CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ストックホルムにて
Mon.31.July.2006

 北欧のベニスと呼ばれるだけあって、すんごくキレーで雰囲気がとってもいい(個人的にはベニスよりキレーだと思う)。
 街の中にゴミがあまりなかったように思うのは気のせいだろうか。。。
 10年前に一度訪れた街。その時も街がステキだったこと(あと物価が以上に高かったこと)がまず思い出される。物価に関して今回はあまり他国との違いを感じなかった。まぁ他国はユーロ導入してしばらく経つけどまだ大変なのかなぁ。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


こっちのカラス。カモメと交配してしまったの??頭が白いっす。



「コープ」はわかるけど、「ナラ」ってナニ?「ナラ」は近くのって意味らしい。郊外の大型と区別して街中のコープって感じでしょうか。



日本やドイツのように試食コーナーがないスウェーデン。ご当地のウマイもんをツマみ喰いできないのはかなりイタい。さすがにドイツやスイスなんかと比べると魚コーナーは充実しています。



これはこっちで売られてる牛乳。オナカオダヤカですか。



街の中心にある建物1Fは「セブンイレブン」になってます。こんな建物だとなんか高級そうに見えちゃう。道はさんでとなりは「GUCCI」だったりする。コンビにの隣にGUCCI...外見は違和感ないっす。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 前回はヨーロッパ制覇という目的のもと純粋に観光できた街。今回は福祉探求という別の目的を持ってやってきた街(観光するけどね)。
 それもあってか、10年前とは違う視点を持って街の中を歩いていることに気づく。。。まぁそんなカッコいいものじゃなく、10年経てば人間誰でも変化があるってことなんだろうけど。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


街中のオサレ☆オフィスのウインドー。珍しそうなお面の数々とともに「ご利用規約ご利用規約」とループされる文字。。。どんな意味があるんだろう(多分ない)。



そんでこんな名前のスシバー。「ズシ」はわざと??なんて思ったら....↓

ウインドーはこんな感じ。もう日本語が使われているだけいいとしましょう。。。



土産物屋のウインドー。マネキンも北欧美カップルですわ。



こちら海外でも人気の日本ブランドのウインドー。ジョークなのかここは「良」プロダクトではないようです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 変化があるといえばそれは好みにも当てはまる。今まで北欧、特にスウェーデン女性が世界一美人だと思っていた。。。思っていた、つまり過去形。
 街を歩いていてもそんなキレーな人に会わない。どうしてだろう、N.Y.やベルリン(それはないか!?)の方が「ぜってーデルモでしょ」って思える素人さん(時には本物)や、そうでなくとも目を奪われる女性が多かったように思う(まぁN.Y.なんかは人種が入り混じっているけど)。
 ストックホルムのすんげーキレーな人はみーんなバカンスに出ちゃってるのかなぁ。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


市内の地下鉄駅。岩くりぬきをそのままにしています。ココの岩は硬いらしいっす。


船が通れるように定期的に跳ね上がる橋。

下から見るとこんな感じ。バイキングの子孫は海が大好き。個人用の船も沢山みかける。



これイベントの時に使用する屋台。



色々なスポーツ施設があるグロベン。ホッケーの試合なんかもある。週末で店も閉まってるのに、ずいぶんとおじさん&おばさんがいるなと思ったら、この日はここでエリック・クラプトンのコンサートがあるのでした。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 7月31日夕方の船便でヘルシンキへ。この日に出ようか、もう少しのばして旅程に柔軟性を持たせようか...
 スイスでの日々からココに来るまで「旅程に柔軟性と流動性を持たせて」というゆる〜い考えから移動手段予約のタイミング逸してしまい、ダメな方ダメな方へと続く悪い流れにダラダラと乗ってしまっていた。なんかこう歯車の凸と凸が合わさってる感じで。。。
 ってことでここは悪い流れを断ち切るべく、「月曜日の便でお願いします」と受付のおねーちゃんにお金を渡し、スパッと移動日を決めてしまう。
 30年足らずの人生経験からくる感覚と思い込み(コレ大事)という何の裏づけもない考え、そして、希望というこれまた何の当てもない思いに身を任せる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


誰もが知っているキャラクター「ピッピ」。ブサイク〜なんて思ったけど、よく見ると愛嬌があっていいかも。


こっちのマクドナルドはオサレ!?



ヨーロッパではあまり見ない整理番号をとっての順番待ち。このシステムがなんだかとっても進歩してオーガナイズされた社会に見えてしまうのはヤバい??

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ジブリ作品の舞台といわれる場所は世界中にあるらしい(そっちのジブラーじゃないんであまり詳しくない)。ここガムラスタンは「魔女の宅急便」の舞台になったとか。。。


狭い通りに綺麗な建物。


上から見るとこんな感じ



夜はこんな感じ


守衛さんの交代@王宮

| Sweeden | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
あこもでーしょん
Wed.26 - Mon.31.July.2006

 ストックホルム滞在中にずっと泊まっていたユース。どうみても学校みたいな作り。と思ってたら学校だった。夏休みの間ホステルとして使用しているらしい。


 教室に2段ベット6コ並べ「使ってください」のシンプルさ。おまけに男女分け隔てなく相部屋。北欧式男女平等とはこのことなのか(絶対違うと思うケド)。
 相部屋となると、男子の方が気を使ってソワソワ、女子はお構いなしの様子。スウェーデン☆ティーンネージャー娘ペアなんか靴や服や化粧品、はてはパスポートまで(!)ベットの周りに散乱させ、そこだけ自分の部屋を形成して夜中まで遊び歩いてる。。大丈夫っすかねぇ...そんな即席荷物市開くなんて、いつからドミトリーはそんな平和な場所になったんだろぅ。
 おっさんもそれにつられ、(ってーか、平和ボケ?)一日目こそバックパックとベットを鍵でつないでいたけど、二日目からは鍵かけずに部屋に置きっぱなし(もちろん貴重品はロッカーだけど)。
 だいたい、物を取られたらその後の旅がキツくなることを一番知っているバックパッカーが同業者である他のパッカーの物を盗むハズがない!バックパッカーに悪いヤツはいない!!....って思いたいけど実際はそうじゃなかったりすることもあるようで。。。

 さてさて、そんなホステルで出発日(31日)の朝に事件が。
 メキシコ男ペアが目を覚ますか覚まさないか、そんな朝のまどろみタイム。あまりイケてるとはいい難い容姿(両者とも25歳、片方はどこにでもいそうな感じ、もう片方は頭薄くなってきてる)の彼らに異変が。。。どこにでもいそうな彼は突然上半身を起こし、ハゲてきてる彼は横になりながらもしっかりと目を見開いている。そんな彼らの目線を辿ると....ん?おっぱい??
 なんとスウェーデン☆ティーンネージャー娘ペアと入れ替わりで来ていたドイツ☆ティーンネージャー娘ペアがシャツを脱いでブラジャーを着けているではないっすか!あんまりモテそうもないないような男達の前に突然あこがれのおっぱいが4コもあったら、そりゃリアクシションもそうなるよな。それ以降メキシコ男達は自分達が着替え終わっても部屋に残り、ハゲてきてる彼なんか相方の会話にも生返事で、ずーーーっとドイツ娘に釘付け。ってかアブないくらいにかなりのガン見。
 そういえば、前日までいたスペイン男タッグもスウェーデン娘が動き出しただけでムクっと起きだして凝視してたよなぁ。。。
 ちなみにおっさん??いやいや見てないっすっよ。。。ってコトで。
| Sweeden | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
ストックホルムへ行ってみよ〜
Wed.26.July.2006

 ハンブルグよりストックホルムへ。紆余曲折(ってかおっさんのバカな過ち)あり空路にて入る。今回はGermanwingsという航空会社を使う。格安航空会社の割にはシートもしっかりしているし、スタッフは笑顔だしなかなかよかった。途中何かの拍子にアナウンススイッチを押してしまったが、何も気づかない陽気なスッチー達の笑い声がスピーカーを通して機内に響き渡っていたのはご愛嬌ってことで。
 おっさん的にはアメリカ系航空会社より好感度ベリ高っす。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ストックホルム到着。



到着してゲートを抜けるとまずこのラウンジ。いきなり北欧家具に代表されるオサレ関係を見せられる。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


宿に着いたのが23時近く。それでも空の下の方はうっすらと明るく感じる。大陸よりさらに明るい時間が長いことに北に来たことを感じる。でも白夜はもっと北に行かなきゃダメらしい。

| Sweeden | 18:08 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |