CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
from N.Y. to .....
5/31

実は先週の金曜日から昨日までアクセルはベルリン@ドイツに行ってました。このおっさんも色々とあり、リフレッシュしに行ってたようで。。世の中のおっさんは色々とあるのよね。それと、入れ替わるように今夜、王子は次の目的地へと旅立ちます。次なる目的地は(デケデケデケデケ←ドラムロール効果音)ロンドン!W杯@ドイツへ直接入るよりもロンドン経由の方が断然安いんだよね(羽田ー中標津の正規運賃より安いぞ!)。だから、おっさん@ロンドン学生時代ゆかりの地訪問(またの名をおっさん想い出迷子)して、その後ワールドカップだぁーーーー!!!!!!
楽しかったN.Y.での日々。また来るゾー。。


最後にして初登場のアクセル。2週間後には再会の予定。なのでしばしのお別れ。



メトロポリターーーン。。


なんなことやこんなことは,,,,,,


奥さん、モンロー目指してみます?


マンハッタンは歩きツブしたゾ。








| New York | 15:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
続・街中にて
今回も写真ばっかりで。


憧れのマジソン・スクエアー・ガーデン。


パネルには高校時代の王子のアイドル「ジョン・スタークス」が!もちろんM・ジョーダン&P・ユーイングのパネルなんかも。ただ最近のニクスの低パーフォーマンスよりもリバティーズ(女子)の活躍が目立つので施設内にあるフラグやプスターはリバティーズばっかり。


さて、朝目覚めたらアナタの愛車がこうなってたら,,,,,,,笑うしかないか。







さて、朝目覚めたらあなたの店がこうなってたら,,,,,,,よくあることです。





牛さんもこんな感じでアートです。ウルリー牧場でやってみましょう。


街灯の下にも。。。こまかい。


キャンパスに筆を使って描くだけじゃつまんない。オイルで地面に描いてみましょう。


スプレーも忘れずに。


直接地面に彫ってしまうのもアリで。


これは,,,,,,ポストカードですね。


中近東っぽいけど、まだN.Y.にいます。


| New York | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
街中にて
今回は街中の写真ばかりです。


N.Y.といえば,,,こんな風景を思い浮かべる人って結構多いんじゃないんですかねー。


ミッドタウンでは空が狭く感じます。


都市に社会問題はつきものです。


働くおっさん〜その壱〜


働くおっさん〜その弐〜


キャブからの風景
| New York | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
cielo
5/24・25

おっさん頑張ってみました。2日連続でクラブ行ってみました。そして楽しんじゃいましたー。


昼間のチェルシー散策の時に場所チェック。フッフッフフ,,,,,待ってろよ〜(勝手にテンション上がってる)
http://www.cieloclub.com/


5/24はLoue Vega & Kevin Hedge によるRoots。毎週水曜日のレギュラーなんだけど,,,,もったいねぇ〜って思うのは王子だけ!?
流れるようなミックスはもちろん、その他にも色々勉強させてもらいましたよ。PUSHIMもやってくれたよー。(おめでと若頭)ちなみに、9割はCDでした。


そしてそして!!5/25はGiantstep Presents!!!! Nicola Conteだぁ---!!!!(ウザイくらいに!マーク)遂についに、憧れの方の現場だぁ〜(ニヤ顔)。王子が到着した23:40、ブースに近づくと,,,,いっったぁーーー、いますよ動くNicolaが!それまでボケーっとしてたみたいだけど、王子と目が合った瞬間、突然スピン開始!!ん〜オーラを発する者だけが通じ合えたということか(完全に舞い上がってるバカ)それから3時までこちらは前日とは違い殆どがアナログでのプレー。しかし旧譜は殆どなく新譜(ここ10年くらいのね)、しかもラテン・パーカッシブ系がメイン(2日間通してN.Y.のお客さんの反応を見てるとエッジの立ったハウスやラテンもの、テクノ系はすんごく強い印象)。ちょっと残念だけど、仕方ないか。ミラノや東京での彼のプレーを見てみたいな。

| New York | 10:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
観光だぜ!
5/24

3月のレギュラーパーティでは「今日で王子最後なんだよね」なんていつの間にか王子引退記念試合になっていた我がHOLLYWOOD(もうちょっとお願いしまーす)。
http://www.aurens.or.jp/~HOLLYWOOD/
大盛況のうちに終了したであろう今年のスペシャル第一弾、「CAPTAIN FUNK & HITOSHI ARAI - DJ & LIVE TOUR IN HOKKAIDO」の様子をチェケラッチョ。しかし、6/1日までレポート&ショットはおあずけとのこと。期待して待っちゃおかな。

ニカラグアは首都マナグアでさえ1972年の大地震で高層建築群が崩壊して以来建物は高くても2or3階建てらしく、殆どが平屋。地方では2階建てを見ることすらまれ。そんなとこからウトウトと飛行機に乗っている間に降り立ったのは超高層ビル群のマンハッタン。そうN.Y.に戻ってきたぜよ。しかし、なんだこの差は。まるで別世界(笑)これからはN.Y.観光しちゃうもんねー。
ってことで、写真ばっかりアップします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「フラットアイアン・ビル」鋭角の頂点の幅は2mしかないんだって。へぇ〜


国連本部!ビルの前には世界各国の国旗が旗め,,,,,,かず!王子が到着した瞬間、最後の国旗がしまわれていくところでした(また行ってやるもんね)


どこへ行っても子供はかわいい。そしてなぜか写真を撮られるのが嬉しいらしい。


最近セントラルパークの付け根、5番街にオープンしたアップルストアー。365日24時間営業なんだって。開店日にはアップル製品が高確率で当たるということで長蛇の列が。


マンホール密集地帯。結構見かけるんだよね。もっとスマートにできないもんかなぁ。。。なんんて思ってしまう。


全く観光とは関係ないんだけど、アクセルの友人ジェイソン(写真家)こんな感じで飲んだくれます。
そんでもって、上の写真の後バーに出掛けたの。みんなで一緒に行くからと鍵を持たずに行ったのが間違い,,,,,,バーで大家(アクセル)とはぐれてしまう。(彼は王子が先に帰ったと思い、王子は彼が先に帰ったと思ってた)そんなんで、家には入れずベルを鳴らしても応答なし。。。ってことで道路@玄関前に寝てみる(マネしないように)。起きてからまたベルを鳴らすも応答なし。寒くて仕方ないんでチャイナタウンをブラブラしてる時に見つけた中華仕出し屋。下の写真の品は平うどんともやしの炒め物(てんこ盛り)なんと1ドル!!マンハッタンの物価の高さに参っていた王子にとってはなんともラッキー。外に寝てからフラついて良かった〜(そんなワケない)それ以来、毎朝通ってますわ。


これと普通の太さのうどんともやしの炒め物を日替わりで注文、しかも醤油とチリソースも日替わりで使い分けることによって毎日違う味になる(思い込むことが大事)



| New York | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
さむ!
5/9

いや〜、ヤツはやる!たとえ自らのバットから快音が聞かれず、チームが大敗(10点差?)しても、守備という見せ場は作りますわ。
誰かって?HIDEKI☆MATSUIっすよ。ついに会ってきましたよ。日本人たるものN.Y.に来たらヤンキースタジアムに行くのは当然のこと。そこに野球ファンか否かという疑念をはさむ余地はナシ。
入場ゲート前には元巨人軍エース槙原氏&取材クルー。おぉ、テレビで見るのと同じく優しそう。(に見えた)
背番号55のユニフォームを着た白人の子供を見て誇らしく思ったりする(なぜオレが?)、背番号55のユニフォームを着た女性を見ると親近感から逆ナンパしてくれないかと期待したりする(120%妄想)
先発はランディー・ジョンソン!おいおいおい、最高じゃねーか。わざわざ日本から来た王子を球団を挙げて万全の体制でもてなそうという心意気がビシバシと感じられるではないか。これは最高の日になりそうだ・・・しかし、そうはならず。ランディー思わぬ乱調でそうそうにK.O.。その後も流れを引き戻せぬまま点差が開くばかり。客の大部分は5回には撤収開始。セブンスイニング・ストレッチもあまり盛り上がらず。。。
まぁ要点はハッキリしている!点差以上に寒い!!ビシバシと風がもてなしてくれる。それにつきる。防寒対策万全で行くことをオススメしたいけど、この後、我がMATSUIは骨折で長期戦線離脱。(大泣)



スタジアム横のグラフィティ


スタジアムに入った瞬間はゾクゾクしたっすよ(田舎の高校球児風)



ヤンキースキャップを被っての観戦も結果はついてこず。
この後1塁側ベンチへ急接近。しかしMATSUIとは全く接点持てず(当たり前)

| New York | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
Yellow Cab
5/5 ニューヨークに戻ってきました。
ノンストップな日々と8時間半のバス移動の疲れもあり、今日はゆっくりしよう,,,,,,なんて思っていたのだけど、夕食に出たが最後、ノンストップナイトの幕開けですわ。ん〜初日から洗礼を浴びせる街だぜN.Y.、とはいっても、アクセル&ジェイソンと共に最高に楽しい夜@チェルシー。そして、ただでは家に帰さないエンターテイメントの街N.Y.、デロデロな野郎3人を乗っけた黒人タクシードライバーは大音量のHIp-Hopとホイルスピーン&急ターンで急造ジェットコースターを演出、ヤバイくらいに楽しいドライブでした。
そんで次の日も街へかりだされたオッサン@ブルックリン。帰りのタクシーは勤勉会社員風のインド系男性。アクセルとたわいもない話で盛り上がっていたその刹那、視界右側に車の陰、「ドーーーン!!」という音共にアクセルの頭がオッサンの右目を直撃。。。そうっす。突然のクラッシュですわ。
タクシー左前方が若い二人組の運転する右ドアに直撃(ベッコリとヘコんでた)、右目は結構痛かったけど、ケガは全くなし。その場はタクシードライバーに任せて(もちろんタダ)、次のタクシーを拾って帰宅。たった2日間でN.Y.のベスト☆ドライバーとワースト★ドライバー両方を体験したわ。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


真ん中に見えるのがエンパイアーですわ。


今回のハイライトの一つであったグッケンハイム美術館。(1943年フランク・ロイド・ライト建築設計)、しかし改装中にて姿を見ることはできず。(悲)



レインボーの本場です。








ブルックリンブリッジ



7日間水中で飲まず食わずのギネスレコードに挑戦中。


ストロベリーフィールズ☆フォーエバー


グラウンドゼロ。右後方に見えるビルの2倍の高さがあったとか。想像できない高さっす。
| New York | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |