CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
浮かぶ空
 Sun.5.Nov.2006

 8代目エマーム・レザーが眠るイラン人にっとって非常に重要な聖地マシュハド。広大なエンゲラーブ広場は各地からの巡礼者でごった返していた。
 建物内にあるエマーム・レザーの聖墓は眩いばかりに輝き、その周りにはそこに触れようと狂信的に群がる人々の壁。
 同行してくれていたイラン人ヴァヒドも「すごく混んでるし危険だから遠くから見るだけほうがいいよ」という。
 「自らが信じ拠りどころとするものとは・・・」そんな思いを巡らせながら聖墓を遠くから眺めていた。

 広場にて行きかう人々の中に身を置く。そこには忙しい日々、苦労を乗り越えてここを訪れ、聖墓と共になれたことへの充実感が漂っていた。
 一度は眺めるだけで通り過ぎた聖墓、しかし、彼らがどんな想いでそれに触れ、何を感じようとしているのか少しでも知り、感じてみたい。自分自身そこへいけば何かを感じられるのではないか。
 「僕はモスリムじゃないけど、あの場所に行ってみたい」そうヴァヒドに告げその人壁の向こう側へと歩を進めていった。

 群がる人々に踏まれそうになりながらも、ひざまずき祈りを捧げる人、友の棺を担ぐ人。更なる人壁とその向こうにある聖墓。2メートル手前とは全く違う熱気、ほんの2,3歩の差なのに明確なまでに異質な空気。
 熱気、情熱、息づかい、泣き叫び感極まる人々・・・辿りつくべき「何か」がすぐそこにある時に人々が発するパワーとはこれ程までに強いものなのか。

 そのパワーがあらゆる方向から発せられ、ぶつかり合いせめぎあうことで混沌とした空間を作り出している。しかし一方で、そのパワーが向かう先はエマーム・レザーの聖墓一点。
 一見混沌としているようで、その実、全てのパワーが一点に向けられている不思議な空間の中に漂う人々。

 人々の波に押され流されどうしても聖墓に届かない。目の前では圧死してしまうのではないかというくらいに四方から潰されている人(しかし、彼の手は聖墓の柵を掴んで絶対に離さないでいる)、上空では聖墓に触れ終わった子供がバケツリレーのようにこの空間から救出されていく。
 あともう少し、あと数センチがとてつもなく遠く、目一杯手を伸ばすがどうしても届かない。すると目の前の男性が、自分も必死に柵につかまりながらも、何とかそこに届くように僕の手を取り引っ張ってくれる。僕もそれに答えるようと限界以上に手を伸ばす。彼の「何とかしてあげよう」という気持ちが伝わってくる。
 
ふいにサッと前方に空いた数センチの隙間、体をねじ込み僕の右手が柵をつかまえる。
 その一瞬の静寂。何も聞こえず、何も感じない。自分だけ、立っている場所だけが周りの世界から切り離され、スーっと体中に何か特別なことをやり遂げたような達成感や充実感のようなもの、なんともいえない感覚が広がっていく。



 自分はただの石と同じように貴方の御前では無力な存在です。
そう神へ示すため、額を直接地面につけるのではなく、この石の上につける。


 僕は決してモスリムではないし、この聖墓に触れたことでイスラム世界の聖なる心境を感じることができたとは思わない。だけど、自らの人生を形成し信ずるものの大切な部分に触れようと、様々なことを乗り越え遠い地よりやっとの思いで辿り着いた場所、そこで彼らが抱くであろう特別な感情・・・・そのほんの少しは感じることができたのではないだろうか。
 人々の発するパワーとその空間、そしてそれを包み込む美しく優しい建築。本当にすごい場所にきたと思う。
| Iran | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
屋根の上で一人想ふ
 Tue.14.Nov.2006

 この国の人々はものすんごく親切だし、優しいし、フレンドリーだし(たまにやり過ぎな時もあるけど)、今の季節は過ごし易いしで好きな国ベスト3に入るんじゃないかってくらいの勢いで過ごしてる。
 そんなイランは言うことなし!!・・・・・ってことでもなく、そこには大問題があったりするのよ。

 ここはイスラームの国、日々の生活がイスラームの教えによって形作られているんです。コーランは人々に説く「酒なんか思考を狂わすだけのモンじゃ」・・・そう、この国にはお酒が売ってないんです!!(オモテはね)

 らも先生や談志師匠にとってアルコールが血液であったように、おっさんにとってそれは給食の牛乳みたいなもの。
「ヒロくん最後まできちんと飲んでエライわねー」なんて褒められて「エヘ、じゃもう一杯」なんつって失態をさらしてしまうんだけど。。。話ずれた。


飲み収めビール@イラン入国直前、アルメニア側ドライヴイン



 そんな訳で重い気持ちとともに始まった「孤独なおっさんの酒ラマザーン」。
 1日、2日、3日・・・ところが、どこへ行っても酒なんかないから目にしない=気にしない、暑くもないから「こんな時に麦汁があれば・・・」なんてことも思わない。
 おぉ、なんだかその存在が自分の中で小さくなっていく(グッバイ、アル子!)ないならないで結構暮らせんじゃん!(当たり前?)。

 さすがに2・3週間の程度の断酒じゃ体が軽いとか、目覚めがいいとか、今まで以上にモッテモテになったとかそんなことはまだないんだけど、なんかいいじゃん!
 同年代のモノどもは健康診断でバタバタとダメ出しされてるみたいだけど、こんなところでもまた差つけちゃったかな、フフフ。(決して自分の意思で始めた訳ではないのに何か勘違いしてるバカ)
 我等が健康指導員A女史も喜んでいる姿が目に浮かぶゼ。(やったよッ、お母さん!)

 根拠ゼロ、勝手に人間的に大きくなったと思い込む今日この頃。どっかのプロ野球選手がシーズン途中に引退宣言したように、おっさんも旅途中にして「酒淫狂会脱退宣言」でもしちゃおっかなぁー、なんて色気づいたりして。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 本当はみんな飲みたい!?アゼルバイジャンで出会ったイランおじさんはホテル入って速攻でビール2本一気飲みしてたもんね。でも、自分で買うのは気が引けるのか、はたまた、誰かが見てると困るのか、周りの人に買ってきてくれと頼みまくってた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 そんなある時、一日歩きまわりプライスレスな思い出と疲れた足で帰った宿。ふと目に留まった冷蔵庫の中には「オレ缶ビール」って上島竜兵ばりにわかりやすく主張する物体が!
 「うぉぉぉー」織田裕二のような雄たけびと共に突然甦る記憶と記録と辛口生な日々。血圧、体温、血糖値が一気に上昇!(あと、ちょっぴりワキ汗も)。
 バタン、プシュッ、プハァーと喉をうつ音とともに忘れかけていた感覚が全身を・・・なことはなく、それはご察しの通りノンアルコール・ビールでしたわ。
 この国でアルコールとドラッグは超レアキャラ、なんたって最悪デス・ペナルティーだもんね。(コワ)
 んー、人間的に大きくなったハズなのに〜、不覚にも一瞬にして惑わされてしまった(だから勝手な思い込み)。こんなトコに堂々とある訳ないって解ってんのになぁ。(あっ、でも、いくトコ行けば・・・)

 そんなまだまだ小っちゃい自分にちょっとヘコんだこんな時は、月を見ながら一人冷酒で反省会でもしたいもんだね。(ってオイ・・・)

| Iran | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
そんなものイラないって言えばいいじゃん!
 Tue.14.Nov.2006



 首都テヘランにある旧アメリカ大使館壁に画かれたグラフィティ。アメリカなんか大嫌い、大手ファーストチェーン店マックもないこの国(コカ・コーラはある)。
 大国に対してNOと言えるイラン。


 女性はスカーフを被らなくてはいけないのがイラン掟なのです。
 肌はもちろん体の線が出ない服装が好ましいということで、おばちゃんや敬虔な方は全身を覆うチャードル(黒衣)を着てるけど、さすがに年頃の女子はオシャレのひとつもしたいわけですよー。つーか、ぶっちゃけスカーフなんか被りたくないッ!
 だから若い女の子の定番は、ピッタリ目のハーフコートにジーンズで、スカーフは後頭部に被ってバッチリ化粧の顔ガン出し!(イラン人結構カワイイでー)
 被りたくないんだけど、被んなくちゃいけないスカーフに着たくもない長袖・・・けれどもキラリ☆と輝く個性を出したい!オシャレしたいーッ!!・・・そんな彼女達を見ていると校則ギリギリを攻める一昔前の女子中学生を見ているような気分になっちゃう。(今はどーか知らんし)
 お上に対してNOと言えないイラン人。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



 アントン?顔はともかくマネキンもスカーフ着用。


 この国ではこれがイケメン(なワケないよねぇー?)

 イスラームらしく子供も口髭。(なワケねー。)でも、バスローブはぁ・・・

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 優しくフレンドリーなイラン人なんだけど、たまに「?ん?」な人もいたりする。(空気読めなかったり、ウザかったりする人がいるのは万国共通なのよ)
 向こうは英語喋れない、こっちはペルシャ語喋れない。そんな時でもとりあえずカタコトの英語で話しかけるのがイラン人。
:「どっからきたの?」
:「日本だよ」
:「名前は?」
:「ヒロだよ」
・・(数秒の沈黙)・・・・
:「^&$#%q*!??」って、もうこっからペルシャ語で話しかけてくる(苦笑)勉強不足でごめんなさい。
 しかしまぁー、そうやって自分が興味を持った物・人に積極的に関わっていくことが大事なんかもねー。(でも空気読むのも大事だよ。。)

あと、こんな人もいた。
:「どっからきたの?」
:「日本だよ」
イ:「結婚してんの?」
:「・・・いや。」
 なんと二言目に直球ストレート・ビンボール!梨本レポーターも腰抜かす超プライベート・クエスチョン。(会話の流れなんか一切なし!)そうかと思ったら間髪いれずに
:「僕(結婚)してないんだ!」
・・・って、そんなこと聞いてませんし。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 彼は逆輸入ですか?


 パッカーの間では美味しいと評判のイラン・シュークリーム。これが噂に違わずマジでうまい!!久っさしぶりに美味しいもの食べて10分間笑い続けた。(人は幸せを感じた時に笑い続けずにはいられないのです)


 このバーガーはウマイんか?


 ゴミはごみ箱に捨てましょうー。解体した牛の骨も公共のゴミ箱へ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 「Esfahan Nesf-e Jahan」その昔「世界の半分」と謳われるほどの栄華を誇ったエスファハーン。その青き美しさは圧巻。





 中東の「3P」の1つペルセポリス。古代人ってアディダス★シューズだったの??

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 「憩いの森を歩く人100人に聞きました、答えは1つ。イランといって思い浮かべることは何?」ピンポーン!「石油!!」あるあるあるあるぅー(byさくら)、チャララララ〜♪・・・・って前振り長いな。
 ここは産油国。北海道の幸は北海道で食べるのがウマくて安いように、ご当地の石油はウマくて安い!
 レギュラーガソリン1リットルはお値段ご奉仕の約9円!! ディーゼルなんか約2.5円!! そんなんだから交通機関は驚くほど安い(基本的に物価が低いのもある)。長距離バス(ちょっといいやつ)7時間乗っても約447円!!(どうだコノやろー)
 ちなみに、1.5リットル、ミネラルウォーター約38円!(なんじゃそりゃ!)



 富田選手も舌を巻くバランス感覚!バイクの上でマジ昼寝。



 押すなよぉ〜(ニヤ)。出待ちしていたファンにサイン攻めに遇ってしまう。インターナショナル・プレイボーイとはこのことだな。


 初代おっさん仕様スペシャル・プレミアム☆シューズはここでお別れ。
 灼熱の大地を駆け、コンクリートを制覇し、夜な夜なステップを踏む・・・この半年彼と共に駆けずり回った日々は忘れませぬ。
 ちなみに二代目はパチもんアディダス。いぇ〜。
| Iran | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
想像と現実
 Tue.14.Nov.2006

 日本にいるときに想像していたイランという国はイラクやアフガニスタンと国境を接し、歴史的にも戦争・紛争の舞台となることが多く、現在では核開発・利用問題を抱える・・・はっきり言って「怖い・危ない・蓋しとけ」正直そんな国でした。
 が、実際に来てみると、これがまたじぇんじぇん違うんですよ!核問題なんかどこ吹く風、国内はいたって平穏(もちろん近づいちゃダメなところもアリますよ)、街は明るく人々はとっても優しいーッ。
 本当にもういい人過ぎる!草くんもひれ伏すほどイイ人ばかり。
 道を尋ねると自分と逆方向だってーのに目的地まで一緒についてきて教えてくれるのは日常茶飯事、バスに乗れば運転手さんタダ乗りさせてくれるし、郵便局では払った小包代から帰りのタクシー代出してくれたり(持ち金ギリギリだった)・・・ご飯だって奢ってくれる。
 
       「旅人をもてなすことはをイスラームの教え」

 良くしてくれた後や別れ際「何かあったらいつでも連絡くれ!」そう言ってイラン人は紙に連絡先を書いて渡してくれる。あたかもそれが挨拶であるかのように。
 「そんなん騙す手口じゃーん」って思うでしょ?いや、確かにそういう旅行者にとって悪い人も沢山いるし痴漢なんて吐いて捨てるほどいて異教徒女性(特に東洋人)はキレまくってますよ(あと、おホモだちもね)。
 でもね、少なくとも僕に連絡先をくれた人はみんながみーんな、こっちの事は国籍と名前くらいしか聞かないんですよ、下心を感じないんですよー。

 ヒッチしたおじさん。強盗に襲われてるワケじゃないよ。


 国中いたるところで見かける募金箱。恵まれない人々にお金をあげるのも当たり前の行為。だからなのか?他国よりも物乞いが少ないように見えるなぁ。


  人に親切にすること、良いことをすることによって自分自身も得を積む。

 そんなイスラームの、イランの優しさに触れる日々。みんながみんなに優しくなれたらすばらしい世界になるのにね。こんなこと当たり前のことだけど、現実不可能なことだってみんな知ってる。でも、そんな不可能も可能になるんじゃないかって思ってしまうほどみんな優しい。
 優しくされた分のほんの少しだけでも他人に優しくしてみようと思う。いわゆるペイフォワードってやつ。優しさ・親切・思いやりの輪廻。
 


 イランの夕焼け。ここに来てから夕焼け朝焼けが見事なまでにキレーです。



 
 旅をしていて思うこと。もしこの場にいるのが1日ずれていたら、もし便が1本ずれていたら、隣の席ではなかったら・・・偶然が偶然を呼んでそれが重なり合って必然的な出会いとなっていく。
 それは何かに導かれたという人、神がそうさせたと言う人もいるけど、それだと創めから道は決まっていて、人は「何か・誰か」に決められた道をトレースしているだけのように感じてしまうのは決して傲慢なことではないと思う。
  家族や友人、出会った人々、周りとの関係、日々、生活、それらの支えがあって偶然が必然になったことは忘れたくはないし、そんな中でも自分で一歩を踏み出し、自分で道を切り開いて自分でその必然を作った・・・そういう風に強がってもいたい。
 少しくらいは自己チューでいさせてください。
| Iran | 22:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |