出された水や原油が大きな沼となり、朽ちた電柱や廃棄物の数々が沈む。今まで見たことのない風景と感じたことのない感覚。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



 イルハム・アリエフ大統領の写真は街中に見られる。何かを指差してたり、誰か偉そうな人と談笑してたり、電話してたり・・・ビバ★国威発揚!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 臨海公園の写真屋さん。こんな感じでカワイイベンチとカワイイぬいぐるみと一緒に撮ってくれます。

 とある博物館内にあったアゼルバイジャン伝統人形。伝統的にはアリで・・・

 夕焼けのカスピ海。世界一大きな湖は油臭かった・・・

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 イスラムの国だと思っていたアゼルバイジャン。しかし、実際に訪れてみるとそんなことはまるでなかった。
 臨海公園ではカスピ海をバックにカップルが日中から抱き合いちゅぱつき、街中にはスカーフをした女性は片手で数えられるほど。イスラーム伝統の黒衣に身を包んだ女性なんて・・・いたかな?
 イスラームが社会に及ぼす影響が薄いと感じられたトルコよりもさらにゆるいと感じ。イメージだけではダメなのねん。
| Azerbaijan | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/140
トラックバック