CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
14.September.2010

Tue.14.Sep.2010 @Cairo, Egypt



 安宿を出発。

 この旅最後の宿泊でも、一夜にしてキッチリ20箇所程度、蚊やダニに生血をプレゼント。どこのドミに泊まってもおっさんだけ無数に刺され、他の誰もが無傷なのは毎回のこと。
 ちなみに蚊は人間から輩出される二酸化炭素を頼りに近寄ってくるらしい。ということは、おっさんは人より二酸化炭素排出量が多いということになり、そこから導き出されるは、人よりとてもアンエコロジーで、どうしようもない人間だということである。 

 そう、どうしようもないのである。


 代表心を忘れずに帰路へ。

 旅をしていると、時々自分がどうしようもなく生産性のない人間に思えてくる。「今自分は人の役に立ってますか?」と。
 バスに揺られている時、ぼんやり通りを行き交う人を見ている時。今その場での自分自身の存在価値など何もなく、ただただ旅先で人の世話になっているだけの状態と感じるとき。自分が誰かの役に立っているとは到底思えず、暗澹たる気持ちになることがある。

 そりゃみんなそれぞれ、何処にいても何処まで行っても最小単位である「自分」を最低限つくろって生きているわけで、そう思えば旅をして自分を潤している行為は生産性がないわけでもない。
 というのは、その最小単位の幸せを追いかける本能は、自己満足といえばネガティヴな響きになってしまうけど、良く言い換えれば、己の幸せ・自己実現という言葉と表裏一体であるように思えなくもないし、その個人の幸せという集合体が社会の全体の幸せ形作っていくのであり(勿論そこには「公共の福祉の中で」という共通理解がなければ、ただのセルフィッシュ社会となってしまうのは言うに及ばずだけど)、その個人と社会全体のイコール関係の中で今自分を潤していることも人の為になっているのかな、なんて自分を正当化したところで結局自分は誰の役にも立ってない事実には変わりはないわけで、でも、せめてもの自分の中での言い訳として・・・などと自分ではどうしようもない思考のスパイラルに陥ってしまう。。。

 そして結局はどうしようもない自分だけが残ってしまう。どこまでいっても心はどこにも行けず。そこからは逃れられない。。。


 ラストフライト。いよいよアフリカの大地ともお別れです。


 さよなら。。。



 学生の時。「W杯を全試合テレビ観戦する」という思いと共に長期留学から帰路に着きました。そこには自分自身に対する評価とか、その後のビジョンということに関しては大きな隙と甘さがあったことは否めません。 
 前回の旅。アメリカ・中米を渡り、ヨーロッパから韓国まで抜けて、そこから船で帰国する気でいました。しかし実際には、中国沿岸部と韓国はスルーして空路ベトナムから帰国。その時は「これで十分」という気持ちと共にあったから、予定よりも手前で帰路についても、旅が終わるとか、やり残した感といった気持ちはありませんでした。
 今回は若干異なる感情です。正直旅はこのまま続けたいけど、それ以上に大切にしたい事が日本にはあります。だから、帰国するにあたってやり残した感や悲しい気持ちはありません。
  そこにはいつもと同じく前のめりな気持ちだけがあります。

 今回も色々な人に支えられ無事に旅を楽しむことが出来ました。どうしようもないこのおっさんグダグダブログを覗いてくれた人たち、日本からアドバイスやこのブログにコメントをくれた人たち、心配してくれた人たち、旅先で出会った仲間たち、、、本当にありがとうございました!




「旅をしました。」その想い出だけを胸に年をとりたくない。年をとてっも加齢臭しか身につけられなかった人間にはなりたくない。

 想い出とは机の引き出しの奥に忘れ去られた記憶の断片であり、経験とは机上に並べられたその人の行動そのものなんだと思います。

 自分から逃れることなんて出来るわけない。アフリカにいようが、南米にいようが、どこまでいっても心は自由になれず。全ては自分次第。
 だから自由なんだと感じます。

 

 


 

| Egypt | 15:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
Back to Cairo

Mon.13.Sep.2010 @Cairo, Egypt

 無事ダハブからカイロへ。
 明日は機上の人で、明後日には母国です。



| Egypt | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
追伸、シュノーケリングな日々

Sun.12.Sep.2010 @Dahab, Egypt

どこまでも青く、包み込まれるような世界へ.....究極のエロスとともに。。。




 眼下の美しき世界に見惚れ、いつまでもプカプカと海面を漂っていたせいで背中が日焼けし過ぎてエライことになってしまいました。。。

| Egypt | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
追伸、ダハブの日々

Sun.12.Sep.2010 @Dahab, Egypt


 夜が明け...




  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 ダイビングへ行こう!






  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 夜の街を散策☆





  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今日も一日ありがとう。。。


| Egypt | 18:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
Blue Hole & Canyon

Sat.11.Sep.2010 @ Dahab, Egypt


 紅海の人気ダイビングスポット、ブールーホールとキャニオンでダイビング。








 メンバーもイイ人ばかりで楽しい時間でした!



 明日はついに楽しいダハブを発つ日です。。。
 そして、明後日はいよいよ帰国です!

| Egypt | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
寄生獣

Thu.09.Sep.2010 @Dahab, Egypt


 ルクソールで顔に吹き出物が出た。まぁ2,3日でなくなるでしょ、と気にしてなかった。
 しかし、ここにきてスゴイことになってきた。左まぶたと右アゴ、喉ぼとけがあり得ないくらい腫れ上がってしまった。アゴなんかリアル”こぶとり爺さん”状態。まぶたなんか寄生獣がいるんじゃないかとマジで思った。これではこのブログも「おおどこ」ではなく「じじどこ」もしくは「きせどこ」になってしまう。
 海に潜ればトロピカルフイッシュに突かれるし、痛みも酷くなってくるしで、周囲の勧めもあり病院に行くことに。
 青年Dr.からは「傷口にバイ菌が入って化膿してるね。まぁ薬出しとくからそれで様子見てよ。」という診断。「まさか寄生虫に卵産み付けられたりしてないですよね!?」というおっさんの心配にはやんわりと笑顔で返してくれた。



 幸い薬剤師の旅人もいて、色々とアドバイスをくれる心強さ。2日もすると黄色い膿がドロドロと出だし、こぶも寄生獣も小さくなってきた。
 もう少しマターリ休んで、完治させましょうかね。

| Egypt | 02:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
BBQ

Tue.07.Sep.2010 @Dahab, Egypt


総勢30名強の日本人が集まってバーベキューパーティをしました!

 

 

 

| Egypt | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
シナイ山

Mon.06.Sep.2010 @Gabal Muusa, Egypt

 

 夜明け前。

 ガバル・ムーサ。別名シナイ山と呼ばれる標高2285mの山。聖書ではモーゼはここで神から十回戒を授けられたことになっている。



 ご来光を待つ人々。



 そして夜明け。



 これからも前のめりな気持ちで”どこまでも”!

| Egypt | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
沈没船ツアーへいらっしゃい!

Sun.05.Sep.2010 @The Thistlegorm, Egypt


 夜中の3時に出発し、早朝の船で沖へ。紅海に沈む沈没船にダイビングをしにいってみましょう。

 


 目指す沈没船は第二次世界対戦時にドイツによって空爆されたイギリスの船。中にはジープや戦車・バイク等が静かに眠っているといいます。それぞれの期待を胸に船は進みます。



 ダイビング前緊張の瞬間。おっさんをはじめ他の日本人参加メンバーは初心者が殆ど。流れが強い海域に不安を覚え、ドキドキしてる。



 いざ沈没船へ!



 潜行していくと、ゆっくり現れた沈没船。迫力あるなぁ。



 船内で静かに語りかけるジープやバイク。そしてそこを住処とする魚たちが。



 うつぼ!



 念願のナポレオンフイッシュにご対面!!



 このツアーでは3本潜った。1本目は緊張と流れの強さでエア切れを起こしてしまった。でも3本ともスゴイ楽しく潜れたYO!



 ♪海よ〜、オレのうーみよ〜♪
 大満足で帰路に着きます。

| Egypt | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
海の王子復活です。

Fri.03.Sep.2010 @Dahab, Egypt



 ここダハブではダイビングをするのを楽しみにしていた。3年振りに海の王子復活です☆
 久しぶりだったのでチェックダイブでは結構緊張したけど、思ったより体が覚えていて楽しく潜れた。しかも、ウミガメにいきなり遭遇するというオマケつきで、興奮のためハンパない酸素消費をしてしまった。

 ダイビングをして何が楽しいかは人それぞれだけど、だいたい魚派と地形派に分かれるらしい。おっさんはというと海の中の浮遊感や光の差し込み具合、人のシルエットや空気がフワフワと上がっていく様を見るのが好きで、どっちかというと地形派・雰囲気属といったところか。


 泊まってる安宿。


 犬もマターリです。


 そして今日も日は沈む。。。
 ダハブが面するアカバ湾。そのすぐ先に見えるのが憧れの地サウジアラビア。
 故郷から眺める北方領土のように見える彼の地は、近くてとても遠い国です。。。

| Egypt | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>