CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
温泉湖
 Thu.31.Aug.2006


 ブダペストから南下しBalaton湖(バラトン湖)に面した街Keszthely(ケストヘイ)へ。夜着で右も左も解らずオロオロと道を尋ねると、30分近く目的地まで一緒に歩いて案内してくれたハンガリー青年。言葉の意思疎通は難しかったけど、優しさは十二分に伝わりましたぁ(涙)!!


 夜中に転がり込んだ宿。朝起きるとそこはプール付きのペンションだったことが判明!!マジ☆スゲー。朝食も数種類のサラミにハムにパンにヨーグルトに....と、とにかく豪華!!(こんな朝食この旅はじめてかも)
 プラハあたりから朝食をモリモリ食べるという今までのおっさんからは想像できない生体変化が起きている。これも秋になった証拠かぁ?季節の変わり目は心と体に変化をもたらすのです。
 そんなことはともかく、牛かッ!ってくらいに豪華朝食を食べてやる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




 Keszthely(ケストヘイ)からバスで15分の街Heviz(ヘーヴィス)。そこには世界で2番目に大きい温泉湖があり、国内だけでなく近隣諸国のおじいちゃん&おばあちゃんの保養地になっている。
 この日はクラクフ(ポーランド)以来の快晴ッ!気温19℃、水温30℃(ビミョーに冷たい)の中をレンタル浮き輪でビール片手にプカプカと浮かんでみる。ん〜、イイ感じだぁー。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 お土産屋通りもアリ。これはビミョーにフェイク!?(ビミョーぢゃねーよ。)



 この日は自炊。パスタにワイン、(泳いでないけど)プール付のステキな宿に連日の温泉....と、なんだかパッカー旅行ではないみたい。。。
 Tokaji Aszu(トカイ・アスー)というこの琥珀色のワイン、フランス王ルイ14世に「王のワインにしてワインの王なり」と絶賛された世界三大貴腐ワインの一つ。6段階くらいのグレードがあるらしいんだけど、とりあえずミドルランクを選択。赤や白ワインとは違う絶妙な甘さでかなりイケール!毎晩ワインボトルをラッパ飲みしている奥様にオススメですYO!
| Hungary | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
フレディ....ですか!?
 Wed.30.Aug.2006

 

 ハンガリーの首都ブダペスト。美しい街です。

 ここのホステルでは8人部屋ドミに3人のみの宿泊!「快適だぁー♪」なんて思ってたら、一人旅オージーのイビキがヒドイ!!シャラポワかこいつかというくらいの大音量。自分のイビキで起きちゃってるくらいだし。
 ドミ(大人数部屋)生活で困るのがイビキと体臭。この特徴を持った使者が現れた瞬間、不快指数メーターは振りきってしまうのです。
 せっくすしちゃうツワモノもいたけど。それは例外中の例外。


 故郷を思い出し乳搾り@王宮(そんなワケない)。


 ここ最近タカヤと行動している。二人だと色々な面で助かるし楽。楽すぎて「苦労しないでいいのかなぁ....」なんて思うことも。
 例えばトイレに行ったりチケットを取るときに片方が荷物を見て片方が用事を済ませたり、宿を探したり予約するときに手分けしたり、細かいお金を貸したり借りたり....とにかく助かる。
 その反面、二人で話が盛り上がることが多いので、一人であれこれ考えている間に浮かぶ「疑問」や、気づいたりする「何か」について深く考えたりすることが極端に少なかったり、気づくことすらなかったりする。また、その街について色々と想像したりする時間も少ない。
 一人旅、二人旅、それぞれイイとこワルイとこがあるんだろうけど、そのバランスをうまく取れるといいんだろうなぁ。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 ハンガリー名物「温泉」。Szechenyi(セーチュニ)というローマ帝国時代の公衆浴場をイメージして作られた温泉へ。受付横にはしっかりと温泉成分表もあったりする(でも、塩素臭かったけど)。
 水着着用でマターリと漬かってみる。天気が悪く肌寒いけど3,40分もするとポカポカと温まってきて、あがった後もしばらくはポカポカで気持ちよ〜い感じ。
 ここでは温泉に漬かりながらチェスをする地元のおっさん達が名物らしい...が、この日は色白肌にビキニパンツ、なおかつポリスキャップ着用というどうみても怪しいおっさんを発見。この人も名物か!?
 時と場合によって公衆浴場はゲイな方たちの出会いの場となるらしいです。
| Hungary | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |