CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
"magic moment "
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「すいっつらんど」あれこれ
Tue.18.July.2006

1週間のつもりが個人的な事情やデニス&サイモンも厚意により3週間近くも滞在してしまったスイス。楽しくゆる〜い日々でした(おまえはそれでイイのかよ〜)。。
明日早朝、次の目的地へ出発です!(といいつつこれを更新してる2時間後....そんなヒマあったら寝ろよ〜)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


毎日30℃超えな日々。暑いっす。雨降ったのは2日くらい!?
昼前には起きる(少しは努力)→昼飯は毎日パスタ(安上がりこの上ない)→PCに向かってニュース購読(やけに日本情勢に詳しくなる)→意味もなく街ブラ&スーパーマーケットへ行く(暑くてすぐに帰ってくる)→サッカーボールで遊ぶ(これまた暑くてすぐ室内へ)→ダラっとする.......
こんなフザケた日々を送ることもしばしば....(毎日じゃないっスよ)



蜂の巣型のポスト。「おぉー珍しい」なんて思ったら、ご近所みんなそうだった。



やっぱりチーズパラダイス。でかい。しかもウマそう。



ここのアパートの一階にある対核爆弾シェルター。通常どこのアパートもあるそうです。なくても近くの施設に完備してるらしい。さすが永世中立国(?)


好評の(ウソ)スーパーマーケット散策。(手前)ウサギの肉が横たわる精肉&鮮魚コーナー。油断するなかれ、その横にはペットショップコーナーでイキキト跳ね回る生きたウサギが...子供に夢と現実を与える一石二鳥☆不思議空間。


バーベキューパーティでのひとコマ。手前にあるのはライスサラダ。。ライスサラダ、初めて食べるジャポネーゼには「はぁ〜??」な一品。こっち人には「サラダスパゲッティ(サラスパ)」と同じ感覚らしい。確かに前回食べた「具なしでドレッシングとマヨネーズとなんちゃらかんちゃら」は「いけんじゃ〜ん、美味しいよ〜」って感じでお腹いっぱいに頂いた。しかし今回はメロン入り・・・タップしました。



スイスは徴兵制。期間中は自宅に銃&弾を持って帰ります。その銃を使っての殺人もたまに起こるとか。。毒ガスマスクも支給される一品です。



ビジネスアワーには気をつけましょう♪。昼間にはどこのお店も閉まってマース。スーパーも銀行も小料理屋もデース。役所も例外ではなく11:45〜14:00まで休みデ〜す(イイのか公共機関!?)。



好評の(なワケない)各国携帯アンテナシリーズ☆。スイスは「バリ7」です。



本当にお世話になったデニス&サイモン。お世辞でも「来てくれて良かった」なんて・・・(号泣)。次回は日本で!!
I am waiting for you guys in Japan !!!!
| Switzerland | 03:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
相変わらず。。。
Thu.13.July.06

ダラけてます。本物の落伍者のように。。。


8日(土曜日)スシ屋へ。
ニューヨークでもモントリオールでもルザンでもどこでも....なぜか外国人(わかり易くそう呼ばさせてもらいます)は日本人と「スシ」を食べに行きたがる。。。ってかその気持ちすんごく解る。
「スシ」と「サシミ」の違いから始まって、どうやって食べるのがいいのか?(手で食べましょう♪)箸の使い方は?(オレに聞くな)、オススメのネタはなにか?(おっさん1皿200円以上のネタについては知りません)、ココの店は日本の(本場の)スシに比べてどうなのか??...等々、色々と聞かれる。沢山のネタを知っている外国人でも「まだ見ぬ隠れネタを日本人は知っているのではないか?」そんな探究心(?)からか一緒に行きたがる(気がしているだけか?)
まぁ、もし「チーズバー」なるものが存在したとしたらご当地の人と行って色々と聞きたいと思うだろうしなぁ。(ってかチーズバー日本で流行りそうだけどなぁ)
ただ、食べ終わって感想を聞かれたときは傷つけないように言います「まぁまぁ美味しかったけどちょっと高いよね、日本においでよ、すんごいの食べさせてあげるから。」



9日(日曜日)は川の辺へ。こんな感じで人口ダム作ったり、バーベキューしたり。普通にスイス的(?)な休日の過ごし方。



好評の(?)スパーマーケット写真。今回は加工お肉コーナー(今回もコーナー全体が写りきらず)。申し訳程度しか陳列(10尾いない!?)されてない魚とは対照的に、お肉はその何倍もある。チーズ&ミート☆パラダイス★スイス!



カッター。スイス(ここ地元だけ?)では「ヤパン・メス」(日本刀!?)ってイイマース。



アンディー・フグ記念碑。なにげに地元スイス人にも有名。
彼は現在の日本格闘技会をどう見てるのか。。。



そのフグ記念碑が立つ小学校にいた少年たち。割り算よりも手の角度が大事。



こっちの牛は「茶×白」と「白×黒」がいる。でも、みーんな首に鈴つけてる。「カランコローン」「かんらんころーん」、牧歌的演出っす。



日本でこれ見たら救急系の車なんだろうなぁ。でもここで見ると「カワイイ車」
| Switzerland | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゆる〜い日々
Wed.5.July

スイスに来てからノンビリです。でも、PCに向かってる時間も結構長かったりする。


デニス宅からみる景色。ご覧のようになにもない田舎町、別海町みたいです(笑)。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


ずーっと天気が良くて30℃超えな日々が続く。ってことでデニスの愛車、オープンカーで湖に泳ぎに行きましょうかぁ。ん〜夏だね!いいーネ!!


これ湖のほとり。牧草地がありまして懐かしい匂いがします。この写真の左側に湖があって夏はそこで泳ぐ。正面の山の裏にはもっと大きな山(おっさんがデビューした山)があって、冬はそこでスノボー,,,,すんごい環境だなぁ。。。


泳いだ後、以前来たときにめっさお世話になったデニス家(実家)を訪問。あの時6歳だった妹のサラは今16歳。時が経つって。。。でもサラはしっかり覚えててくれて嬉しかったゾ。おとんもおかんも相変わらずスーパー優しい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


近くの山にも登ってみる。ってかこれ山登りじゃなく壁のぼりじゃないっすかぁ??


明らかに壁のぼり。かなりの急斜面なんでジグザグ歩きを繰り返す。


時にはこんなポイントも。


登頂です。すんごくいい眺め。山頂でボーっとしてる時、どこからともなくアルプホルン(あのスイス伝統工芸みたいな楽器で象の鼻みたいに長ーいホーン)が聞こえてきたときには「おあぁ、スイスに来たんだぁ」と実感&感動。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


これはスーパーのチーズ売り場。さすがチーズの国だけあって種類が豊富(ってかあり過ぎ?!)。ちなみにこれは売られてる量の3分1!この左右にも同じ分だけあるんだけど(もちろん全部違う種類)写真1枚には収まりきりませんでした。田舎の小さなスーパーでこれだと、大きなトコ行ったらもっとすごいのかなぁ。。


もちろんサッカー少年はどこにでもいます。




| Switzerland | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
じゅうねんひとむかし
Thu.29.Jun

一路スイスへ。学生時代の友人デニスに会いに行きます。彼女とは9年ぶりの再会。以前にも彼女の家には来たことがあって、その時にスノボーデビューしたのです(スイスでスノボーデビューなんてちょっとカッコいいでしょ、おっさんの小自慢)。
そんな彼女は今、Lucerneという都市(とまではいかなくとも比較的大きな街)の近くにあるMaltersという街に住んでいる。Baselから電車で1時間半、行ってみよー!

おっさんちょっと浮かれてた。。。口頭で駅員さんに行き先を伝えてチケットを購入すると目的地の「Lucerne」ではなく「Lausanne」行きのチケットを渡されてしまった!!(モチロンおっさんの発音がいい加減だったことが原因)。しかし、旧友との再会に浮かれるおっさんはチケットに書かれた行き先もキチンと確認せずさっさと乗車(バカ)。なぜか列車(特急)が走り出してからイヤな予感がしだし、チケット切りのおにーちゃんに確認してみる。そこで目的地の「Lucerne」ではなく「Lausanne」(目的地とは反対方向、フランス国境近くの街)に向かっていることが発覚!おにーちゃんは丁寧に乗り継ぎを教えてくれるも、結局3時間以上かけて目的地に到着。そんなことがありながらも駅にて出迎えるデニスに無事再会するのでした。。。


彼氏のサイモンとデニス。もう6年一緒。すごくいいアパートに住んでるゾ。
| Switzerland | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |