CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
宴の後で。。
Wed.12.July.2006


ついに終わってしまいましたサッカー漬けな4週間。準々決勝からはスイスの片田舎でTV観戦だったんで街の興奮やサポの熱気を感じることもなく日本で見てるのとあまり変わらなかった観はあるけど、それでも全体を通してみると各国サポとサッカーを通じて楽しい時間を共有できたし、新しい友人にも出会えたし、ドイツ人のホスピタリティー(大会期間中だけか!?)に感動したり、旅には付き物の(?)ハプニングも多々アリで本当に楽しかった。
「目新しい戦術がない」(クラブレベルの方が遥かに複雑で新しいことにトライしてるんだから当たり前)「ゴール数が少なく守備的な戦いが目立った」(そんなもんでしょ)といった批判はその手の人に任せておいて、個人的には本当にどの試合も楽しかった。そして、日本の不甲斐ない戦いには本当に腹が立ったけど、今は少し理解できる。自分たちはまだまだ新参者だったと。ワールドカップがどんなものかをこれから知るのだと。
さてさて、新聞やニュースを見るとカップを掲げるカンナバーロより、藤原組長....とまではいかなくとも強烈な頭突きを見舞うジダンの方が断然取り上げられている。まぁ有終の美を飾って伝説になるというシナリオがあーもセンセーショナルな形で変更になると.....そりゃ仕方ない。
ヘッドバットは許される行為じゃないけど、彼の行動を全否定することもできず。マテラッツィに何を言われたのかは知らないけど、一瞬にして世界中で何十億人という人が注目しているゲームの主役であることも忘れて直球ストレートに気持ちを表現できる,,,,なんか羨ましく思う部分もある。。「何か言いたいけど言えない。言わないで心にしまいこむ。」そういうシチュエーションって誰にでもあると思う。自分がそんな場面に出くわしたらあんな素直に気持ちを表現出来ないだろうし(別に「暴力的行動のススメ」ではなく)、そのことで溜まったストレスを他の方法でだましだまし解消するだろうな,,,,と思う。
ジダンのとった行動は許されるものでもなく、子供っぽいと言えばそれまでのこと。全くその通り。ただ、おっさん的には少しそんなことも思ったりもする。しかしながら単にジダンの性格(あれでキャリア14枚目のレッドカード....もらい過ぎ!?)がそうさせたって言えばそれまでだけどさ。

彼は今まで世界中のサッカーファンを楽しませてくれたワケだし、間違いなく伝説の一人。最後に汚点ってーのも人間らしくていいんじゃない。
| ワールドカップ | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
各国サポのあれこれ
Mon.20.Jun @ドルトムントPV
ドイツとイングランドの幸せな関係。

過去に何度も熾烈な戦いを演じてきた彼ら。お互いがお互いを嫌いです。予選リーグでのイングランドVSスウェーデン。PVで見ててもドイツ人は明からにスウェーデンより。。。ってことで聞きたいこと聞いちゃおーぜ。
王子(以下、王)「やっぱりイングランドは嫌い?」
ドイツ青年(以下、ド)「ん〜、まぁ歴史的にも色々とあるからねぇ。」
「その辺のことは一応は知ってるんだけど、この試合でイングランドが負けて2位通過になったらトーナメント1回戦でいきなりドイツと当たるけど,,,,今のイングランドって結構強敵じゃない?」
「ん〜、確かにそうなんだよねぇ(苦笑)。出来れば1回戦は別のチームの方がいいけど,,,,でもやっぱり、イングランドにはどんな時でも負けてほしいんだよね。」
「それって殆どのドイツサポが思ってることなの?」
「ん〜、なんとも言えないけど多くのサポが思ってるのは確かだよ。」
。。。。。。かくして、試合結果は2-2のドロー。イングランドが勝つことも負けることもなく、トーナメント1回戦でドイツと戦うことにもならず。。。世の中うまく回ってます。


インタビューに応じてくれた彼。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Tue.21.Jun @ドルトムントPV
ガウチョの王様は?

GL最大の山場となるハズだったオランダVSアルゼンチンの大一番。死のグループと戦前には言われながらも、蓋を開けてみると前の2試合であっさりトーナメント行きを決めてしまった両チーム。「1位通過はどっちか?」ということはありながらもリラックスムードの両サポ。試合中はPVの巨大画面に向かって初々しい感じで女子3人グループが「行くよ、行くよ、せーの、アルゼンチーナー、きゃ」みたいな感じで黄色い声援を送る。おっさん思わず笑顔になってしまう。その後も「せーの、アヤラァ〜」「せーの、メッシー、きゃ」って具合にその場を「アルゼンチン萌えワールド」としていく。しかし,,,,,,ピッチ上では王様であるハズのリケルメへの声援が聞こえてくることはなかった。。。「サッカーは顔じゃないよね!!」っておっさんがリケルメに声援を送ってみる(いらねー)。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Fri.24.Jun @ハノーヴァーPV
ガウチョとカノジョ

決勝トーナメント1回戦アルゼンチンVSメキシコ。同点のまま延長戦へ突入し息詰まる展開。しかし、試合時間が長くなるのはサッカーがそれほど好きではない女性にとってはあまり好ましい状況とはいえず。それはその彼氏にも言えることで。。。飽きてきた彼女は彼氏に甘えだす→彼女が怒り出すのもイヤなんでPV画面を見ながらも付き合う彼氏。ちゅーちゅーチュパついてる時に山場はやってくる。延長前半8分、今大会ベストゴールの1つに数えられるであろうマキシ・ロドリゲスのドライヴシュートが決まる。ゴールの瞬間、彼の唇は彼女の元を離れ喜びの声を爆発させる。そりゃそうだよな、全体を通じてメキシコペースの試合、やられてもおかしくない展開だったんだから。残された彼女、彼はチューしながらも視線は画面に釘付けだったってことか。。。まぁ、4年に1度のお祭り。「見逃してくれよー」ってことで。
ちなみに敗れたメキシコサポ。試合終了後は悲しみにふけってたけど、10分もすると笑顔で踊ってた。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Fri.24.Jun @ハノーヴァーPV
イイ奴


サム。41歳。サムという名前はニックネームで本名はフーリガンらしい(笑)。スキンヘッドに派手なカラーリング、ビール飲みすぎで据わった目,,,,ハッキリ言ってコワイ、けど色々と聞いてみたくなるタイプ、ってことでドイツ優勝の可能性について聞いてみる。

ドイツはトーナメントチーム、大会始めは懐疑的だったけど今は優勝する自信がある。ドイツにはブラジルやアルゼンチン、イタリアのように傑出したタレントはいないけど(日本から見たら十分いる気がするんですけど,,,,)、最後まで諦めない気持ち、絶対に勝つんだって信じる気持ちが他国よりも勝ってるんだ。日本は良く走って技術もあってファイトする良いチームだったけど、最後のワンピース、多分そういう気持ちが足りなかったんじゃないかな。

その通りっす。色々と話した後にアドレス教えたけど、そうとう酔っ払ってたから覚えてないんだろうなぁ。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


スタジアム入り口にあるサインボード。左下には鍵十字禁止のサインも。本気なんだろうかなぁ。


みんな大好きな飲料水のラベルにもドイツ代表選手が。今大会正ゴーリーとして活躍しているレーマン。以前は控えだったとはいえ背番号9はないだろよぉ。。。
| ワールドカップ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
テーハミング☆
Fri.23.Jun

6/18@ニュルンベルグPV。韓国VSフランス。フランスに先制されながらも決して諦めることなく戦う姿勢を崩さない韓国。そしてなにより自分たちの勝利を信じる気持ちが画面から伝わってくる。フランスゴールが見過ごされるラッキーがありながらも80分に追いついて引き分け!すんげー。マジで気持ちが強い。アジアチャンピオンの称号は彼らのものだな。
ってことでそんな感動をくれた彼らに敬意を払い、アジア勢全滅危機の今、行ってやろうじゃないの韓国の応援に!てーはみんぐ☆

☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


韓国VSスイス戦開催都市ハノーヴァーへ。両チームとも赤がチームカラーなんで街中赤に染まる。


テーハミング♪ダダッタダッタ☆韓国サポの行列に混ざってみる。ん〜からかってると思われてるのか、こっちの韓国応援の気持ちがあまり伝わってない様子、結構シカト系。。。前回大会を共催したとはいえまだまだ溝はあるのか。まぁ普段は第一の敵国同士だしなぁ。年配の韓国サポも案外多い。彼らの前では彼らの気持ちも考慮しつつ少し静かにしてみる。そんなことを考えながらもアピールは続く。


恒例の(?)各国美女サポコーナー。決め顔っす。


オォ〜ミス☆コーリア。


ウラ試合のフランスサポも発見。フランスもビミョーな位置にいたりする。


韓国T-シャツにドイツ&フランスのペイント。。カワイイかったらなんでもいいんだよ。


出場してなくったっていいーじゃん!!自国をアピールするマレーシアサポ。

☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スイス 2
韓 国 0

この結果スイス、フランスがGL通過。。うぅ,,,アジア全滅。なんだかこの試合は02年の日本対トルコのように薄い時間が流れている間に負けてしまった。。「気づいたら負けていた」みたいな試合だったなぁ。しかしPVで観戦中、韓国サポと一緒に応援して親交を深められたのはかなり良かった。次回も一緒に行こうぜ!
| ワールドカップ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
いざブラジル戦
22.Jun

いえ〜ぃ。ついにやってきたブラジル戦。今の日本代表を観戦するなら勝敗を気にするよりもこの場にいられる事を楽しいんだ方が絶対イイ。正直勝てるとは思わないし、期待してズタズタに裏切られるのもうイヤだしね。もちろん、声上げて応援はするけどね。ってことでおもっきり楽しんじゃいます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


恒例の(?)ギャルサポ記念撮影。おっさん心丸出しです。


昼間のイタリア対アンゴラ戦をパブリックビュー(PV)で観戦するイタリア姉妹サポ。あまりの可愛さにおっさん舞い上がりすぎて目つぶっちゃってます。日本語で「かわいい!」連発。ここまで行くと変態です。


そう、今は世界最大のお祭り。照れずにみんなで楽しみましょうよ。


駅前ではブラジル、メキシコ、日本の子供たちが前哨戦。いいねぇ〜。行こうぜ!って感じで。


オーストラリア戦@カイザースラウテルン(6/12)で一緒になりフィリップのアパートで一日過ごした後、「クロアチア戦はアウェーで見る」と言ってクロアチア戦を敵地の首都ザグレフのPVで観戦していた冒険家(ってかバカ?)ナオキ。彼とは別れ際どこで何時にとは何も言わず「ブラジル戦は一緒に見よう」とだけ約束。しかし何万人もいる中で奇跡的に再会!昼間の中央広場のど真ん中に座り込んでビール飲んでたことが見つけやすかったのか。。ともあれ感動の再会っす!!


会場入り口にいたブラジルサポのおっさん。マラドーナに激似。


サンバっすよ。ッッサンバー。


セキュリティーチェックは会場、試合によって違いあり。例えば日本対オーストラリア、両国ともにイラクへ派兵していたこともあり、セキュリティーレベルは高くされてたらしいゾ(へぇ〜)。


日本サポスタンド。いこうぜ!


一瞬夢見たけど,,,,すぐに醒めてしまう。後はブラジルのゴールショー。


試合後はあっちこっちからサンバのリズムが聞こえてくる。


中央広場の中央で反省会。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日 本  1
ブラジル 4

解りきってたことだけど、やっぱ世界トップとの差は歴然としている。個人能力の差はかなりのもの。「判断する、止める、蹴る」基本動作が違いすぎる。ブラジルにはブラジルのサッカースタイル、ドリブル・イマジネーション・楽しさ,って感じで想像できる。翻って日本のサッカースタイルは,,,,,なんとなく少しだけ見えてきた気がするし、これを継承していってほしいと思う。

試合前の国歌斉唱。「君が代」に対するあまり良いとはいえない思いから今まで歌ったことはないけれどこの3試合は選手、サポ、みんながひとつになるための歌として歌ってみる。単純に一体感ということでグッとくる。
試合開始、期待はしないようにしてるけど、やっぱ声を張り上げて応援してしまう。
試合終了。選手に声をかけるとなんだかグッときて泣きそうになる。でもなぁ,,,最後の試合なんだからゴール裏の一部だけじゃなくもう少し丁寧に他のスタンドにも挨拶してほしかったな。試合終了直後のショック状態ってのもあるだろうけど、ある程度の犠牲を払ってこんな遠くまで応援に来てくれて、しかもコテンパンにやられてるにも関わらず一生懸命声張り上げてくれたサポが沢山いるんだから、それに対してキチンと感謝の気持ちを表すのも選手としてのツトメだと思うんだけどなぁ。。。


(ブラジル戦こぼれ話)
○ブラジル国歌を聞くとこっちまでテンションあがる。
○試合中ブラジルゴールキーパーのジーダは絶えずストレッチ等をして体を動かしている。ん〜サスガ。(ってかヒマだっただけ?)
○日本のアップ風景。小野&高原の旧友コンビはアウンの呼吸で、中田(浩)&柳沢の鹿島コンビは和やかな感じで、大黒はトレーナーと共に黙々とアップする。。
| ワールドカップ | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
最終戦前。。。かも
いよいよ明日はブラジル戦。今日の昼はブラジル人見つけてサッカー対決して、夜はブラジル娘にサンバ教えてもらうんだー(もちろんおっさん目線で)。グループリーグ最終戦ってことで気持ちも吹っ切れ楽しんじゃいます。勝敗は,,,,,いいんじゃないっすか!!!(勝てねーよぉぉぉ)
| ワールドカップ | 19:41 | comments(1) | trackbacks(0) |
geme over,,,,,,
6/18

カイザースラウテルンで見たスウェーデン対パラグアイ戦、後半ロスタイムでスウェーデンが歓喜のゴール。その瞬間、目の前で必死に応援していたパラグアイ青年はまとっていた国旗を投げ捨てた。。。そう、それは大会1週間も経たないで彼はW杯を去らなければならないことを意味していた。
それだけは絶対に嫌だ、そんなに早くW杯を終えたくない!,,,,そんな思いを胸に今日の決戦。結果はスコアレスドロー。それはほぼ日本のグループリーグ敗退を意味する。次節ブラジルに勝つ力が今の日本代表にはあるとは思えず。。。
何をどう書いていいかも解らず。とりあえず昨日までの楽しい日々。各国サポとの画像をアップしておきます。最近メール沢山頂きます。本当にありがとうございます!!すごく元気付けられます。。。



イタリアサポっす。



こちらはミス☆クロアチア(?)



試合前は気合入りまくりでした。。。



日本の応援をしてくれるドイツ人は結構多いです。その分ふがいない結果だとホントに申し訳ない気分になってしまいます。。。本当にごめんなさい。
| ワールドカップ | 03:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
決戦前日ー第二幕
6/17
今日になると両国サポが街中で目立つようになったけど,,,,,日本サポ押され気味。これは国民性ということでしょうがないかぁ。。。しかーーし!!市内観光するのは全く問題ないんだけど、そんな時でも代表シャツを着ていこうぜよ!!
試合前日ってことでクロアチアサポとも仲良く談笑。そこにブラジルサポやドイツサポも加わって友好ムード爆発って感じで。
ドイツ入りして日本メディアにもかなり取材されたけど,,,,どうせ使われない気がする。。。だ・け・ど・(キモい)、王子英語が少しできるからってドイツやオーストラリア、クロアチアのメディアにはかなり重宝されてる(つもり?)日本を飛び越え国際派として活躍中っす。
クロアチアサポって見た目ゴツイいし、デカいし、おまけにずっと叫んで飲み続けてでかなり恐そうなんだけど、話したらチョーいい奴ら。でも、話してて感じることは、ヤツら相当ナメてる。口ではいい事言いながら「余裕で勝てるフェロモン」出しまくり。ん〜、マジで試合結果で見返したい。でも考えたら第1戦の日本サポには同じような空気が流れてた気がするなぁ。
とにかく、今日は前夜祭ってことで楽しく、そして明日の勝利を信じていきます!
いこうぜ!いこうぜぇ!!
| ワールドカップ | 23:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
決戦前日ー第二幕
6/16
お世話になったアパートを掃除。お世話になったフィリップを待つ。彼は一昨日から旅行に出かけていたので今日この時間に来る確証はまるでナシ。電車時間ギリギリまで待つが、やっぱりこない。最後にお礼を言いたかったんだけどなぁ。後ろ髪引かれる思いでバックパックを背負いアパートを出たその時!銀のツーリングワゴン(もちベンツ!)に乗ってフリップがやってきたぁー!!マジ奇跡の瞬間。とにかく言葉にならないお礼を彼に告げ駅へと歩く。本当にありがとう。


本当にお世話になったフィリップ。日本に来たときにはおもてなし放題だぜ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第二戦の舞台ニュルンベルクにやってきました。前々日とあってか両国サポはあまり見かけず。

日本代表はボンでの練習後こちらに移動したらしい。カイザースラウテルンで仲良くなった取材班の話では雰囲気は相当ワルいらしい。かなり暗いって。柳沢なんかインタビュー中ずっと下向いてて,,,,,取材しながらカツ入れてやろうかと思うくらい気持ちが伝わってこなかったらしい。。。サポとしてはあの屈辱的な第1戦から気持ちを切り替え、後は選手に結果を出してもらうのを信じるのみ。たのむぜNIPPON!!

街の広場にはパブリックビュースペースがあり、各国サポが集い騒いでる。特にその日勝った国やグループリーグ突破を決めた国なんかはサイコー楽しそう。勿論、今夜もイングランド、アルゼンチン、オランダ、ブラジルのサポが飲みまくり&踊りまくり。オージー国旗やシャツを見るとかなりヘコむけど、こっちも沈んでばかりもいられない。代表シャツ着てその輪の中に乱入。テンション上げてかなきゃね。でも、日本サポは王子たち3人だけ。。。夜は外出しないのが日本サポ流か。18日は勝って飲みまくり&騒ぎまくりで朝を向かえてー(泥酔で迷惑かけるのは承知の上だYO!)しかし、色んな国のサポがいて一緒に騒いで、飲んで、仲良くなって
,,,,これがワールドカップの楽しみの1つなんだろうな。ビバ★貴重体験。
| ワールドカップ | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
カイザースラウテルン最後の日
6/15
いつものようにパブリックビューで試合観戦(それにしても暑くて死にそうになる)。これまたいつものように(?)マックで夕食調達後歩いているとイケてる中年風の酔っ払いドイツ人が。「賭けで買ったからワインおごってやろうか?」,,,,,はぁ?またもや心誘われるオファー。すっかり人を疑うことを忘れてしまった僕ら。無料といわれると無条件でホイホイと後をついていってしまう。
彼は結構酔っ払ってるみたいで笑い話をいっぱいするんだけど,,,,,これがかなりつまんない、マジで。適当に相槌を打ちながらお店へ。すると本当に1人1本、合計3本赤ワインプレゼント!!家に帰ってしっかりと飲み干す。明日は第2の決戦の地ニュルンベルクへ移動だぜ!
| ワールドカップ | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
カイザースラウテルンにて
6/15
結局フィリップの優しさに甘えツバサ、ダイスケというサポと共に彼のアパートに3泊もしている。傷心の6.12から時間が経ち、そしてドイツ人の優しさに触れることで少しづつ前向きな気持ちになり今は次回のクロアチア戦、ブラジル戦と代表サポとして旅しようと思ってます。これ以上に惨めで情けない気持ちになる可能性が大きいけれど、それも踏まえたうえで。

ちなみにエコの国ドイツでは広場とかで飲むプラスチック製ビールカップ代が料金に含まれていて、飲み終わった後カウンターにカップを持っていくと1ユーロで交換してくれます。ってことで!!街中、パブリックビューと目を光らせカップ探しの日々。3人でかなり稼いでいます。貧乏旅行者としては日々の収支がプラスなんてありえないッス!!逞しく生きてます。


これからしばらく日々を共にすることになったツバサとダイスケ


| ワールドカップ | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>