CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
パタゴニアのバス

Tue.07.Dec.2010 @way to El Calafate, Argentina

 ウシュアイア発エル・カラファテ行き。
 早朝4時に宿を出るため、寝ずに夜を明かす一行(おっさんは途中でうっつぷしたけど)。
 南アメリカ大陸西側を下り最南端のウシュアイアまで辿り着いた今、東側を北上していく。これから目指すはエクアドルの首都キト。南米編も折り返しだ。

 途中チリ国境をまたぎながら北上するバス。寝てないこともあり、車内で爆睡するおっさん。途中2・3度目を覚ましたけど、その度に車窓には何処もでも変わらずにパンパが続いていた。



 マゼラン海峡を越えるため、バスのまま船に乗り込む。(写真撮影:ツカサ隊長)

 とてつもなく風が強い甲板から海を眺めていると、野生のペンギンやシャチが弾丸のような猛スピードで泳いでいくのが見えた。怖いくらいに逞しかった。


 車窓の風景はずっと変わらない長い長いバスの旅。何もない、360度見渡すかぎりのパンパが続く道ながら、アフリカのバスで延々と森を見つめ続けていた時のような飽きはこない。
 どうしても来たかったパタゴニアと目的地を目指していたアフリカ。それはモチベーションの違いだろうか。




22時を回るとマジックモーメントが始まる。刻々と変わるその風景に釘付け。
 途中2時間程スタックしたこともあり、深夜1時にエル・カラファテに到着。ジャケットを着込んで宿を探し、何軒か断られた後にやっと見つけた宿は、シーツみたいに薄いブランケットが1枚あるだけの、隙間風がある宿だった。でも、自分のシュラフに入れば暖かかった。暖かいというだけで人は少しだけでも嬉しくなれるものだ。そして僕は、シュラフのツルツルとした感触は嫌いじゃない。
 今日は道中のバス停で小さなピザを1枚食べただけだったけど、もう何も食べなくても良かった。すぐに眠りたかったから。

| Argentina | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
南極弐号とどこまでも

Mon.06.Dec.2011 @Ushuaia, Argentina


ウシュアイアのシティ・インフォメーションは誰でもウエルカム。ノラくんだって・・・、いや彼は違うらしい。
 インフォメーションで色々と情報収集をして(と言っても、結局は宿にある情報ノートが一番役立つのだが)、ウシュアイア最大のミッションに取り掛かる。
 最大のミッション,,,,それは本当の最果ての地「南極」へと上陸することである。
 ここウシュアイアからは定期的に南極上陸船が出港している。それには、上はドレスコードありの豪華船から下は移動式安宿まで幾つかランクがあるのだが、今回だけ、今回ばかりは最低ランクの船を選ぼうと試みる(ドレスコードありでもいいのだが、今回だけ!)。


脱獄囚に大切なカメラを奪われそうになってしまうゾ!
 ブエノスから3250kmも離れた最果ての地ウシュアイア。かつてここには流刑囚が送られ、町造りや鉄道建設作業を行った過去を持つ。今はその博物館が建つばかりだが。


 何軒か旅行代理店を回り、船を探す、、、が・・・・おっさんが希望する船は昨日出港してしまっていた!ガッテム!!10日程待てば帰港してくるらしいのだが.....そんなに待てるほど余裕ないんだよね。
 仕方ない。今回は「呼ばれてない」ということだろう。また次回、、、必ず呼ばれるはずだ。


日本人宿といえばシェア飯ですわな。今夜はお好み焼きでー♪
 南極への道が閉ざされた今、この町に残る理由は何もない。砂を噛み諸行無常の鐘を聞きながら、今夜は持参した南極弐号に慰めて貰おう。
 昨日「斜めの木」へ一緒に行った旅人達はみな、明日早朝のバスでペリト・モレノ氷河のある町、エル・カラファテに向かうという・・・ハイハイハイ!!僕、便乗しまーすっ!


ウシュアイアの上野山荘名物五右衛門風呂。やっぱ「うやぁ〜〜」って声上げながら入んなきゃね。
久しぶりに湯に浸かり、旅の疲れを癒しつつも南極弐号のために入念洗浄。いや〜、アカすり行きたいぃぃ〜〜。

| Argentina | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
時間ギリギリ斜めの木

Sun.05.Dec.2010 @Ushuaia, Argentina


木の温もりが感じられるウシュアイア空港は、どことなく地元の中標津空港を思い出させ嬉しくなる。
 8時、ブエノス発ウシュアイア行き。その飛距離3250km。6時間弱のフライトで世界最南端の町ウシュアイアへ。国内線で6時間って・・・やっぱアルゼンチンは広いのね。
 ウシュアイアに近づくと、眼下には雪を頂いた山々が続いている。憧れたパタゴニア。最近国境越えでもテンション上がらなかったけど、窓ガラスに額をくっつけながら、久しぶりにワクワク・ニヤニヤしてくる。
 機体は2回ほどウシュアイア上空で旋回してから、優しくランディング。旋回中の機上から見下ろすウシュアイアの町は、想像していたよりもはるかに大きかった。
 「fin del mundo(世界の果て)」と銘打たれたウシュアイア。そして、ここから更なる果てへ行こうと企むおっさん。。。
 空港から市内へと移動し、そこから宿へと向かうバスを待っている間の天気は晴れ。雪の上を抜けてきた心地よい風が笑顔にさせてくれる。頂が白い山に囲まれた景色は気持ち良く、これからここで過ごす日々や訪れる場所、そして最大の目的である南極への想いがポジティブに募っていく。


 他のハポネスパッカーに漏れず、ウシュアイアの名物日本人宿「上野山荘」へと転がり込むおっさん。そこではブエノスで再会した南アW杯戦士のユウタくんと再々会。彼と他の旅人はレンタカーでハポネスパッカー定番スポット「斜めの木」まで行くという。
 「僕も混ぜて。。。」言わずとも、そんなオーラをモジモジしながら発するおっさんに、「一緒にどうですか?」と声をかけてくれる優しき旅人たち。
 23時頃まで明るい最南端。片道2時間の旅なんで、ヨユーを持って20時に出発。


 セダン車に搭乗できるのは5人まで(日本もだけど)。途中ポリスチェックなんかもあるんで、定員オーバーだったりする時は注意が必要です(罰金100USD)。


 自転車の飛び出しにも気をつけましょう。


 余裕を持ってまだまだ明るい20時に出発したのに、バカ話に花を咲かせているうちに道に迷ってしまい、日が暮れてきてしまう・・・明るいうちに辿り着けるのか、何だか微妙になってくる。。。


 おぉ!あーだこーだと言いながらも、何とかギリギリ辿り着いた斜めの木。なんか知床にも似たような木が・・・


 ホント、日が落ちるギリギリの到着だったんで・・・


 車のライト点けなきゃ撮影不可能になってしまった。
宿に帰ってから出発前に仕込んでおいた鍋を食べ、ビールを飲む。日本人の旅人と盛り上がり、テンション高く過ごしたのは久しぶりだった・・・メキシコ....いや、ダハブ以来か。

| Argentina | 14:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
タンゴってスゴイね。

Fri.03.Dec.2010 @Buenos Aires, Argentina


 ボンボネーラ・ツアーを終え、夜は情熱のタンゴダンサーのフェロモンに誘われるがまま、うらぶれたカフェへと入り込むおっさん3人組。
 暗がりの中佇む男女二人。音楽が流れ出すと同時に激しく求め合う彼ら。。。
 「タンゴってスゲー・・・」口をあんぐり開けて驚愕するおっさん。昼間にボカで見たタンゴは、何だかポーズをとってるだけくらいのモンだったんである。今、目の前で踏まれるステップは全くの別物。情熱ほとばしり、大人の魅惑に溢れた空間であり、あっちのグルーヴにドッぷり浸かりきった頭でいきなりコレ見たら卒倒したであろうくらい衝撃的なビートである。
 とにかく、四の五の言わずに一回観て欲しい。あんぐり口を開けた後に拍手喝采する自分がいること必至である。


 ダンサーの後にはスリーピースバンドの演奏。コチラも大人のかほりプンプンである。


ブエノスでは一見高級そうに見える小奇麗なレストランでも、リラックスしてワインが飲めるほど安かったりする。おっさん3人話しを彩るは、チーズの盛り合わせとカラマリ・フリットにレモン&タルタルソース添え。
 僕らが持っていたチケットは時間が決められていることを知らずに、その時間ギリギリに入店してしまったため、あまり長い時間は観られなかったけど、それでも満足してしまうくらいに予想を覆してくれる内容だったタンゴショー。
 ショーの後は、メイヨーのたつ・けいすけさんのオモシロ人生話を肴にワインを傾けるおっさん。彼らとはここでお別れだけど、また日本で再会し、沢山の話を聞きたいものだ。
 ブエノスへ入る前、西表系webデザイナーでブエノス在住経験のあるカオリさんには「不思議な魅力のある街なので長居して楽しんで」とアドバイスを頂いた。短時間でもそれを感じる事のできるような街だけど、アドバイス通りもっともっと長居して色々な面を見たい・・・がしかし、残念なことに先に進まなければ時間がない今回の旅。またゆっくりとここの空気を吸いにこよう。
 明後日には世界最南端の町、ウシュアイアへ飛びます。

| Argentina | 04:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワインとボンボネーラ

Fri.03.Dec.2010 @Buenos Aires, Argentina


 ディエゴが愛し、マラドーナが愛された街ボカ。そしておっさんが憧れた街ボカ。
 チャイナ紛いのたっちゃん(メイヨーのたつ)と、宿で知り合ったけいすけさんの3人で散策してみます。


 かつて船乗りの町として栄えたボカ地区。その中にあるカミニート(小径)は、道に並ぶ家々の壁やテラスがカラフルに塗り分けられていて、観光客の目を楽しませてくれる。
 晴れ渡った気持ちのよい午後の始まり。まずはここで,,,,


 アルゼンチン名物アサードと赤ワインに舌鼓を打つ。
 「んまぁい!幸せだよね。モグモグ・・・」なんて超観光地のクセに、以外に良心価格なオープンカフェでアサードを頬張りながら、美味しいワインと青空の最強タッグに昇天させられるおっさん3人組。

観光地のオープンカフェは軽いタンゴショーまでついている。
 ワインを1本空けて、興が乗ってくると・・・


 ステップを踏みたくなってくるんもんです。


 そんな、浮かれポンチなおっさん達を尻目に、明日のスターを夢見てボールを追う少年達。彼らが夢見る舞台、それは・・・・


 ここボカにある世界屈指のサッカーチーム、ボカジュニアーズのホームスタジアム・ボンボネーラ。
 おっさんも恋焦がれたこのスタジアムにくることが出来て、感無量。


 スタジアム内にあるオフィシャル・ユーズの台には謎の漢字が。。。素で間違ってるのかわざとなのか・・・めんどくさいから突っ込まないけど。


 スタジアム内オフィシャルショップのスタッフはみんなカワユス。。。おっさんもチーカスの営業トークに、だらしない顔して思わず首を縦に振りそうになってしまったりして。


 そんなバカなおっさんは視界の外に置き、明日の夢舞台目指して一心不乱にボールを追いかける少年達。
 やっぱ、勝てないわな。

ストリートはアルゼンチンサッカーの源です。


 そして、彼は神になりました。。。

| Argentina | 03:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブエノスでの再会

Wed.01.Dec.2010 @Buenos Aires, Argentina


イグアス発ブエノスアイレス行き。コレが予定は未定な長旅になるとは。。。

 イグアスからブエノスアイレスへ出発する朝、同室だったスペイン人が、ブエノスの話を色々聞かせてくれる。
 北上する彼、南下するおっさん。こうしてすれ違う旅人同士が一期一会の名の下にお互いの情報交換をするのは、日常の光景。
 彼はブエノスの下町ボカ地区を散策していて、「まぁ人もいるから」と午後の陽気に誘われるがまま、ほんの2本裏通りに入ったとたん、男に拳銃を頭に突きつけられ、パスポート以外全て盗られてしまったらしい。。。ケチャップだとか首絞めだとか、あの手この手で旅行者が狙われる街ブエノス。おっさんもここでもう一度気を引き締め直さねばね。
 ちなみに彼、4ヶ月南米南部を旅しているらしいが、荷物は20L程度のデイバッグ1つと超軽量。しかも、そのバッグ内に登山用の上着と、ゴツゴツしたトレッキングシューズが入っている・・・それ以上何も入らないようにも思えるのだが、、、着替えとかは・・・?最近の小型ザックは四次元と繋がっているのかも知れん。
 

この日も機上で葉書を書くおっさん。各地からの手紙はいいものです。

 出発直前に宿でパソコンを開くと、イグアスからブエノスアイレスまでのフライトを予約したサイトから緊急メールがきている。何やら今日のフライトがキャンセルになり、代替を用意するとかなんとか・・・オイオイ、いきなりだなぁ。これオレがPC開かなかったらどうなってたんだよ、全く。
 とりあえずスカイプでイギリスのエージェントに電話。対応してくれたのは優しいおばちゃん。マダムが言うには、今日のフライトはキャンセルで、明日のフライトになるらしい。いやいや、今日中にモンテビデオにいかなきゃならないんだ、おっさんは。
 マダムにありったけの熱意を伝え、何とかフライトアレンジをしてもらい、リアレンジしたスケジュールすぐにをメール転送してもらい、空港へと急ぐ。
 電波不安定な場所でのスカイプ、しかも100円ヘッドセット使ってるからというのもあるが、とにかく聞き取りにくく大変だった。ほんの少しでも英語が喋れて本当に良かったと思った。(その分スペイン語が全くダメで苦労しているのだが・・・)


 上空から見たブエノスアイレスはとんでもない面積を持つメガシティで、「何か」を感じさせるオーラに、心のインポテンツ気味だったおっさんもちょとワクワクした。
 ここからすぐに乗り継いで、モンテビデオへ飛ぶ予定だったけど、、、まぁ結論から言うと行けなかった。
 航空会社の人と色々やりとり取りして、色んなトコに確認しまくって、最終的にはおっさんが朝エージェントから受け取ったスケジュールは、飛行機に乗っている間に再々スケジューリングされて、明日の朝のフライトになっていた。しかも、早朝のフライト!・・・・はぁ、もう疲れた。
  可哀想な小イタチのように背中を丸めるおっさんを見かねた航空会社のボスは、明日早朝のチケットを今チェックインして、明日は搭乗手続きなしで乗れるように取り計らってくれる。グラッシアス。そんな優しさが、今は心に沁みるのです。
 チェックイン事務作業を小太りのねーちゃんがしてくれたのだが、優しさの塊に見えた。全くタイプではないが、食事を一緒にしてもいいと思った。これが心の隙というものか。


片側最大7車線と世界一の道幅を誇るブエノスアイレスの7月9日大通り。機上・車窓から見たブエノスアイレスは色々なモノが詰まったおもちゃ箱のようなワクワク感をくれる街だった。

 航空会社にホテルを用意しろとか色々とゴネても良かったんだけど、市バスに乗って安宿へと向かった。なぜなら、そこにはエジプトはダハブで時間を共有したチャイナ紛いの友人がいるハズだったから。確か彼のスケジュールでは今日ブエノスに来てるハズだったから。
 果たして狙い通り彼と再会!その後の旅エピソードや何やらかんやらと、楽しい時間だった。思えば、久しぶりに日本語を沢山喋った気がする。
 そして、ここでは偶然にも南アフリカで共に戦ったイーストゲート組みW杯戦士にも再会するのであった。
 中南米編も中盤。ブエノスという街の雰囲気や再会が、久しぶりにおっさんを前のめりな気持ちにさせてくれる。飛行機が思い通りに飛ばなくてイライラしたりしたけど、今日はブエノスにスタックで良かったのかもね。

| Argentina | 23:58 | comments(3) | trackbacks(0) |
オレは滝好きなのか・・・!?

Tue.30.Nov.2010@ Iguazu, Brazil, Paraguay, Argentina

 サンパウロから夜行バスでイグアスの滝へと向かう。
 ブラジルの長距離バス車内では、本を読んだり何かの資料に目を通しているような人が多い。流石ブラジル、南米の先進国。
 というのも、他の中南米諸国だと、ボーっとしてるか、寝てるか、喋り倒してるか、携帯電話にダウンロードした曲をヘッドフォンなしで、周囲に「どうだ、オレこの曲持ってんだぜ、聞かせてやるよ」と言わんばかりのアディテュードで、騒音をガンガンにかけているくらいだったもんな。しかも、夜中過ぎても爆音は流れ続けていたり。。。
 そんな騒音に関してはアフリカも同じだったけど、それらの国々では騒音に関してかなり寛容だった印象。だって、どんだけうるさくても寝ていられるんだから。
 なんて、周りを見回しては遠くの国を思ったりして、読まなきゃいけない本は一向に折り目がつけられないまま膝の上。じっくりと資料に目をやる眼鏡ブラジリアンの奥には、北海道のような田園風景が広がっていた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


まてマテ待て〜〜。
 パラグアイ・アルゼンチン・ウルグアイ・ブラジル南部で広く飲まれているマテ茶。
 飲み方は、茶器にたっぷりの茶葉を直接入れ、水またはお湯を注ぎ、先端に茶漉しがついた専用のストローを差し込み抽出液を飲むのだが、このストローが逸品で、茶葉を漉しとるための無数の小穴が開いていて、そのフォルムがなんともおっさん心をくすぐるのである。
 しかし、冷たいのならいいのだが、熱いマテ茶をストローで飲むという行為は、猫舌おっさんにはとても難しいのである。ミャーミャーミャー。

 ちなみに、wikiによるとマテ茶は「ビタミンやミネラルの含有量が極めて高く、飲むサラダとも言われている。このため、コーヒーや茶と同様の嗜好品ではあるが、単なる嗜好品の枠を超えて、野菜の栽培が困難な南米の一部の地域では重要な栄養摂取源の一つとなっている。」らしい。へぇー。

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


 ブラジルからパラグアイへ「友情の橋」を渡って行く。
 イグアスの滝はブラジルとアルゼンチン両国にまたがり、さらにここはパラナ川を境にパラグアイも国境を接している。
 朝、ブラジル側のフォス・ド・イグアスに到着し、すぐにパラグアイへ越境。パラグアイ側の街はシウダー・デル・エステという街。ここは免税の街となっており、自国よりも安く買い物が出来るとあって、ブラジル・アルゼンチンから買い物客が大量に押し寄せてくる。


 ちなみに、シウダー・デル・エステには日系人社会が存在し、そこでは日本を感じることが出来る様々なポイントがあり、南米に身を置く旅人のオアシスポイントとなっている(おっさんは時間なくてパスだけど)。
 しばしのパラグアイ滞在を終え、アルゼンチン側のフォス・ド・イグアスへ移動だす!

  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 世界最大の滝であり、世界三大瀑布にもチャートインするイグアスの滝へ。
 そういえば、今年だけでビクトリアフォールズ、エンジェルフォール、そしてココと滝を見まくってるおっさん。・・・・オレってこんなに滝好きだったかなぁ。。。


 いきなり現れた大小連なった滝。複数形だから滝々か。そのスケールの大きさ・様式美に「うぉー!!」なんて歓喜をあげたけど、ここはまだ序の口。先っぽを入れただけ。最大の見所「悪魔の喉笛」はまだ奥にである。
 それにしてもまぁ、美し過ぎる滝である。


 そんな「美し過ぎる滝」の滝壺へボートで行くことができる。
 太陽という最高のスポットライトの下、野生というこれ以上ないオーディエンスに囲まれた世界一の舞台でグチョ濡れ必至、小向美奈子も羨む奇跡のボートツアーなのである。


 しかし、快楽にはリスクも付き物である。妊婦さんや体の弱い方はご遠慮願う場合もある。自家製赤ワインが作れるおっさんは、ワイン蛇口検査を辛うじてパスし乗船可となった。


 迫力のグチョ濡れ滝壺ツアー!滝に近づくにつれ「おっきー、おっきーぃ!!」を連発し、滝壺ではキャーキャーと感情の雄たけびをあげ、つかの間の快楽に溺れ行く人々。おっさんも顔にブッかけられまくたぞ。


 亜熱帯の密林地帯にあるイグアスの滝。ここは滝だけでなく、そこに存在する様々な動植物も魅力の一つである。
 恵比寿ハウスに養子にいった我が子は無事に冬を越せているのだろうか。。。


か、川口隊長ー!!つ、ツチノコ発見!!


 そのアイシャドーの分だけだけでも幸せを運んでください。。。

 同族かと思わず目線を合わせてみたらハナグマさんでした。




 カラフルな蝶に囲まれ、風のウワサで結婚し子供をもうけたという親友を思ってみる。。。

 こう見えても2cmあるんです。フツーの2倍。ちょーデカイ。


 おっさんの中で「戦場の架け橋」のイメージはコレ。この橋を越えていくと・・・


 悪魔の喉笛キター!虹がかかる先には・・・。。。
 今年見たビクトリアフォールズ、エンジェルフォールズと比べて一番好きな滝かも。。。ってオレはそんなに滝好きだったのか・・・・!?

| Argentina | 04:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |