CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ビザあり交流に出発だぜ!
 Fri.11.Aug.2006


ロシア&ベラルーシのビザゲット!!担当してくれた彼女はサイコー愛想がよく、懇切丁寧。おっさん一押しのミス☆ラトビアっす。


 今夜の夜行列車でロシアはサンクトペテルブルグへ。「さんくとぺてるぶるぐ」なんて平仮名表記ではカワイく見えるこの街も悪徳警官だネオナチだとありがたくない話(ちょっとは期待しえるけど)も聞くんで用心が必要らしい。

 ここリーガのショップやオフィスにいる女性は笑わない。すんごく無愛想だし、あんまり仕事する気に見えない。「すいません」なんて話しかけると「なんなのよ〜」っていう目で見られるだけでなく、ストレートに態度にも表れてる(こっちは客だぞぉー!買いにきてんだぞぉー!)。
 そんな話を同じ宿に泊まったサンクトペテルブルグで大学生してる韓国人スンハンにすると「あー、でもロシアより愛想がいいですよ」だって。
 どんな国なんだろうロシアって。。。


いざ出発っす。
| Latvia | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
豊かな食生活
 Fri.11.Aug.2006

 リーガに着てから物価の安さに助けられチーズバーガー&マルチビタミン生活を脱出。野菜も食べてます。


世界遺産☆旧市街にあるレストランでのランチメニュー。これで1.5Lt(300円)。左はシチューライス(ウマイ!!)にサラダ、万人の目を引くピンクの物体は冷たいスープ。人参、長ネギ、玉ねぎ、胡瓜なんかが入っていてとっても健康によさそうな味してます。(おっさんは完食できず)。



毎日通っている高級デパート!?☆ストックマン。気になる商品No.1のキャビア。600円と高級品にしてはお手ごろ価格なんでチーズ&クラッカーと共にご購入。貧乏人の夢、山盛りキャビアをやってみる。。。。ウんメー!!とはならず、一枚でご馳走様っす。とっても塩辛い。これはニセモノだぁーーー!!!(おっさんは本物を知らない)
 キャビアクラッカーの下にあるのはイクラ。タピオカみたいにプチプチゼリー食感で味もあまりしない。これはニセモンだぁぁーーー!!!(本物だとしても日本のイクラとは違いすぎ)
| Latvia | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
これがウワサの....??
 Fri.11.Aug.2006

 数日前、ビザ申請の関係で大使館回りをしていると高架下にパン屋さんが。そこのパンは排ガスとホコリにまみれてるんだろうけど、メッチャ安い!!一個10円とかで売ってる。
 試しになんか買ってみようかと眺めていると、なにやらおっさんに話しかけている人が。そっちを振り返ると身長185cmがっちり体型&身長165cmすばしっこい体型(?)、見た目10代の二人組み。そんで彼らはスキンヘッド。「名に言ってんの?」なんて聞き返しても、なにやら一方的に喋ってる.....ん?なんか雰囲気が....もしかしてコレがウワサのネオ☆ナチっすかぁ??
 だとしたら関わらないのが最良の道。人通りが多い道へ歩き出すと、彼らもそれ以上ついては来なかった。彼らを見たらムダに関わらない、避けて通る、目を合わさないが鉄則らしい。(ちなみにサンクトペテルブルグで人殺したスキンヘッド捕まえてみると、中学生くらいの年齢だったらしい)
 それ以来スキンヘッドを気をつけて見るようにしてるんだけど.....これが実に多い!もともとこっちは短髪が主流、加えてスキンヘッド、少し伸びて5厘刈りくらいまで入れると、その辺にわんさかいる。だからと言って目を合わさないように下ばっかり向いてたり、大通りばかり歩くのもつまんない。
 どうしたものかと考えるも、結局は危険察知アンテナを高く上げておくという基本的なコトを守るだけなんだよね。
 まぁこれからサンクトペテルブルグに向かうんで、いい予行練習(?)になったということで。 



| Latvia | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
リーガあれこれ
 Tue.9.Aug.2006

 バルトに入って今日で7日目、日本人はタリンで会ったマツバラさんだけ。っていうか、東洋人をまるでみない(おっさんが会わないだけなのか?)。今ヨーロッパのどこに行っても見かける中国人すら見かけない。まぁ同じ(旧)共産圏には興味ないのかぁ..?それともバルトルートは未開拓か...?
 西ヨーロッパの観光地では日本人観光客はたまに見るくらいで、中国人観光客はたっっっくさん見たなぁ。これも現在の経済状態の現れなのかしらん?? 
 そんなんで街では結構見つめられてる気がする。ガン見とまではいかなくともチラ見ではないっす。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


スーパーマーケット!コショウ粒にまみれたサラミ。うぅー、ウマそう。。。


リーガに入ってくると物価の安さにビックリする。タリンでは西ヨーロッパ諸国より少し安いな(宿なんかは高かったけど)ってくらいだったけど、ここではドーンと安くなったように感じる。バーでビールを頼んでも1杯200円程度。なんでついつい贅沢してしまう。韓国料理屋でビビンバ食べちゃった(500円)。
スーパーのお惣菜コーナー(?)で色々と少量ずつ買って食べるのが楽しい。安くて楽しいからついつい買いすぎてしまうことも。。。
写真はサーモンのマリネ(?)その他にも豚肉やイモ料理、タイカレー(ぜんぜん辛くないけど)、サラダだけでも何種類もあって、チーズバーガー&マルチビタミン生活から一気に食生活が豊かになったゾ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


これはオレンジジュースマシーン。左側に見える窓の中でオレンジを絞ってるのが見える。。そう、絞りたてなんです。オレンジ自体の鮮度は知らないけど。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ラトビア占領博物館。ラトビアが他のバルト3国と共に独立した1918年、1940年のソ連への併合、ナチス・ドイツの占領、そしてソ連の再占領を経て、91年の独立回復...「war after war」というフレーズそのまま、大国に翻弄され続けた歴史を展示紹介している。
写真は第一次世界大戦後、ソ連によって数万人規模でシベリア流刑されたラトビアの民。そんな流刑先を展示したスペース。


世界大戦時のポスター。いまだにこんな劇画タッチのプロパガンダポスター作ってる国が近くにあったような気が。。。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



これはインターネットカフェの看板。「00-24」ってよく見かけるんだけど、24時間営業ってことらしい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

タリン、リーガとバルトの街に来て思うこと....
女性がキレーーーキターーー(゜∀゜)ーーー!!!(古い?)
なんて変なテンションにならないこともないくらいに女性がキレーでスタイルいいんです。ドイツやスイスなんかの「下っ腹大国」に長くいて、それに慣れてしまうとここの女性のウエストはミラクルに思えてくる。すんごいスッキリしたウエストなんです(そうじゃない人ももちろんいるけど)。手足も細くて長い。それでもって美人ぞろい(そうじゃない人もいるけど)。
今世界でダントツ1位の美女大国はラトビアです!!断言しちゃうもんね。
| Latvia | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
リーガにて
 Sat.5.Aug.2006

 朝6時のバスで隣国ラトビアの首都リーガへ。交通機関はまだ安いらしく、この「5時間で国境越えバス」は約2000円。
 ウトウトとしていると突然窓の外には旧ソ連の臭いがプンプンする集合住宅群がものすごくアピールしている。どうやらリーガ郊外まで来たらしい。 川の向こうにはムダにでかい古いビルやタワー。なんだかタリンよりさらに東に来たように感じる。。
 バスセンターに着くと、そこは期待通り(?)の世界。煤けた建物が迎えてくれた。


こんな感じの古い建物が街中にいっぱいある。


道路も期待通り(?)広い。タリンでも感じたけど、バルトの国では歩行者優先という概念はあまりないらしいく、平気で高速コーナリングしてくる車もある。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 次の目的地は大国ロシア。「別海町から来たんですが、ビザなし交流でお願いします。ウチのオカンはそれで行きました。」とはいくハズもなく入国前にどこかでビザを取る必要がある。
 ヘルシンキではベリ高、タリンではまぁまぁ高、、、ってことでここリーガでロシアビザを取ることにした。
 リーガだと土曜日も14時くらいまで旅行代理店が営業している。一日も早くビザを取得するためにわざわざ朝6時にタリンを出てきた(しかしよく起きれたもんだ)。
 
 結局ビザ申請は月曜日まで待つことになったけど、まぁ動いたことに価値がある。よしとしよう。
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 旅行代理店を出た後、早速バスから見たものすごくアピールしている集合住宅群へ行ってみる。
 結構遠かったけど、そこには期待以上のスケールで、でっかくて無機質なアパートが何十棟も建っていた。


こんなのが何十棟も建ってるんです。その辺にいた何人かと会話にもならない会話をかわしたけど、みんなロシア人。どうやらここはロシア人居住区域なのか...?



住宅群の中のほうへ入っていくと、子供たちが遊んでいた。写真を撮るとこんなことまでしてくれた。



子供たちの遊びはもちろんサッカー。



彼はテクニックに走るロシア人(結構ウマい)。おっさんも少しテクを見せると「おぉぉ」とやるじゃねーか語が出てくる。成功してよかったぁ。。。



泥に足を取られて転びながらも楽しんでた。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 リーガの街を歩いて思ったのはタリンよりも旧ソ連の臭いがすること。街もその当時の雰囲気があるし、暗い感じもする(あくまでも個人的印象)。
 世界遺産に指定されている旧市街は同じく世界遺産に指定されているタリンの旧市街より整備されている。。。というか、キレーに修復され過ぎてたり、新しく建ってたり....という印象。
 でも、個人的にはタリンよりこっちの方が好き。


こんなオモロイ建物もあります。


| Latvia | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |