CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
現場復帰
 Tue.27.Mar.2007

 ぐるりと一周したインドの終着地コルカタ。2ヵ月半と長かったインドもここで最後だ。

 インドが生んだ偉大なる愛の使者マザーテレサ。彼女が全ての人々に愛を、と建てた救済施設も今では世界中に750箇所以上に広がった。
 日本にも、東京、名古屋、別府と三ヶ所ある。.....別府...なぜ別府?そんな疑問はまた次回。



 ここコルカタはその聖地とも言える場所であり、世界中からボランティア活動をしに人々がやってくる。中には何十年とここでボランティアをしている人もいる。
 おっさんもまた、そこに吸い寄せられた一人。今まで何カ国かの福祉現場を見学させてもらったけど、海外で直接支援をするのは今回がはじめて。ほんの一週間ちょっとだけど、一年ぶりの現場復帰。

 久しぶりに現場で見る福祉の世界は以前とは違っていた。確かに、所変わればモノも違う、ましてや国が変われば。しかし、それ以前に、明らかに今までとは違う視点、何かほどよい距離で福祉に接することができている。いい意味で新鮮な感じがした。

 屋上で一人洗濯物を干す頭上には、マンガの吹き出しのような雲がプカプカと浮かび、その中にはさっきまで一緒だった子供たちの顔。そこから飛び立つ、ゆく宛てのない旅。
 以前勤めていた施設の利用者さんたち、同僚、友人、家族....優しい上昇気流に乗ってフワフワと流れていると、ふいに時空と記憶の狭間で陥ったエアポケット。
 「福祉って何?」「幸せって?」「思いやりって?」「優しさ?エゴ?人のため?自分のため?」「そもそも存在って.....」
 過去・現在・未来・・・ランディングポイントなき永遠のテーマへの旅。エアポケットを抜けても「何なんだろう」という燃料でなんとなくの安定飛行。しかし、視界良好とは言えずとも、以前よりもちょっとだけ広角な感じかも。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 「あのぉー、これどこに置けばいいんですかぁ?」いや、知らないし。僕も来たばっかなんで....それはボランティアを始めて2日目のこと。すでにベテランのような振る舞い?態度がデカい?
 色んな国、色んな土地、色んな文化、色んな宗教、色んなシチュエーショーン.....いつもキョロキョロ、ビクビクしていたら疲れる、ってかやってられない。自然とどこにいても堂々と自然体でいるようになってしまうのだろうか。いわゆる「すわってる」ってやつ。以前に書いた「感覚のマヒ」とは表裏一体かも。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 マザーハウスでのたった半日のボランティア体験をした春休み大学生が「オレは障がい者と心が通じ合った!」「彼らはピュアだ!」「死ぬほど感動した!!」と口角に泡飛ばすのを見るとブン殴ってやろうかと思う前に、おっさんの全てが凍り付いてしまう。
 たった数時間でその人、その世界観を我が物にしたかのような錯覚。マスコミが作り上げたイメージをトレースし、それが真理だとほんのちょっとの体験にシンクロさせて自分の意見としてしまう思考。反面教師とはこのことか。
 もちろん全ての大学生がこうって訳じゃなく、彼だけなんだろうけどさ。とりあえず君は出家したほうがいいよ。
| 福祉 | 19:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
グループホーム@ストックホルム
Mon.31.July.2006

 ストックホルムの知的障がい者グループホームに行ってきました。ここは文字も読めるような理解力の高い方々が住んでいて、食事なんかもスタッフが作るわけじゃないらしい(利用者から頼みがあった場合は最小限のヘルプをする)。驚かされることが沢山あった。


インタビューに答えてくれた地域行政のの障害者福祉担当のマリアとここのスタッフ、ヘレナ


リビングルーム。とっても広々としているし快適そう。イスもオサレ。


利用者居室のキッチン。ガラス張りにして中が見やすいように工夫してある。洗面所には着替えやシャワーなんかの手順を書いた紙が張ってあった。


スタッフルームの全体・個別の予定表やサポート資料。

色々と丁寧に教えてくれた二人にはとても感謝です。とってもおもしろかったゾ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 福祉大国スウェーデンその首都ストックホルム。街には段差という段差がないように感じられた。階段がないとかじゃなく、スロープや昇降機、エレベーターがさりげなく、自然に設置されている。それに代表されるように細かな配慮が色々とあったように思われる。
 インタビューを通して福祉大国なりにさまざまな問題を抱えていることも少し見えたり。。。


小学校の廊下。スロープあり


これは街中いたるところで見られた送迎サービス。車イス2台が入ります。

| 福祉 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
老人福祉@ストックホルム
Fri.28.July.2006

ストックホルムの老人福祉施設(日本でいう特別養護老人ホーム)に行ってきました。




トラネベルグというとこ結構大きい建物


サービスハウスやグループホーム、各フロアーで分かれているらしい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ここでは基本的なサービスや施設の内容、成年後見制度なんかを聞いてきた。そんで「さぁーこれから」って時に突然インタビュー打ち切り....。なんかレセプションで対応を間違えたらしい。確かに、ココに来てアポを取ろうと思ったらレセプションのおばちゃんにエレベーターに乗せられグループホームフロアーで一人で降ろされた。。インタビューに答えてくれていたアンナは何度も謝っていたけど、こっちもズケズケと来てゴメンなさいです。ともあれ、いいこと聞けたゾ〜。
| 福祉 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スイスの福祉〜老人福祉施&行政設編〜
7月14日(金)AM

午前中はここMalters(マルタス)の老人施設(日本で言う特別養護老人施設)に見学&インタビューに行ってきました。

館内を一通り説明してもらった後インタビューをする。
ドイツの老人福祉施設と同じくここは利用者にとって終の棲家になるようです。当たり前のように個室or夫婦部屋なんだけど、広さは日本の何倍!?バルコニーもあるしトイレ、バスは広いし...まぁ金出せば日本でもこういう施設はあるんだろうけど。。。
最重度認知症利用者5名用のスペースがある。施設内にありながらそこだけ家のようになっている。ゆったりとした室内スペース、バルコニー(とっても広く徘徊用の工夫もある)、もちろんゆったり個室。そこの利用金額等は聞き出せなかったけど、「普通だよ」的にも見えた(もしかしたら高いのかも)。


カフェテリアもとってもイイ感じ。暗さは全く感じず。


特記。色々と工夫がしてあって、「あぁーなるほど〜」と日本語で言ってしまう。


施設前。館内を案内し丁寧に説明してくれたプゥレーゲさん。
主治医・歯医者・PT等との連携、施設内プログラム等、本当に丁寧に説明してくれる。感謝しまくっりす。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


7月14日(金)PM

午後はMalters(マルタス)(日本で言う役所)のソーシャルワーカーにインタビューする。


ソーシャルワーカーのビューフレルさん。アポとる事前のメールのやり取りでは一波乱あったけど(彼女のPC設定のため)、会ってみるとすんごくイイ人!丁寧に質問に答え説明してくれる。


彼女の基本的な仕事は利用者(来訪者)の相談支援、サービスコーディネート等。対象は児童、障がい者、老人、母子家庭...福祉における全般。もうこの道20年のベテランさん。
アウトリーチや成年後見制度、はては、この街の行政システムと幅広く講義をしてくれました。
| 福祉 | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドイツの福祉〜ドルトムント編〜
Wed.21.Jun.2006

去る6/21にはドイツ福祉訪問第2弾。今回は日本で言う特別養護老人ホームです。
今回も軽く紹介させていただきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


入り口。すんごく大きな建物だけど街に溶け込んでる。まぁ日本みたいに「ここは福祉施設です!!」って主張してるの建物が普通じゃないだけかぁ(そんなことする必要ない社会が普通か)。。。

カトリック系のドイツ・カリタス連合(Deutscher Caritasverband)傘下の「Altenheim Christinenstift(Ein Haus für ältere Menschen)」でソーシャルワーカーのフロンホルズにインタビューしました。


中庭正面の風景。広い中庭では利用者が利用者を気遣う場面も見られる(利用者のうち半数は認知症利用者ということもあるのか)。それはそれでとっても微笑ましい風景だった。


利用者153名に対し介護に携わるスタッフ(医療介護が出来るor出来ない等は割愛させてもらいます)は76名。そりゃスタッフが増えてくれればもっと良質なサービスが出来るけど、現実はそうではない(どこでもそうですね)とのこと。

ここでは医療機関(OT、PT、身体的な医者、歯科医など)との連携と個人負担&社会保険についての話、認知症利用者のプログラム参加についての話、成年後見人についての話、等を聞かせてもらう。

「なるほど〜」と思うことは多々あるし、その反面、「ん〜!?」と思うことも。例えばQOLについては突っ込んで議論できなかった(させてもらえなかった?)し、その他にも色々と気になることがあるのでまだまだ勉強っす。

それでも実り多いインタビューでした。
詳しく知りたい人は前回同様メールくだせ〜。
勿論イジワルな質問なしで(笑)。
| 福祉 | 08:38 | comments(1) | trackbacks(0) |
ドイツの福祉〜カイザースラウテルン編〜
Wed.14.Jun.2006

去る6/14、W杯に浮かれ日本の敗戦にヘコみながらも福祉取材をしてたりもしました。せっかくなんで軽く紹介します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カイザースラウテルンにある在宅サービス福祉センターへ。管理者とソーシャルワーカーの2人にインタビューをしてきました。


概観。モダンな感じで仕事しやすそう。素人的な第一印象です。


インタビューを承諾してくれたのは「ASB」という全国組織のカイザースラウテルン支店とでも言うところか。「ASB」は「無宗派の独立した中小の社会福祉団体が加盟するドイツ・パリテティシュ福祉団体」(Deutscher Paritätischer Wohlfahrtsverband)(DPWV)傘下の福祉組織(ドイツには大きく分けて6つの福祉団体だある)。今回インタビューしたASBのカイザースラウテルン在宅福祉サービスセンター(そう呼ばせてもらいます)では、100-130名の利用者を抱えている。その利用者の在宅生活を42名のスタッフが支えている(スタッフ内には資格により医療介護が出来るorできないとか、プロorアマチュアとか、その他にも色々とあるが割愛させてもらいます)。


左からソーシャルワーカーのエルヴィ、管理者のスザーナ、そんでおっさん。二人ともそうだけど、他のスタッフもすんごく優しく気遣ってくれた。貴重な時間を割いてくれたことにとても感謝!!


当たり前かも知れないけどドイツでは老人福祉、障がい者福祉でサービスを分けることはなく、ここのセンターも老人、障がい者分け隔てなく利用しています。それはそれで大変なことは多々あるみたいだけど、やっていくことが全て。
基本的な流れ(あくまでも大まかに)で言うと、ソーシャルワーカーのエルヴィが利用者宅を訪問し、どのサービスがどれくらい必要かを判定、それを受けてここの管理者であるスザーナがスタッフのシフトを決定する。そんでそのシフトに沿ってスタッフが利用者宅を訪問する。驚いたのはそのシフト表!スタッフは一日平均18名(!)の利用者を訪問するんだけど、そのシフトが凄すぎる!!例えばA利用者にかかる時間は5分で、移動が2分、次のB利用者が7分、移動が3分で、C利用者が4分.....というように本気に分単位で組まれてる。スタッフの一番嫌いなものは信号機(冗談なんだろうけど冗談に聞こえないようなシフト)ってくらいに合理的というか凄まじいというか。。。(まぁ、そうじゃなきゃ回らないのかぁ)
そんなことに驚きながらも実際の現場での苦労話、アウトリーチに成年後見制度、国民保険と利用額、ドイツにおける社会保険の現在と今後...と、とってもためになる話を聞かせてもらった。本当に実り多いインタビューだった。

ここでは大まかにしか紹介してないんで、詳細が知りたい方はメールくだせ〜。出来る限り答えまーす(イジワルな質問ナシで)。
| 福祉 | 08:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
福祉施設〜ニカラグア編〜
5/19

コーン島で3日間過ごした後、ニカラグアの首都マナグアへ。ミワちゃんと同じく海外青年協力隊員としてマナグアの福祉施設で働いている「Yahashi」さんに福祉施設を案内してもらう。

ここは「El hogar de proteccion」という日本でいう入所施設のような場所。っていうか、保護施設と言ったほうが適当かも。この形体の施設は首都マナグアでもここだけらしく、全国でも少数だそうで。「Los pipitos」と呼ばれる日本で言う通所型の施設は全国各地にあるらしい。

ここでは下は乳児から上は年配の方まで総勢101人の利用者さんがいて、障がいを持った子供もいれば、いわゆる「すて子」としてここに保護されてきた利用者さんも。また、身体、知的、精神と日本ではつい最近まで(実際は現在も?)縦割りに制度や利用施設が定められていたけど、ここではそこまでの余裕もなく、赤ちゃんも車イスの人もダウン症の人も自閉症の人もみんな一緒に生活している。それをスタッフ30名でケアにあたっているというのだから,,,,,かなり大変みたいです。


日本からの援助だけではなく世界各国からの援助が入ってるらしい。そういった援助で新しい宿舎や日中活動スペースを作ったりする。この遊具もそういった援助のひとつ。


日本のスタッフが中心となって自閉症利用者さんの日中活動を実践中。このように個別スペースを設置することや、コミュニケーションカードや寮育的教材を使用しての取り組みをしているそう。この日は不在だったんだけど、日本人スタッフの方は自閉症対応のベテランさんらしく、色々と取り組んでらっしゃるとか。その他にも宿舎にもスケジュールシステムを掲示してあったりしました。


施設の横にはパン屋さんが。利用者さんが作ったりするそうな。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

101人の利用者さんと30名のスタッフ。。。今日は乳児担当、明日は成人身体障がい者担当,,,,それはとても大変だし、国の支援体制や経済的な事情なんかも考慮すると実際には個別障がいに対応した支援まで手は回らず、日々の支援だけで精一杯なところもあるとか。利用者さんも自分の部屋なんてなく、10〜20人分くらいのベット(ほとんどは2段ベット)が部屋いっぱいにならんだ宿舎あるだけ。
だけど、スタッフも利用者さんも、みんな笑顔でヒョロヒョロ東洋人に接してくれました。すんごくいい勉強になりました。協力してくれた「Yahashi」さん、施設長さんはじめスタッフ、利用者のみなさんありがとうございました!!
| 福祉 | 08:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |