CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
聖地巡礼
 Sun.15.April.2007


 照りつける太陽の下、ピッチでは和やかな地元草サッカー大会が行われていた。果たして、この中のどこかにあの時の記憶を留めたプレーヤーはいるのかな。「そんなことあったね」なんて。
 少なくともこの日本人相手にボールを蹴ってくる子供たちはそんな事知らないだろうし、何人かは生まれてもいなかっただろな。

 ボロボロの日本代表が苦しみぬいた末に初めてワールドカップへのドアを開けてから、気づけばもう10年になる。むせ返る暑さの1997年11月。アジア第三代表決定戦、日本対イラン。今ではジョホールバルの歓喜と謳われる試合。


 あれだけ日本国民が身を焦がしたピッチでは今、全くもって和やかなボールゲームが行われている。人数なんか揃ってない。オフサイドなんかない。レフリーだって暑いから走らない。。。これでもきちんとした大会。あの時とは正反対の空気。
 スタンドからはヤジと笑い、そして暖かい拍手が投げ込まれ、プレーヤーはお互いを称え合っている。これがいいんだよね。勝敗とは付属品。仲間とボールを蹴るだけだけど、それ以上に大切なものがここには溢れているんだから。


 こちらは去年のドイツW杯行きチケットを手にした地。北朝鮮との無観客試合となったバンコクのスパチャラサイ競技場。
| サッカー | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Last game in Europe
 Sat.30.Sep.2006


 再び目の前に現れた小宇宙。ヨーロッパサッカーもここで見納め、最後はINAMOTOの所属するガラタサライを観戦するゾ!

 2000年に獲得したダブルカップメモリアルは誇らしげにスタジアム外壁に飾られている。

 この狭い通路を抜けていよいよスタジアム内へ!・・・「入り口がはあっちだよー」と2度もスカされる。

 トルコ名物スタンド同士の声の掛け合い。メインスタンドのサポが何かを叫べばバックスタンドがそれに答え、さらにゴール裏が答える。それは各スタンドにいる応援団長によって見事なまでに統率され、圧倒的な空間を作り出している。声のボリュームといい迫力といい「すげー」の一言。生で見れてよかったぁぁー。

 体育祭の演技か!?ってくらいに息を合わせジャンプしシャウトしハンドクラップするサポたち、そして、それを2階から降り注ぐヒマワリの種の殻ごしに笑顔で見つめるおっさん。。。この空間サイコー。


 ここ2週間で5試合の観戦。INAMOTAはベンチから出てこなかったけど、3-3の打ち合いになったし、その最後を締めるにはよい試合だったな。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 こちらは昼間に訪れたベシュクタシュのホーム。中には入れず・・・

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
| サッカー | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
UEFA CUP
Thu.28.Sep.2006

連日のサッカー観戦。この日はUEFA CUP 1回戦第二節 CSKA SOFIA vs BESIKTAS @バルガルスカ・アルミア・ソフィア に行ってきたゾ。

 この日はあいにくの雨。しかも結構強く降ってたりする。でもサポは熱い!昨日のチャンピオンズリーグの試合に比べると観客も少なかったりするけど、それでもゴール裏は大盛り上がり。発炎筒は勿論のこと、CSKAがゴールを決めた後はダッチワイフがサポの上を漂流(なぜ?)していた。
 第1節は0-2でベシュクタシュの勝ち。90分内で2-0とし2試合トータル同点に追いついたCSKA SOFIAだったけど延長に入ってガス欠。2点を決められ合計2-4で敗戦。
 
 ほとんど火事!?いえいえ、サポもそれを見守る機動隊も慣れたモンですわ。

 ほんっとに寒かった。スタジアム内は傘の持ち込み禁止なんで、ひたすら自軍のゴールと雨が止むのを祈るばかり。マジで風邪引くかと思った。
| サッカー | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
REAL
 Wed.27.Sep.2006

 各国リーグチャンピオンが集う大会UEFA Champions League。予選リーグ第二節UEFA Champions League PFC Levski Sofia vs Chelsea


 闇夜にぽっかりと浮かぶ小宇宙。そんな使い古された言葉しか思い浮かばない、しかし、それがピタリと当てはまる光景。周りの静けさとは対照的にスタジアムからもれてくる怒号と熱気はまさにカオス。そこから「何か」が今新たに生みだされる瞬間といったところか。


 スタジアムに向かいながら先週末のソフィアダービーの方がサポの熱気は凄いだろうと予想していた。なにしろ、ダービーとは街を二分して行われるゲームであり、それに勝つかどうかは年間チャンピオンになることより重要な場合もあるので。


 果たしてそれは、テレビの中のチャンピオンズリーグしか知らないおっさんの浅はかな予想に過ぎなかった。
 空きがあったダービーマッチとは異なり、この夜は超満員。しかも、明らかに座席数よりも観客のほうが多い。
 これほどまでに、ダービーマッチを凌駕してしまうほど現在のチャンピオンズリーグは大きな大会となってしまったことを実感する。


 十年来のチェルシーサポということを棚に上げ、純粋に一サッカーファンとして今日のゲームは0-3でアウェーのチェルシーが勝利と予想する。それくらい両チームの間には差があるように思われた。しかし、レフスキーソフィアのサポは先週のダービーの時と同じ、もしかしたらそれ以上の熱で応援している。
 「勝てると思っているのかな」試合開始前はそんな風に思いもしたが、彼らの気持ちがそんな思いをすぐに考え改めさせるのに時間は要しなかった。
 久しぶりに本気の空気を感じている。W杯後何試合か各地で観戦したが、第三者的視点から脱することはなく、どれもここまでの空気を感じさせてはくれなかった。
 しかし、今夜は違う。6月の、あの痺れるような感覚、熱い何かがまとわりついてギリギリ現実の境界線にいる感覚・・・それを思い出さずにはいられない。


 試合は1-3でチェルシーの勝利。しかし、0-3ビハインドの中でも席を立つことなくスタジアム全体でチームをサポートし、その期待に応え終了間際に1点を返したチーム。

 ヨーロッパはシーズンが始まったばかり。これから各地でこの光景が繰り広げられ、この感覚を感じることが出来るのかと思うと・・・・これだからサッカーはやめられない。
| サッカー | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
寒くとも・・・
 Sat.23.Sep.2006

 ルーマニアリーグSteaua Bucharest vs Gloria Bistritaの試合に潜入してきたゾ!
 古豪復活(!?)今シーズンのチャンピオンズリーグに参戦しているSteaua Bucharestのホームゲーム(といってもナショナルスタジアムで開催)。前節(リーグ戦)は宿敵Dinamo Bucharestに破れ、3日後にはチャンピオンズリーグ・グループリーグ第二節リヨン戦が控える大事な試合。サポも熱入りまくりだゾ!!






 雨は上がったものの吐息も白くなる夜。しかし、裸になって大声を張り上げる若者や殺しかねない勢いでレフリーにマジギレするおっさん(コェー)。
 応援歌のレパートリーは少ないけど、誰かが音頭を取れば全員がそれに続き拳を振り上げチームを鼓舞する。思ったよりも観客はかなり少なかったけど(500人いた?)、かなり楽しめた。ちなみにチケットは5ron(¥210)。
 試合は2-1でSteaua Bucharestの勝利。だけど、この内容じゃ火曜日のリヨン戦は・・・なんて思ってたらしっかり0-3で負けた。



| サッカー | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ダービーに行こうゼ!
 Sun.17.Sep.2006

 ブルガリアの奇跡!?今シーズンはPFC Levski Sofiaがチャンピオンズリーグ本戦に出場!(こないだ0-5でバルサにケチョンケチョンにされてたけど。)
 今日はブルガリア・リーグの試合観戦。PFC Levski Sofia vs CSKA Sofiaのソフィア・ダービー!熱く燃えるYO!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 前日には同じスタジアムで地元ユースチームの大会を観戦。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 試合時間に遅れてスタジアム到着。すると機動隊員に「キックオフ後はスタジアムにいれられない」と携帯メール片手に鉄格子越しに言われてしまう。
 その態度に「ゴラ!おまえコッチこいやー!!」って言いたかったけど、そんなこと言える筈もなく、「お願いしましよぉ〜」と何とか粘ってスタジアムイン!

 ダービーとあってヘルメットに盾と、完全防御の機動隊がいーっぱい。野太い応援歌に罵声に怒号、発炎筒も焚かれて雰囲気サイコー!!
 試合内容は・・・まぁまぁ、ねぇ。。。


 アウェー(この日はCSKA Sofia)サポはホームチームサポと出口が別なのは言うまでもなく時間差で会場から出されます(勿論ホームサポのずーっと後)。こんな感じで出口前で待たされちゃう。
| サッカー | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Sunday Afternoon in Prague
 Sun.27.Aug.2006

 日曜の午後はサッカーっすよ。チェコ・リーグ(Gambrinus Liga)、SK SLAVIA PRAHA vs SK SIGMAを観戦....なんだけど、これはリザーブリーグの試合とのウワサも・・・まぁ、細かいことはいいじゃない!(ムリやり)
 
 ホームSK SLAVIA PRAHAのサポが熱く盛り上がるのはもちろん、少数ながらもアウェーSK SIGMAのサポも一生懸命応援、なおかつ、両サポの後ろにはかなりの数の武装警官が目を光らせている(コワ)。だけど、その武装警官の存在も試合を構成する上で重要なマテリアルなんだなぁ。
 とはいいつつも全体的には実にのどかな感じ(観客3300人)。
 のど越しスッキリ★チェコビール(サイコー!)¥130、モチモチ肉の中に軟骨の食感がたまらないソーセージ(激ウマ!!)¥180とコストパフォーマンス最高の2点セットを堪能しながらマターリ観戦。(ちなみに入場料は¥800)


試合は3-0でホームSK SLAVIA PRAHAが快勝。サポも大満足ですわ。(おっさんはビールとソーセージに大満足)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 この日も雨が降ったり止んだりでロンTにジャージを着ていても寒いくらい。。。っていうかもしかしてもう秋!?
 「気がつけば夏が過ぎ去り秋だった...」そういう季節の移り変わりはどこにいて何をしていても同じなんだよねぇ。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 この日も夜街を散策。共和国広場でどちらに向かおうかと地図を眺めていると「チキチキ?」なんて言いながら「解放的性欲交渉」をしてくるオカンが。遠慮しますと言って再び地図を眺めていると「お兄さんたまってるんでしょ♪」(って言ってるように思えた)「フォオー!」の雄叫びと同時に右手でおっさんのチンコをぺローンっとおさわり。マジゴメンナサイです。。。
| サッカー | 22:49 | comments(1) | trackbacks(0) |
気づけばシーズンなんです。
 Fri.11.Aug.2006

 こないだ「東洋人をぜんぜん見ない」なんて書いたら、その翌日にいきなり10人くらい見た。しかも同じ宿に日本人と韓国人が一人づつ来たし(笑)。まぁ世の中そんなのもんでしょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 本国ではジーコじゃぱんの4年間について何の総括も聞こえぬまま、おしむジャパンが船出したみたいで。。。それは、おっさんの情報不足で聞こえないのか、それともホントに何にもしてないのか....まぁオシムに関しては心配してないけど、サッカー協会が心配。
 欧州でも各国リーグ、大陸カップ戦が始まった。んー、なんか今までみたいに「シーズン☆インだぜ!」って感覚ではなく「始まったかぁ。。」といった感じ。W杯シンドローム的な選手の気持ちもこんなんなのかな。
 街を歩いてるとニューカッスルサポを沢山見る。聞くと今日(10日)はここでUEFAカップの試合があるらしい。。。
 ってことで行ってきました、FK VENTSPILS (LATVIA) vs NEWCASTLE UNITED (ENFLAND) !!

オーウェンはいなかったけど(ケガ)、ダフやニッキー・バットなんかのレギュラーはみんな出場。
0-1でNEWCASTLE UNITEDの勝利。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 当日券でも入れるらしく、スタジアム前のチケット売り場に並ぶ。すると、どこへ行ってもイングランドサポのスタイルは変わらず、バーでたらふくビールを浴びて千鳥足でスタジアムイン。小太りで顔には深いキズ、脹脛にはNEWCASTLE UNITEDエンブレムのタトゥーでチケット売りに「Fu○k」連発。。。筋金入りのフーリガンか.....。こちらもネオナチ同様目を伏せておく。

 アウェーのNEWCASTLE UNITED席はスタジアム端のわずかなスペースで20Lt(4000円!)なんでホームチーム席5Lt(1000円)で観戦。試合自体はNEWCASTLE UNITEDが一方的に攻めるも70分にコーナーキックから点を取った1点だけ。いくら力の差があるとはいえ極端にダイレクトパスが少ないんで崩せないのは当たり前では??なんて思ったりもする。

 それにしても長閑な試合。ホームのFK VENTSPILSサポの中には熱狂的なサポももちろんいるけど、全体的には「勝てるとは思わないけど、応援はします」という雰囲気なんで盛り上がるトコは盛り上がるんだけど....って感じで。まぁW杯の張り詰めた空気から戻るにはちょうどよかったかも。
| サッカー | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
素人のこごと

Sun.16.July.2206

最近マッタりとし過ぎでPCに向かう時間もかなり長く、(そんなヒマあるなら早く出発しろ!...自分でも解ってます)日本サッカーのニュースも結構みる。
そんな中で気になることが。。。何人かのJリーグ日本人選手にセリエAの数チームが興味を示し契約までいきそうだとか。
「おぉ。いいじゃん!」普段ならそう言える。だけど、オファーを受けているらしい選手は今回のW杯に参加していない選手であり、W杯に出場した選手にはニュースを見る限りなんのオファーもきてないようである。
W杯前からその選手に目をつけていたとか、将来有望だし今なら安い移籍金で獲得できるとか諸々の戦略・事情はあるだろうけど、それにしてもですよ・・・、W杯出場という日本国内(海外も含め)では名誉ある選手の誰一人にそういったおめでたい(?)話がないのは寂しいし、「市場価値に値しない活躍しか出来ていなかった」→「W杯での日本代表には特に何も感じない」という世界レベルでの客観的評価を突きつけられているみたいで、後頭部と肺の裏側にモヤモヤがあるような何とも形容しがたい気持ちになる。
今後急展開で「○○電撃移籍!!」みたいなことがあるかもしれないけど、なんか寂しい今日この頃です。。
| サッカー | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
いよいよだぜ!!!
6/8

いよいよ明日ワールドカップが開幕する。。。んだけど、イマイチ実感なし。今後の旅程に関しての不安事項なんかがあったり、これからが活躍時のハーフパンツのファスナー(いわゆる社会の窓)が壊れちゃったり(マジいたい)で、どうも気持ちがグッと盛り上がらない。なもんだから、明日ドイツ入りしてからの宿もまだ未定。この一大イベント開催地において、これはハッキリいってマズいと思われるけど、「どうにかなるさ」(ならない気がしてる)、「どうでもいいよ」(本気!?)的な心境。
まぁ、とりあえず明日の夕方にはドイツに入ります。最近更新が滞っていたけど、この先もまた更新できない日々が続きそうな予感です。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

っっって、いかーん!!こんな↓テンションのまんま明日を迎えては!!!すんげーハイテンションではしゃぎまくってやるぞ。なんたって夢の舞台だもんね。おっさんの旅もハイライト。乞うご期待だYO!



ロンドンでお世話になったチーコ。子供の頃から相変わらずな彼女。W杯そっちのけでエジプトに行っちゃいました。
| サッカー | 08:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>