CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 明日は我が身 | main | タカ&ユージ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
どどーんと3つ!
 Mon.16.Oct.2006

 東西文明の接点にあるトルコには幾多の文明の跡が残されている。そんなトルコを攻めています!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

エフェス遺跡
 地中海岸の古代都市遺跡エフェス。


 おじさんが腰掛けているのは古代の公衆トイレ。


 図書館に大劇場、古代広告と興味深いものが多々あるんだけど、それ以上に目に付いたのは敷地内に無数に落ちているタバコの吸殻。本当に至るところ、これでもかってくらいに落ちている。
 結構お高い入場料取ってるんだから、遺跡の発掘や保存、修復と大変だろうけど掃除にも少し予算を回してもらいたいなぁ。

 トルコは今、EUに加盟しようと必死に政治経済面の向上に努めている。だけど、こういうのを見ると、彼らのモラルや社会的意識が気になってしまう。アンカラのモダンショッピングビル内でも平気で喫煙してその辺にポイ捨てする(室内ですよ室内!)、そんな光景も目の当たりにしたし。。。
 まぁ、ポイ捨てやモラルに関しては日本人も他人の事いえないけどさ。でも、そんな日本人から見ても目に余るなぁ。



 既に「オレ角度」を身に着けている末恐ろしい少年@セルチュクのオトガル。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

パムッカレ

 トルコ語で「綿(パムッカ)の城(レ)」という意味らしい。綿のように白い石灰棚だからなんだって(パムッカレ大学の先生が言ってた)。
 白く輝く石灰棚はベルガモン王国やローマ時代の遺跡とともに世界遺産です。



 快晴の中歩く白の世界、そして、そこに浮かぶ透き通るように青いプール。その美しさにおっさんのテンションは上がり、それに比例するかのごとく気温も上がる。真っ青な”SUOMI”T−シャツは直射日光のみならず白の世界すべての照り返しを吸収する・・・背中が焼けるように熱ちーよぅッ!


 敷地内のレストハウスでオーダーしたビールと簡単なチーズバーガー。これで8リラ(¥640)!!いくらなんでもやり過ぎでしょうぉぉ。。。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サフランボル

 トルコ語で「サフラン(<フラン)がいっぱい(ボル)」という意味らしい。その昔サフランの花が群生していたからなんだって。(これもパムッカレ大学の先生が言ってた)。
 土壁に木の窓枠、そんな昔ながらの木造家屋が軒を連ねる情緒あふれる町並みは、もちろん世界遺産。ゆくーりと散策。
 

>

 お土産街のおじさん。「タマーム、たまーむ」

 小学生に手招きされ連れて行かれたのは校庭。そこで「イナモート」とサッカーやバレーボールの相手をさせられる。なかなか離してもらえず結局バスを逃すハメに(笑)。かなり楽しんだけどね。
| Turkey | 03:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://o-dokomademo.jugem.jp/trackback/134
トラックバック